■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャパシティが無いとジョブチェンジできません

今年度が始まってからかなりインターネットに依存している。

・ニコニコ動画
・ニコニココミュニティ
・youtubeチャンネル
・ブログのアカウント
・マイスペース
・ステカム
・スカイプ
・ヤフーアカウント
・MSNメッセンジャ
・ミクシー

半年前まで名前すら知らないシステムである。
今は全部登録してある。
その前からあるのはレンタルサーバだけである。
1つだけ気にしていればよかった。
さすがにキャパシティーオーバーであろう。
私はそんなに器は大きくない。
しかも、それぞれのリアクションは皆無である。
みなさんどうしてるのであろうか。
と、知りたいのであるが、どう質問していいかわからない。
多分聞かれた方も答えようがない。
全部消したい。
のだが、そのことを消したいここに書いている私は相当頭が悪い。
スポンサーサイト

一番好きなフラリッシャー

この記事はブロとものみ閲覧できます

一番好きなマジシャン

かまととぶってるみたいな話ですが。

私が見たことのあるプロマジシャンは
前田知洋さんとムッシュピエールしかいません。
見たことがあるといっても、動画でですけど。

セロさんとナポレオンズさんとマリックさんも
見たことがありますが
見たことだけを覚えていて、詳細は覚えていません。

マギーしろう さん
マギーしんじ さん
ふじいあきら さん
おがわしゅーと さん
ゼンジーぺきん さん

は、よく話に出てくるのですが、顔くらいしか知りません。
ふじいあきらさんの 雪国もやしのCMはよく見ます。

外国の人はDVDを持ってるのもありますが
ちょっと名前は覚えられないし顔は同じに見えるので判別が付きません。
まるおが言葉の語尾に「デビットストーン」とつけるので
デビットストーンさんだけ覚えています。
ただ、デビットは
カッパーフィールド
ストーン
ブレイン
と組み合わせが沢山あるのでごちゃごちゃになります。




フラリッシャーは
ダンアンドデイブさんとアルスさんしか知りません。
厳密に言うとダンアンドデイブさんはダンとデイブで2人なのですが、
私の頭の中ではどうやっても1人のイメージであり、払拭できません。

有名な人はあと2~3人いるみたいですが、名前まではわかりません。



一番好きなマジシャンはナポレオンズです。
理由は一番好きなマジックをしていたからです。
お客さんが選んだ飲み物を当てるマジックです。
ですが、面白かったという記憶しかなくて詳細は覚えていません。
もう一度見たいのですがどうやってみたらよいかわかりません。

無駄な話

二つあると便利なものと二つあっても意味の無いものがあります。
向田邦子さんのエッセイで、タイトルは忘れてしまいましたが、こんなのがあります。
--------------------------
歳を取って近くのものが見えなくなってきた。
背に腹は変えられないものだから老眼鏡という物を買った。
使う様になって、ある日ひんじの部分のねじが緩んでしまった。
直そうと思ってドライバーを手にしたのだが、これが困ったことに見えない。
なくなく店に持って行って直してもらったわけだが、壊れた眼鏡を直すための眼鏡が必要だなと思った。
ある日、家のブレーカーが落ちて真っ暗になってしまった。
配線版までたどり着くために懐中電灯がほしい所なのだが、これが困ったことに見つからない。
ああ、こんなときに懐中電灯を探すための懐中電灯を用意しておかなければいけないな、と思った。
のだが、次の瞬間、懐中電灯を探すための懐中電灯を手に取ったらそのまま配線版まで行けば良いことに気が付いた。
--------------------------
引用ではありません。うる覚えで書いているので、内容も怪しいですが大体こんな話だったと思います。本家はもっと面白いです。


麻雀でノーチャンスとスジ否定が重なっても安全性は変わりません。かえって作為的で怪しい感じがします。


「追いかけられてもいないのに逃げる必要はない。」
アル・ベーカーというマジシャンが言った言葉らしいです。
「勇み足」と「蛇足厳禁」と「うろたえるな」を混ぜたような言葉と言うと少し乱暴ですが、そんな感じです。
サトルティーは不思議さが増すかもしれませんが、見栄えが悪くなるのでやめた方がよいでしょう。


「無駄」とか「無意味」とか「不必要」とか理解するには結構 考えないといけないのかもしれません。

マニアック

とにかく「マニアック」という単語が目に付きます。

マニアックな手品とかマニアックな技法とかマニアックな手順とか。
手品してる人はニヤニヤしながら「マニアックですね~」といいます。

初めはさっぱり意味がわかりませんでした。
辞書だと「maniac 一つの事に異常に熱中しているさま。 」
なのですが、普通会話で使うときは
「一般的でない」という意味の方が近いような気がします。
一般向けでない、異端、通常じゃない、普通じゃない、おかしい、と
私の中ではあまりいいイメージはありません。

でも、手品してる人はうれしそうに使います。
マジックの説明が書かれていると、大概冠が付くのですが、
「マニアックな手品」か「簡単な手品」しかないので、
知らない人が見たらマジックにはこの二つしかないと思うのではないでしょうか。
二つしかないと言えなくもないですが。

これも誰かが流行らせたのでしょうか。
はっきり言って気持ちい悪い。
指ぱっちんといいパジャマといいマニアックといい、院内感染っぷりがほんとに気持ち悪いです。

と思ってたのですが、どうやらこの「マニアック」という単語違う意味で使っているようでした。多分、
「高度な」
という意味で使っているようです。
置き換えると全て意味が合致します。(マニアックなカードとかはダメですけど)
なぜ置き換えているかと言うと
謙遜と自慢と嘲笑と嫉妬と称賛をオブラートに包むためみたいです。

きもい、は言いすぎですね。すいません。
あの、なんにでもトマトケチャップをかけて食べる人を見てる感覚と同じです。

名前をつけてやる

the WERM
ってなんて読むんでしょうか?
みんなワームって呼んでます。
みんなと言ってもネットの文章だけの情報ですが。
dananddaveのフラリッシュです。

W.E.R.M
厳密に言うとドットで区切って大文字なので何かの略なんですが、
The World's Encyclopedia of Recorded Music
多分これです。ちなみに有名なレコード・カタログだそうです。

どう見ても、ウィルム、か、ウェルム、なんですけど。
みんなワームって呼んでます。
形と動きがが芋虫みたいだからだと思います。
だから僕もワームと呼びます。

ダンデブはなんか知らないけど音楽関係の名前をつけます。
----------------------
メリー・ジェーン・ガールズ (Mary Jane Girls) は、リック・ジェームスのプロデュースの女性グループ。
1985年に発表したシングル"In My House"が大ヒットするも、長続きせずにわずか3年足らずで解散した。
シングル"All Night Long"のヒットで知られている。メアリー・J・ブライジ・ビッグ・ダディ・ケイン・LL・クール・J 等によってサンプリングされる等、今でも人気があるトラックである。
----------------------
マドンナ (Madonna 本名:Madonna Louise Ciccone(マドンナ・ルイーズ・チッコーネ)、1958年8月16日-)は、アメリカ合衆国ミシガン州出身のシンガーソングライター、女優、映画監督、文筆家、実業家。
愛称は代表曲から来た「マテリアル・ガール(Material Girl)」、近年では「ポップスの女王」とも言われる。
----------------------
ジェネシス(Genesis)は、70年代はプログレッシヴ・ロックバンドとして名を馳せ、後に80年代を代表するポップバンドとして変容したイギリスのグループである。
----------------------
ジャクソン5(ジャクソンファイブ、The Jackson 5。The Jackson Five、のちにはジャクソンズ、The Jacksons)は、1962年から1990年にかけて活動したアメリカのポピュラー音楽の5人組グループ。インディアナ州ゲーリー出身。
主にR&B、ソウル、ファンク、後期にはディスコなどのジャンルを歌った。1970年代初めにおける「ポップ・ミュージックの最も大きな現象のひとつ」であるとの評価もある[1]。また、リード・ヴォーカルであるマイケル・ジャクソンの歌手としての最初のキャリアとしての面も注目される。
----------------------
ヴァーティゴ(Vertigo)とは、1960年代後半にイギリスにおいて設立されたレコード・レーベルの名称。『Vertigo』(眩暈の意)の名が示すとおり、渦巻き型のシンボル・マークで知られた。
----------------------



後はよくわかりません。
----------------------
360 SPIDER : フェラーリのオープンモデル20作目となるオープンカーの「360スパイダー」
----------------------
molecule : 分子 ぶんし マリキュー
----------------------
00.327.0000 : 化学式関係?
00.327.0002 : 化学式関係?
----------------------
Kryptonite : クリプトナイト。架空の鉱物の名。
マグネ・フルホルメン(Magne Furuholmen、1962年11月1日-)、ノルウェーのオスロ出身のミュージシャン が 2005年にKryptonite てシングル出してるみたいだけど関係なささそう。
----------------------
T.C.T.C.S.A.:?見当も付きません。多分wktkみたいなもんだと思う。
----------------------
WEST COAST CHAOS :ウエストコーストカオス(西海岸がニコ動状態)
----------------------
Revolution Erdnase:アードネスさんひっくり返る。しらんがな。
----------------------
FALSE SYBIL:うそしびる。多分そのまま。
SYBILは女性の名前。多分、語源は「sibyl シビュラ - ギリシア神話に由来する古代の女性巫女 」
----------------------
Pandora :パンドラ。ひょっとしたらそんなバンドがあるかも
パンドーラーは、ギリシア神話に登場する女性で、神々によって作られて人類の災いとして地上に送り込まれた。一説によると人類最初の女性とされる。パンは「全て」、ドーラーは「贈り物」の複数女性形。長母音を省略してパンドラとも表記される。
----------------------
Carnahan Fan :かーなはんふぁん。カーナハン?地名か人の名前。
----------------------
Erdnase Go Round :アードネスさんは回りつづける。もうええて。
----------------------
Mecka :メッカ?
----------------------
Eko:エコ ただの名前?
----------------------
Akira :アキラ ただの名前?まさかアニメのアキラか。女性の名前にも使われるらしい。
----------------------
Tectonic Verb :テクトニック バーブ。言語武装(ms意訳)。これもバンド名っぽいけど・・・。
----------------------




よくわかりません。詳しい方教えてください。


ちなみに、私もアーティスト名からつけています。
・ウェザーリポート
・マンハッタントランスファー
・サヴェジガーデン
・フーファイターズ
・ブラックサバス
・キッス
・エコーズ アクト1
・スタープラチナ(これは違うな)

後はゲームから
・ジャックハウンド jack hound ジャックで捕まえる
・バッカスサイ Bacchus psy バッカスの魂
・インゾウズデイズ in those days ある日
・クロノクロス Chrono Cross 時の交差
・クロノトリガー CHRONO TRIGGER 時の引き金


ただ、厳密に言うと私の場合はアーティスト名からとってるのではなくて
ジョジョの奇妙な冒険のスタンド名から取っています。
結果、音楽好きみたいな感じに思われるかもしれませんが、正直なところ上のバンドの曲は聞いたことありません。
ダンデブもそうかもしれません。

で、結局どうやって名前をつけているかと言うと、何も考えてないということです。
とあるリストの端から順番に引っ張ってきてるだけです。
一応、ちっとはちなんだ名前にしてますが。

コンピューターのプログラムなどを作っていてつらいことの一つに「名前をつける」というのがあります。変数というのを沢山使うのですが、これ、自分で作るので自分で名前を決めないといけないのです。
短くて、書きやすくて、覚えやすくて、とか考えるとなかなか思いつきません。
結果どうなるかと言うと、大概のプログラマーがそうだと思いますけど、人の付けた名前を真似するか、淡々と振り番つけるか、要するに考えないようにします。
無機質にします。事務的にします。感情を捨てます。

あとで、名前の由来を聞かれた時に恥ずかしいのでみんなそうしてるのだと思います。

オリジナルマジックの作り方

優れたクリエイターであれば、創造するという行為は皆無である、ということを知っている。
そこが出発点なのである。


という、言葉をどこかで聴いたことがある。
と思ったら、さっき自分で思いついた言葉だった。

まあ、世の中大体パクリでできている。
これは、別に悲観するようなことではなくて、唯一の正義といってもいいほどの価値のあることである。
という事は置いといて。

よく、「これ○○のパクリだろぅ」なんて言うと失礼だ、なんて言う。
「パクリ」でも「盗作」でも「まねっこ」でも「コピペ」でも「紋切り」でも何でもいいのですが、
こんなもの、全然失礼でもなんでもない。

腕の立つクリエイターほど、調査が優れている。
自分が何をどれだけ吸い取ってどう組み合わせているかしっかり意識しているのである。
だから、そこを指摘されてもウキウキするだけで、腹は立たないものである。
レシピがしっかりしてるので、「煮干が効いてるね」と言われてグッと来る料理人と同じ感覚だ。と思う。

言い切りの言い放ちで評価されたような言い方とネガティブな言葉が失礼と言えなくもないが、基本的には怒るような事ではない。
腹を立てるのは、漠然と棚にある調味料を鍋の中にぶち込んで味見もしない人種だけである。
そりゃ、まずいって言われるわ。
失礼なのはその人たちだけにである。
ああ、じゃあ、やっぱり失礼か。

で、これは何の枕かと言うと、「オリジナルマジックの作り方」なんですがまた長くなったのでいったん区切ります。

-----------------------------------------------------
-----------------------------

ここから書く事の対象はカードのみです。
しかも、スライト寄りです。

マジックの構成要素は以下の4つです。
・ストーリー
・プロット
・エフェクト
・テクニック
これはそのまま次元順になっていて、いわゆるピラミッド型です。

各次元の分類の説明から行きます。
言ってみればこの分類の組み合わせで創作できるわけですから、各特長を抑えておくことが大切です。
----------------------------------------------------
■テクニック
まずは一番低次元の「テクニック」からです。
テクニックはそのまま技術のことです。

1.カード扱いのテクニック
2.対人テクニック
3.頭脳テクニック
----------------------------------------------------

1.カード扱いのテクニック
物理的なテクニックです。以下の3つに分類されます。

・動的テクニック
見えるテクニックの事を指します。
この場合の見えると言うのは、動作が動作通りの動きをするものです。
シャッフル、カット全般。カードを投げる、飛ばす、広げるなどです。
間違えてはいけないのはモーションが見えるかどうかではないと言うことです。
飛ばし方を見せなくても飛ばすのをみせたくて飛んでいたら「動的テクニック」に入ります。
例えば、突然カードが現れたように見せて飛ばしている場合は「静的テクニック」に分類されます。

・半動的テクニック
シークレットムーブに相当するテクニックです。
見かけ上、カードや手を動かして動作しているのですが実際は違う効果を得ている動きのことです。
シャッフル、カット、カウント、カードの表示などです。
動作で動作を隠す状態のことです。

・静的テクニック
こちらもシークレットムーブに相当するテクニックです。
実際何の動作もしてないように見せて、ある効果を得られている動きのことです。
パスやスチール、カードのの順番を変える、カラーチェンジなどです。
間違えてはいけないのは、全く動いてはいけないと言うことではありません。
例えば、ポケットに手を突っ込むフリをして何かをロードするとかも「静的テクニック」に入ります。
パスなども実際はカードをそろえる動きで隠していますので動作で動作を隠す状態といえなくもないですが、
分かりやすく言うと
名前の付いてない(あるいは意味のない)動作で隠している状態のことです。

----------------------------------------------------

2.対人テクニック
対人テクニックは分類するほど種類はないです。と思います。2種類。

・観察系
-視線監視 ・・・例えば5枚表向きのカードを見せて「一枚覚えてください」と言って目線を追う。みたいな。麻雀でよく使います。
-凝視時間監視 ・・・視線が止まる時間を比べて、覚えているカードを推測するなどです。麻雀でよく使います。
-挙動観察・・・指先の動きを見て、思考が入ったかどうか観察することです。麻雀でよく使います。
-言動観察・・・どうでもよいところで考えて黙ったり、どもったり、声の大きさ、などを聞いて、考えていることを予測することです。聴牌気配、三味線を見抜いたり、麻雀でよく使います。

いわゆる、キズを見つけるテクニックです。
腰を使ったところを見逃さないとか、癖を見つけるとか、嘘をつくときの言い回しを抑えるとか。

・支援系
-物理動作支援・・・手をつかんでサポートしたり、ブロックしたり。
-視覚動作支援・・・同じ動きを事前に見せておいたり、動かしてほしい方向へ指をなぞったり、です。
-聴覚動作支援・・・感嘆詞を使った合いの手、カウントコールしてのリズム作り。
-発言動作支援・・・質問を簡単にして答えやすくする。相手の呼吸に合わせてしゃべり出し、黙らせる。など
-認識動作支援・・・うそついてだます。パントマイム的なので錯覚させる。

----------------------------------------------------

3.頭脳テクニック
大して思いつきません。こんくらい。
・カード配置記憶・・・そのまま。見て覚える。麻雀でよく使います。
・ガン印記憶・・・カードの裏もよく見ると個体差があります。また、つめで傷をつけるなどするとマークになります。そのような自分しか分からない印を覚えることです。麻雀でよく使います。
・データベース力・・・演目記憶能力。引き出し力。
----------------------------------------------------


----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
■エフェクト
エフェクトは大きく3つに分けられます。
エフェクトはテクニックによって得られる一定の塊の効果のことです。

・不可視現象
見かけ上、何もおきていない現象です。
他のエフェクトと合わせてプロットとして出力します。
例:コントロール的なやつ

・不可能現象
確立上ありえない現象です。
例:カラーチェンジ、フリップ、ワープ、数の増減

・可能現象
確立上ありえる現象です。
例:予言、思考読み取り、カード当て

真ん中に入れたカードが上に上がってくるエフェクトがあったとすると
何もしない場合は「不可能現象」になりますが、あげる前にカットやシャッフルをはさむと「可能現象」になります。


-----------------------------------------------------

■プロットとは
エフェクトとエフェクトの組み合わせにより生まれる表現のことです。


例えば、真ん中に入れたカードが1回だけ上に上がってくるマジックがあったとして、
エフェクトで見た場合はただ単に
「一番上に上がってくる」だけですが、
プロットで見た場合はその前後が付きます。

・カードがワープしたように見える
1回だけなので、他の演技に比べて、
・演技時間を短く設定できる
・現象を鮮明にできる
という特徴を見出すことができます。


これは組み合わせの問題なので分類も何もないですが
ある程度のメンタルモデルにい沿った一貫性が必要です。
あえて言うなら、エフェクトと同じ「可能・不可能」の分類ができます。

「不可能現象」と「可能現象」が煩雑に起きる様だと世界観が破綻しますし、
カードが変わったは良いけど縁もゆかりもないカードだと意味不明になります。

ちなみに、マジックのタイトルを言わないで一般の人に見せたとします。
次に会ってリクエストされる場合に言われるのがこのプロットの部分です。
「一番上に上がってくるやつ」「AとJの場所が入れ替わるやつ」とか。


-----------------------------------------------------

■ストーリーとは
プロットをどのように見せるかの演出です。

・ユーティリティ演出
全体的な演技の構成です。
文字通り物語調にしてもいいですし、無言でやるのもいいでしょうし、シリアスでもコメディでも何でも良いのですが、いわゆる雰囲気作りです。


・ユーザビリティ演出
極地的な演技のやり方です。
カードを取りやすく広げる、とか、覚えてもらう時間に何秒使う、とか細かい部分です。


-----------------------------------------------------


・・・・・・・・・・・・・・・・やべぇ。
書きかけたは良いけど長げぇ。
割愛してこれだもんよ。
しかも、どっかに書いてありそうな内容だし。
しかも、初めて1~2年の素人のがきんちょが図に乗って何書いてんだって感じだし。
しかも、本題のほの字も行ってないし。
まっとうな大人が何の利益もないのにやることじゃねぇょ。

続きは無いです。

指のエクササイズ へのコメント

mistさんのブログにコメントしようと思ったら
「800字を超えています(笑)」
と言われたので代わりにこちらに書きます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/card_flourish_mist/825032
指のエクササイズについてです。
-----------------------------------------
私もmistさんと同じでーす。
左手でできて右手でできない。
という現象は実はとても不思議で、重要なことだと思います。
カードを全く触ったことのない友達にスイングカットを教えた時があったのですが、これが全然できないのです。
原因もわからず、5分後。右手ディーリングにしていたに気が付いて「逆だよ」って言ったら、
すぐできました。
スイングカットに関してはどちらが複雑な動きと言うわけではないと思います。
しかも、ひょっとしたら非利き手をピボットハンド(つまり動きの少ない方)にすべきなのかなと思っていたのですが、
スイングカットに関しては左手を動かしますし、一様ではないみたいです。

多分イメージの問題だと思います。
想像しやすい方がやりやすい。というような。

エクササイズですが、トリロジーのわさわさするやつと
それぞれの指の先をくっつけて同じ指を触らないようにくるくる回すやつをごくたまにやってます。
なんか、記憶力がよくなるだか、右脳がどうだとか、なんかの本で読んだ気がします。
効果は全くありません。
右脳が動いてる音はしないし、指の動きも速くなってません。
ちなみに、フラリッシュやるようになったからと言って普段の生活で器用になったかと言うとそんなことは無くて、相変わらずぽろぽろ物を落とします。
多分、キーボードタッチしているときのほうが恐ろしく速く動いていると思います。
動かそうと思って動かすと大したこと無くて、最終的にどうなるかを想像できてる時に速くなってしまうのではないかなと思います。
でも、わさわさするやつは筋が伸びて気持ち良いので好きです。

-----------------------------------------

新しい動画を作りました

このブログを始めて、初めて動画の新着報告しますw


パンドラ Pandora
「というか、寝起きで撮ったので、練習始めたばっかりだし、カードも使い慣れてないやつですし、カメラに緊張してました。しかも、酔っ払ってるし、初心者だし、寒くて手がかじかんでて、いや、練習映像ですよ。寝る前にちょろっと撮っただけの。本当はもっとうまいんですけど、一発取りなので、勘弁してください。」

考えうる全ての言い訳を書いてみました。
養殖シニカルです。義務なんです。
怒らないでください。


---------------------
原案と違うところは、5フェイスになるところなんですが。
下手なのは置いといて、
多分、ハンドリングも違います。
何が違うのかよくわかりません。

じっくり、見るのがめんどくさいので。印象派なので。

junさんとmistさんの方が上手で見やすいので、
練習中の方はそっち見たほうが参考になります。

きー。くやしい。でも、もう、これ以上上手くなる気はありません。


あー、あと、曲ですが、「とあるなんちゃら」とかいうタイトルです。
たぶんアニメ。

格調のバーゲンセール

マジックの演技にフラリッシュを入れると不思議さが半減します。
これは手先の器用さで何かをやったとしか思ってくれないからです。

という意見があります。
これは全くもってその通りです。
半減どころか90%OFFです。
不思議さを追求するのであればフラリッシュを入れるべきではありません。
入れるべきではないと言うか、演技以外のところでもカード捌きが上手いところを見せてはいけません。
徹底して隠すべきです。

これは逆のことが言えます。
フラリッシュの演技にマジック要素を入れると美しさが半減します。
例えば、エースプロダクションとか、カラーチェンジとか、セレクトカードのプロダクションとか、です。
私も始めた頃は、フラリッシュの最終形でプロダクションが入ったら面白いかなとか思っていたのですが、
どうも、そう単純な話ではないらしい。
フラリッシュの映像を見ていて、上手いのだけどなんかダサいなぁ
と思うことが何度かあったのですが、最近気が付きました。
マジック要素がとても邪魔です。

たぶん、ですけど、意味があるからでしょう。
引っかかるのです。意識が。
思考を強要されるからでしょうか。

上手く表現できなくてミッシングリンクしますが、感覚的には
会話の途中に駄洒落を入れられた感じです。

芸術文芸の類は情報の少ない(厳密に言うと隠れている)方が「品の高いイメージがある」という傾向があります。
漫画と小説だと、絵のない小説のほうが格調高く、
落語とコントだと、小道具のない落語のほうが、
オーケストラと歌謡曲だと、歌詞のないオケの方が上品イメージです。
将棋と囲碁も一般的には囲碁のほうが品があると言われています。
イメージなので実際どうだかわかりませんが。

「動く」ということに関して純粋になる事で格調と美しさが生まれるのかもしれません。
フラリッシュをする人は不思議なことができるということを徹底して隠すべきです。

単純な話じゃなくて「単純」の話なんです。・・・・・ね、品がないでしょ。もともとか。
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。