■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白線の力



20101020

この数字の羅列の意味がわかる方はいるでしょうか。
半分くらいの人は何となくわかるかもしれません。
なぜこの数字を書いたかという、難しい話ではありません。
クイズではありません。
この数字自体の意味です。
意味を伝える方法はいくつかありますが、一番簡単に思いつくのは言葉で説明する方法です。
実はそれ以外にもやり方はたくさんあって、今回はその紹介です。

2010/10/20

こうすると分かります。
あるいは、

2010.10.20
2010-10-20

棒を引いただけですが、これで何なのかがわかります。
日付です。
言葉で説明すると、日付です。
思わせ振りな書き方をしているので混乱してしまうかもしれませんが、何も前振りがなかったら、普段なら日付ということで処理されていると思います。
逆にいうと「日付20101020」という表記のほうがまずありえないのですが、あるいはこの可能性もあったかもしれません。良い世の中になりました。
2010/10/20
棒を引くだけのほうが画数が少なくてわかりやすいです。
棒自体に意味はありません。ただ区分けしているだけです。
でもこれでこの数字の羅列が生きてきます。

そして、これがデザインの基本です。

電話番号もハイフンで区切ってありますが、あれは機能が違います。
電話番号の場合は覚えやすいようにただ区切ってあるだけです。
人は大体4つくらいまで認識できるらしいので、4つずつ区切ってあるだけです。
銀行員の人とかは10枚数えるとき「4.4.2」で数えるらしいです。
「3.3.4」でもいいと思いますが、数字の要素2つで、数える数が最大で4で、わけ方が3、と全部4以内に納めてる所がポイントです。

日付けのスラッシュの場合は、見やすくする効果と、意味を分ける効果の2つの機能を内包しています。
2010の部分と10の部分と20の部分では単位が違いますので、それを示す効果があります。おそらく「2010/10/20」が一番ポピュラーな表記だと思います。だから、当たり前な話のようですが、見た目と意味を分ける方法は他にもあります。
・文字の色を変える
・文字の大きさを変える
・文字のフォントを変える
・文字の太さを変える
あまり、見たことはありませんが。
もろもろ含めて「2010 10/20」あたりがリーズナブルなのでこれに落ち着いているのだと思います。
日本の場合は一文字で意味を成す漢字を備えていますので「2010年10月20日」という磐石な表記があります。どこにも「日付です」とは書いていませんが、それ以外に読み取る人はいません。

20101020を日付であるということを分かり易くする方法は他にもあります。
場所とタイミングです。
例えばこの8桁が今日の日付と一致したら、何の苦も無く日付とわかるかもしれません。なので10月20日には読まないでください。
また、この数字がこのブログのページの右上に配置されていたら、日付と気がつく可能性が高いです。あるいは文章の始めにかかれているより、最後に書かれていたほうが日付に見えるかもしれません。
よく日付が配置されている場所に置くことによって経験により日付と認知しやすくなります。これをメンタルモデルといいます。
場所を操作するとわかり易くなる方法はメンタルモデルの他に「思考プロセスの支援」があります。
数字をいきなり見せられて意味を探るより、日付を探しているときに数字を見た時のほうが分かり易くなります。順番も大切です。
これもデザインです。

後は使える手段と、意味の強さを加味して、ベストな方法をとります。
皆さんが使っているパソコンはたまたま日本語が使えますが、ひょっとしたら年とか月とかの漢字が使えない場合もあるでしょうし、色とか文字の大きさとか変えられない場合もあります。

物事の大概の事は分りにくいより分かりやすい方がいいと思いますので参考にしてください。手品もしかりです。


----------------------------------------
情報を伝える上で、分かりやすくする為の要素は上記の様な低水準層と高水準層がセットになっています。
高水準層は範囲が広くて善し悪しの判別が難しいので各論になってしまいます。
なので、ここで言える事は特にありません。
代表的なもので行くと、情報は少なければ少ないほど伝わり易くなる、です。
今回の文章で伝えたい内容は「無意味な線で意味を生むのがデザインなのです」という事なのですが、A4用紙にこの言葉だけ一言書いてあったほうが見つけやすいです。
覚えることが少ないので記憶に残り易いですし、インパクトもあります。
ただし、詳細が書いてないのでなんのこっちゃよくわかりません。
名言みたいに一言だけ置いておいて、後は勝手に任せる感じでも良いのですが、あまり不親切なのもどうかと思います。
かといって、事細かに詳細を書いていくとこの文章のように地に埋没していって、どんどん内容が薄れていきます。
この辺は天秤なので発信者の好みと内容によります。
2010/10/20 より 10/20 の方が読み取りやすいです。でも年号の情報が消えます。
もし、年号の情報が暗黙的にわかる状況なら2010は消したほうがいいかもしれません。そんな感じです。
後は前述したような低水準層でパフォーマンスの底上げをしてやると伝わりやすさが変わってきます。

減らせば伝わるけれども意味が0になるかもしれない。
増やせば正確さは上がるが何も伝わらなくなるかもしれない。
この間で選択することが大切です。
大概の人は増やす傾向が強いので、情報過多で無駄にならないように気をつけてください。
マジックの演技では説明するのも大切ですが、ベラベラ喋りすぎて伝えたいことが埋没しないように気を付けてください。
情報が多ければ多いほど税金のように話が削られていくと思ってください。
承太郎が「人に何かを伝えるということは素晴らしいことだ」と言ってその後に「だたし、時よりオリが残る。」と言いました。
多ければ多いほど、削られる量が増え、それならまだしも0になって、それならまだしもマイナスになることもあります。オリとはたぶんそういうことだと思います。
難しいです。

私はマジシャンじゃなくてデザイナーなので低水準層の出力をあげる事に努めます。
難しいの苦手ですし。
20101020を2010/10/20にするだけです。
一線を引く誰にでもできる簡単なお仕事です。
でも、無意味な線で意味を生むのがデザインなのです。
白線の力とはそういうことです。


スポンサーサイト

ずんとこべろんちょ

ところで「マジックブーム」というのは本当にあったのでしょうか。
私はどうやらその後に手品を始めたらしくて、知り合いに初めて手品を見せたとき「マジックブームに乗せられたの?」と聞かれた記憶があります。
別に知らないアピをするつもりはありませんが、何のことを言ってるかわかりませんでした。後でネットで調べたらどうやらそんな時期があったらしい。
主に魔法都市の情報ですが。
そう言われても、生活している分にはそんな片鱗は見せていませんでした。
そういえば友達がセロのテレビをDVDで録画して家に持ってきた時がありましたが、アレがそうだったのかなぁ。
「セ」から始まる2文字の名前の人はアイルトン・セナしか知らないいので、勝手にそんなイメージを持っていたのですが、そのときは「面白いから見ておいて」という友人の好意を気持ちだけ受け止め、DVDはその辺に投げて、感想を聞かれたときに適当に返事だけ合わせていました。
なので何が入っていたのか分かりません。
子供の頃マリックのテレビ番組を結構やってた様な気もしますが、世にも奇妙な物語とごっちゃになってるかもしれません。音楽の怖さ的に。
本当にマジックブームなんてあったのでしょうか。
ズンドコベロンチョ状態です。


それはそうとして、これは残念なお知らせになりますが、今後一切マジックブームは訪れません。
と、動画配信でこの間言ったら「マジックブームはテレビ局がでっち上げてる節があるからなあ」みたいなコメントがきました。
そういえば、ヤフー知恵袋にもそんなことが書いてありました。
そういうことらしいです。
テレビの力は偉大なのです。

私は頭が悪いのでよくわかりませんが「テレビ局」というのは何を指しているのでしょうか。日テレでしょうか。TBSとかフジテレビとかのどこかのことだと思います。法人か個人か。
漠然とテレビ局だと範囲が曖昧で、結局何でブームになったのか分かりませんので、まさかそういう意味ではないと思います。
ブームって何だったのでしょう。
テレビの番組がよく組まれていたというのもそうでしょうし
マジック用品がよく売れたとかあるでしょうし
マジック人口が増えたとかなのでしょうか。
そう言われてみると、マジック歴で見たとき私より1年か2年長くやってる人が団塊してるような気がします。
直接ではありませんが、ブームがあったと言われればあったのかなぁと思います。

時に、フラリッシュブームが来ますが、今回の場合は誰が流行らせたのははっきりしています。他でもないmsさんでした。残念なお知らせですが。

宇宙で一番多い元素は窒素じゃなくて水素です。


ヤフーのマジックカテゴリーを見ていたら「確信犯」という言葉の意味を間違えて理解している人が多い、というようなコメントがありました。
そういえば気にしたことなかったので調べてみたら、確かに私が思っていた「確信犯」と意味が違いました。
あぶねー。
今まで使わなくて良かった。
ギリギリセーフでした。
初めて知恵袋が役に立ったと思います。
でも、これで間違って使ってる人を見ると気になって仕様が無くなるので、あまり知りたくありませんでした。
難しいところです。
間違いを忠告するくらいなら、間違ったまま覚えていたほうが幸せに生活できます。
ニコ動とかの忠告中毒の人もある意味被害者です。

人は間違ったものを見ると訂正したくなる衝動にかられます。
なので、嘘を見破る時などによく使います。
先に予想と反対の事で話を進めて、本当の事を吊り出す方法です。
私もたまに冗談が通じる程度に使っていますが、小心者なので心苦しいので、いざというときには使えません。

嘘にも間違いにも蓋をしておくのが平穏というものでしょう。
名探偵コナンとか見ているとあまりのずうずうしさにギャーってなります。
ズケズケ。お前、体も頭脳も子供じゃねーかよ。

逆パターンで、最近知った事に「雰囲気」を「ふいんき」と言い間違えている人がいるらしいという事を知りました。ふいんき、聞いたことないのですが、どうもそっちのほうが言いやすいから間違えているらしいです。
絶対、ふんいき、のほうが言い易いと思うのですが。
その辺はどうでもいいです。
変に間違えている例を発表されると、どっちがどっちだか混乱してしまします。

ところで、元々「雰囲気」というのは科学用語です。
空間の、湿度とか温度とか気圧とか、気体の状態というか、環境におけるプロパティーの総称の事を言います。
今は意味合い的に拡張されて心理状態とかの様子の意味も含まれていて、そちらのほうが馴染んでいます。
比喩表現の方が市民権を得ている例です。
「空気」に「気体の空気」という意味と「場の空気」という意味があるのと同じ感じでしょうか。
最近は「雰囲気」と言うより「空気」と言う事のほうが多い気がします。
「空気」の方が従来の意味の範囲は小さいです。
「温度差」とか更に範囲を狭めた表現もあります。
せばまって行く傾向にあるのかもしれません。
5年くらいしたら「お前窒素読めねーな」とか言ってるかもしれません。

新しい動画作りました しゅがーまうんてん

までぃうすさんがつくったフラリッシュ
SugarMountain です。
おしえてもらって、そんでもって、勝手に解説動画作ってみました。

==http://www.nicovideo.jp/watch/sm12168215  

ちょっとてきとー過ぎてすいません。
せっかくフォールスなのでエースプロダクションのシーンを入れておけばよかった。
あと、左手親指に意識を集中してください、って書くの忘れた。
あと、スイッチのところ難しいです、って書くの忘れた。
というか、袖のボタン閉め忘れた。


質問、ご指摘ありましたらお願いします。

しかし、解説動画つくってわかりましたが、いや、わかってたことですがすげーむじーです。
こんなんでもです。

いっぱいつくってるトロガイさんすげー。

だれかスポンサーついてあげてください。

人生後に保険

天国と地獄ってどっちが広いんでしょうか。
私のイメージだと俄然、地獄のほうが広いです。
確実に何かしらの絵に影響されていますが。
でも人口密度は地獄のほうが高いです。
そんで、天国の人は何かでっかいです。ひとりひとりが。
私、込んでるの嫌いなので絶対地獄に行きたくないです。
やだー。
もし、神様がいたら困るので保険をかけておきたいです。
どこでもいいので適当な宗教に入りたいのです。
そういえば宗教の勧誘を一度だけ受けたことがありました。
なんだったか名前は忘れましたけど全国に100万人会員がいるとか言ってた。
まじで!
そんなにいるの?
困りました。
そんなマイナーなところでも100万人いるってことになると、有名なところとか合わせたら1億人くらい軽く行っちゃうじゃん。
有名なところっつっても知ってるのそうか学会くらいしか知らないけど。
込む。込む。
だめだって。
ただでさえ狭いのに、人も大きいし、人数増えたら込むじゃん。
人ごみ嫌いなんだって。
そもそも天国ってゲーセンあんのかな。俺のイメージだと何もないんですけど。
確実に何かしらの絵に影響されていますが。
最悪テトリスくらいないと困る。
暇なのは困る。
トランプとかもギャンブルの道具になるから偉い人に没収されそうだし、フラリッシュもできないかも。
やだなー。
だからもう、みんなが宗教に入るのを待って、おれ一人だけ地獄に行く。
一人は難しいか、いくらなんでも。友達と行く。

それかもう、宗教作る。天国に行かない宗教作る。
ms教作る。
入るとですね。「妙間」に行くことができます。
天国でも地獄でもない微妙な空間です。
まだあまり注目されておらず、リーズナブルな物件です。
24で遊べるボーリング場とかあるし、ネットはタダ。エアコン完備です。

どお?

時は金ではない

時は金なりっていうことわざがあるのですが、前まで、すげーよくできたことわざだなーと思ってたのですが、大人になってからやっぱ外人が考えたことわざはセンスねーなーと思います。
時間はお金じゃありません。
お金は時間じゃありません。
なにかっつったら。
お金は人です。
最近気がつきました。
そらそーだ、って言う人いるかもしれませんが。
これにたどり着くのに、邪魔なのが2つあって、
原料と
設備の減価償却でした。
例えば飲食店とかだと原価率が50%くらい(適当)なのですが、残りの50%はもっぱら人件費で取られます。
バイトとか自分の給料とか。ほんとの利益は微々たる物です。
だからお金の半分は人なのですが、あとの50%どーするのよ、と思ってました。
でも、よくよく考えたら、食材の値段も、例えば野菜ならその野菜を作ってその店に運ぶまでにかかってる人々の分の価値なので、結局人なんだと。
この当たり前のことに気がつくのに時間がかかった。
ディテール書くとまた長くなるので、誰も読まなくなるのでざっくりですが、そういう事なのです。

これで長年謎だった、なぜお札に人の絵が描かれているか、というもやもやが解決しました。

タクト6秒


どういう兼ね合いか知りませんが同時期にまてぃさんとですのさんから、同じ動画を紹介されまして、なので紹介します。
===http://www.youtube.com/watch?v=yTJpd57jLiY  
なんかトランプを箱につめる動画です。
どこか有名なところでしょうかいされたのでしょうか。い。
見所は高速な手さばきでトランプをつめて同時に箱を組み立てる様だと思うのですが、msさんの理論でいくとFlourish動画です。
でも、私これをみてもすごいとはちっとも思いません。
これくらい、バイトに行って3日もすれば誰でもできるようになると思います。
紹介してもらって何ですが。

そんなことより、工業製品を作る会社に勤めてると他のことが気になってしようがありません。
タクト6秒位だから、時間600。取り回し含めると時間500ってとこかな。
2時間残業で1日10時間。1日5000箱か。
とかの方が先に来てしまいます。
つーか、自動化できねーの。
とロボコンにやってもらう方法を思い巡らせてしまいます。
しかも、今ライン作業手伝わされてるので、見るとつらくなってきます。
こいつら、カメラ向けられてるから笑顔だけど、普段は死んだ魚の目をしながらやってんだろーな。とか考えてしまいます。

感想は以上。

でも、二人とも教えてくれてありがとね。

ライバル

あこがれてるマジシャンはいますか?
目標にしているマジシャンはいますか?
って質問はよく聞くのですが、
ライバルのマジシャンはいますか?
ってのは聞いたことありません。
皆さんライバルはいらっしゃいますでしょうか。
好敵手。
ライバルはいたほうが上達は早くなると思いますよ。
ぜひ見つけてください。
私は何かにつけて年下に牙をむかれるというか寝首をかかれそうになるというか、精神年齢が低いせいか、下克上を申し立てられることが多いです。
カモンボーイ。むかってきんしゃい。
うそ。ごめん。手厚く介護してください。

最も難しいことは自分を乗り越えることだ。
とかえらそうに言っているmsさんにもライバルはいます。
嵐の二ノ宮です。

甘いフェイスで癒し系のトークって所でキャラがかぶってますので。

がっかりを楽しむ

私がっかりするのが結構好きなのです。
驚きは大体パターンが決まってまして火力は違うもののいささか食傷気味になります。
それに比べてがっかりはいろんなパターンがあってシナプスにいいです。
マジックグッズを買うと大体がっかりできます。いろんなパターンのがっかりがあるので楽しいです。
タネのしょぼさから、クオリティーの低さ、値段、解説の不親切さ、あっため返しと、映像トリック、日本語の下手さ、様々な角度からがっかりできます。
これは皮肉じゃなくて、いいがっかりなのです。
だって、人間騙すより騙された方がいいじゃない。
騙された時が一番輝いてるんだよ。

そんな中「日本3大がっかり名所」というのがあるらしくて、と言っても忘れてしまいましたが、1個だけ覚えています。
札幌時計台。
1回見に行った事があります。
確かにがっかりします。
バスガイドの人に先に「3大がっかりのひとつです」とハードルを上げられているにも関わらず、がっかりできます。さすが、王者の名にふさわしい。がっかりというより、もう記憶にもありません。なんかとなんかの建物の間に挟まれてて「近所にこんなところあるなぁ」と思った記憶しかありません。
私は旅行とかあまり行かないのですが、各地域に意気込んで行ってがっかりする事は多々あります。

名古屋のきしめんは思ったより細かった、です。近所のラーメン屋に細麺と太麺と極太麺の3種類から選べるところがあるのですが、たまにしか行かないのでどれがどの太さか忘れてしまって間違えて極太麺を頼んだ時と同じ太さです。その時も「しまった」と思ってがっかりするのですが、それをただ単にエミュレートしただけというがっかりをがっかりで包んだがっかりが楽しめます。

諏訪湖の水上花火が普通だった、です。私が見たところがいまいちだったのか、打ち上げるところが近いみたいな事を聞いていましたが、そうでもありませんでした。地上で打つからね。でも、諏訪湖がでかすぎで遠かった。長岡花火の場合はなんかあの破片?たまを包んでる紙みたいなのが落ちてきますが、そちらの方が異常なのかもしれません。

静岡のうな丼が普通だった、です。なんかうな丼2大巨頭みたいなうちの1つの本店に行って食べたのですが、普通でした。うなぎは焼き方といい美味しかったですが、ご飯がへぼすぎて足して2で割って普通です。
近所に静岡からうなぎを買ってるうな丼やがあったのでそこに行ったらそっちの方が美味かったです。

大阪人の歩くスピードは遅かった、です。テレビとかでやれ東京の1.3倍だの信号が変わるのが速いと聞いていたのでわくわくして行ってみたら、まあ普通でした。あとツッコミが甘い。このブログ関西勢もかなり見てると思うのですが、いままで1056個のボケに対して拾ったのがみーぼのさんの5回とキットカットさんの3回だけという、情けない結果。

いつか日本中を歩いて「がっかり100専」を作りたいです。

ミクシーはじめました

今まで隠してましたけど、私、実はミクシーのアカウントを持ってまして、いや、日記とか書いてるわけじゃないのですが、だから、持ってるだけです。
ミクシーってのは前から名前は知っていたのですが、ゼクシーの仲間だと思って恥をかきました。でも結婚率はミクシーのほうが高いらしいです。
私の周りの知人はみんなミクシーやってて、でも微妙にそんなに仲は良くないので、いままで入会できなかったのですが、それがしゃくで、ミクシーだけは絶対入ってやるもんかと思っていました。
あれは友達の紹介がないとアカウント作れないのですよ。
でも、近くのリア友より遠くのネ友ということで、おかげさまで意志も弱いのでアカウント作りまして、しばらくたちます。
なんやかんやで20人くらいマイミクさんになってもらいまして、7割マジック関連です。
で、何かって言ったら、蓋を開けてみれば、私にとってのミクシーとは
「タジマジック専用チャンネル」
に他なりません。
タジマジックはプロのマジシャンです。
タジマジックがどこどこでマジックショーするとか、なになにのテレビ番組にでるとか、芸能人のだれだれに会っただとか、そんな話で埋まっています。
東の日記をみても西の日記を読んでも登場します。
右を押しても左を押してもタジマジックの単語が出てきます。
「タジマジックはすごい」のが分かります。
何処を読んでも手放しで絶賛。手放しというレベルじゃありませんオートバイ立ち乗り万歳くらいで絶賛です。
相当面白いか、背中に般若の刺青が入っているかのどちらかしかありません。
今一番有名なプロマジシャンです。
しかし、見た事が無くて一回くらい見てやりたいのですがいかんせんうちのテレビは運が良くないと映らないもので、いまだなしえていません。
びょうまじさんの動画で姿は見ました。
沢田研二の衣装、といってもわかりにくいですがタケちゃんマンの格好をしてものすごい笑顔なのだけは知っています。

荒木巴とコラボしてくれないかと楽しみにしています。
正直、今のマジック界を引っ張っていくのはこの2人しかいないと思います。
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。