■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝うも呪うも


たまたまなのか風習が無かったのでまったくイメージできないのですが、誕生日パティーというのは実在しているようです。
テレビで芸能人の話とかを聞くと子供のころの思い出に「~~ちゃん、の誕生日パーティに行ったとき・・・」など実話として話されます。
ちび丸子ちゃんでもそんな回があったような。
漫画だけの話だと思っていましたが、どうなんでしょう。
同級生の誕生日パーティー。
私の住んでる地域に偶然無いだけなのか、私だけが必然的に呼ばれなかっただけなのか、誕生日パーティーに行ったことはありません。
おかげさまで、自分の誕生日も忘れがちなもので、同級生が2歳年上という事態も起きてしまいます。

似たような感覚になりますが「~~ちゃんと一緒に勉強する」というのも漫画とかドラマだけの話かと思ってました。
結構あるみたいで。
学校の勉強なんて「教え合う」ところないような気がしますが。
モチベーションの問題でしょうか。
言われてみれば、私も飛躍的に学校の成績が上がったときが一度だけありました。それは一緒に勉強するというより、一般人(家庭教師とかじゃない)に教えてもらっただけですが、近所の2歳上のお姉さん。
これがまた美人で。
小6でしたけど、下心まんまんで聞いてましたけど、効果はあったようです。
中学に入った時の為と英語を教えてもらいました。
家庭教師は異性のほうがいいような気がします。
ただ単に予習が良かっただけかもしれませんが。
中1の一学期中間テストの点数は99点か98点でした。
おかげさまで。

ただ、全教科合計が学年2位だったもんですから、悔しくて。
そんで、1位が丸刈りだったのですが、わりと仲良しだったので、次の期末テストの前に「一緒に勉強しようぜ」と持ちかけました。
もちろん、そいつの勉強を邪魔するためです。
丸刈りは真面目で人のいい毒の無い人柄でしたが、私の計画の為に涙を呑んでもらうしかありません。
私は丸刈りの家に行き丸刈りの部屋で、一応「勉強を教えてもらう」という体で、2人きりで勉強を始めました。
ノートをとる習慣も教科書を家に持って帰る習慣もは無かったのですが、わざわざ持ってきて、計画がばれないようにやる気を装いました。
ところが、少年ジャンプを見つけました。
私は少年ジャンプというものを始めて知りました。
「漫画」というものがあるのは知っていたのですが、見たことのあるのはテレビのアニメだけ。
動くのがあるのにわざわざ止まってる絵を読むことは無い、と今まで漫画は読んだことが無いのでした。

「おもしれぇ・・・」
幸いにも丸刈りの部屋にはさかのぼり1年分のジャンプがストックされていたため、在庫が切れることはありませんでした。
2日目からは手ぶらになっていました。
会話した記憶は一切ありません。
黙々と、しかし笑顔でジャンプを読み漁る少年とそれを尻目に淡々と、だから怪訝そうに勉強を進める少年。
丸刈りは私の事をどう思っていたのでしょうか。
今冷静に考えると「勉強を邪魔する」という目的自体は果たしています。
しかしながら丸刈りの精神力はそれ以上だったのか、期末テストもまた1位でした。
私は平均以下でした。
唯一覚えている丸刈りの言葉といえば「人生の運の総量は決まってると思うんだよね。浮き沈みはあるけど全部合せれば平らになるんだよ。」だけです。
何言ってるかさっぱり意味が分かりませんでしたが「中一のくせにしぼんでんなぁ」という印象だけ残っています。
いずれにしても、人を呪わば穴はひとつで良いようです。
スポンサーサイト

カフェ・ソスペーゾ

私、あんまり、本は読まないので、なんとも確信は無いのですが、小説を読んでいると、ストーリーと明らかに関係ない豆知識みたいなのが必ず入ってる様な気がします。
ウンチクというかアングラなお得情報みたいなやつ。
あれって、決まり、なんですかね。
イマジナリーラインみたいな。
私が読んだのがたまたまなのでしょうか。
ぱっと、おもいつきませんが、例えば、車のマフラーに布とかをつめると簡単に動かなくすることができる、とか。
まあ、普通に生活してたら絶対聞かないような、ウンチク。
大概、とってつけたように書いてあるのですごく不自然なのですが。
なのですが、すごくいいです。

もともと、それが本の意義なのか、なのでそれの名残なのかわかりませんが兎にも角にも本は何にしても、いろいろ教えてくれます。
それは、漫画本も多分に漏れてないので、例えば最たるところだと、こち亀、とか。
前面押し出し系。です。
毎週、斬新な情報を提供するキャパシティーが離れ業です。
こないだ、ラーメン屋にジャンプがおいてあったので見たら、まだやっていたのでびびりました。

前面押し出し系はもうひとつあります。
さよなら絶望先生。
ジャンプにこち亀あればマガジンに絶望あり。です。
私は、どちらかというと絶望先生のほうが好きです。
ネタが豊富すぎる。
漫画なのにネタが箇条書きという、斬新過ぎるアイディア。
はっきりいって、絵はいらないのです。
普通は出し惜しみして、来週のネタに分けるところなのに、(たぶん)ページに収まらないという理由から箇条書きの暴挙ですよ。
しかもネタの半分くらい自分で調べないと面白さがわからないという、新しいジャンルです。IT革命なくしては成立しない娯楽。
絶望先生の場合は「生活に役立つちょっとした知識」ではなく、「ボキャブラリー」の幅を拡張してくれるタイプです。
語彙が増えるということは単に知識が増えるだけでなく、「知っているという事で救われる」という部分も少なくありません。
絶望先生はそれを教えてくれます。

ああ、枕がでかい。今回の本題。
カフェ・ソスペーゾ
糸色先生に教えてもらいました。

イタリア、ナポリではこんな風習があるそうです。
喫茶店に入りエスプレッソを頼み、飲み、代金を払います。
ここで裕福な上流階級の人は2杯分の代金を置いていくそうです。
お店はその余剰分をプールしておきます。
次にお金をあまり持ってない人が来てコーヒーを頼むと、ただで飲ませてくれたり安く飲ませてくれる。
端的に言えば、募金、なのですが。
粋ですね。
カフェ・ソスペーゾ。

これ、似たような話ありますよね。
中高生がコンビにでジャンプを立ち読みで済ませられるのは、大人が正規の価格で購入してるからなのです。と漫画では言っていました。
正規料金を支払った者が安く購入できる者を支えている、という精神。
今、パソコンのハードディスクが1テラ1万円で買えるのは、私が10年前に1ギガ1万円で買っていたからですよ。
今、地デジの液晶テレビが5万円で買えるのは私が5年前に20万円で買っていたからですよ。
くすりのコダマのポイント20倍キャンペーンができるのは私がカロリーメイトをノーポイントでフィニッシュしているからですよ。
カフェ・ソスペーゾ、の精神。

少し優しい気持ちになれます。
ありがとう絶望先生。

フラリッシュの神様

もし、フラリッシュの神様がいたら私はこう願うでしょう。
「フラリッシュうまくなますように!!」
そこは、普通です。

ああ、どっかにフラリッシュの神様いないかなぁ。
と、なぜ私はいないと決め付けていたのでしょうか。
おろかなり。
いました。

はい。ここ。
大黒山 金剛寺 八坂庚申堂
==http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/

京都ですかね。
ここで売ってるお守り
指猿(二百円)
で手先が器用になる御利益があるそうです。

トランプより安いじゃん。
買い、じゃなくて、お供えだね。

私の当面の目標は「ここに行く事」にします。
皆さん待っててくださいね。
この神社に持ってるウィンデックを全部奉納して願をかけますから。
オーラ的なやつを充填してからお届けしますから。
販売しますから。
1デック3万円。
待っててください。

しかし、あれなんですね。サルなんですね、フラリッシュの神様は。
言われてみれば、孫悟空とか器用だもの。
如意棒とかの扱い。
ああ、そうか。
言われてみれば、御利益があったのか、堺正章さん器用ですもの。
かくし芸大会もレギュラーだわ、そりゃ。
巨匠と呼ばれるわ、そりゃ。

しーーーまったーーーー。
ここで書いたら、びょうまじツアーに組み込まれてしまうーーーー。
パクられるーー。企画案っが。知的財産権っが。もしゃられるー。
関西びょうまじツーリスト。
ロイヤリティー発生するので使用したい場合は、
越後屋トラベラーズmsまで連絡ください。

ms動画を60%くらいの力で否定してみた


ニコニコ動画で「マジック」という単語をタグ検索をかけるとms9という名前でいくつかのマジック動画を見つけることができる。
見たところ主にノーギミックのスライトが多いようであるが、動画の内容が酷い。
腕の未熟さもさることながら、椅子をテーブル代わりに使っているのである。
本来、椅子というは権力の象徴であり、ぞんざいに扱うものではない。
その基本がわかってないどころか、座るためのスペースに物を置いてしまっている。
仮にマジックの腕が超ウィザード級であったとしても、文字通り、台無し、である。
日本の文化には「そもそも~~の為に使うもの」という心があり、道具には一つ一つそれ用の役割が与えられている。
これは万物に対して敬意を払うことであり、個を尊重する基本原理である。
座るための道具に対して物を置くというはその境界を破る行為であり「なんでもあり」の状態になってしまう。
彼の動画はそれをやってしまっている。
枕を座布団代わりに使っているのと同じだ。
十得ナイフの文化の人間がやるならまだわかるが驚くことに日本人だという。
個の役割を独立させた自己組織化の系を用いた効率化、そこから生まれる「品」と「美」が他の文化と一線を画す日本文化の強みである。
ms動画はそれを否定していることに他ならない。
あるいはグローバルを履き違えてるのであろうか。
真のグローバルとは己の文化を見つめ、互いに尊重しあう事である。
ただ単に合せたり真似したりすればいいというものではない。
彼にはその点を見据え今後の躍進に努めてもらいたいと願っている。

大人語講座第二回「ザックリ」




今回の用語は

「ザックリ」

です。
栗の仲間ではありません。
意味は「アバウト」や「簡略的に」「おおまかに」です。(おおまか、もあんまり子供はいわないか)
使用例として
「今回の依頼の意図をざっくり教えてください。」
「その資料はざっくりでいいよ。」
などです。
「簡略的に」だと硬い感じがしますし、「アバウト」だと気取った感じ、「適当に」ですと角が立ちます。
ゆえに「ざっくり」が使用されます。

何かを鋭利なもので切ったり刺したりしたときの擬音と似ていますが、まったく別物なので要注意です。
「指をカッターでザックリやってしまった」などは間違った用法です。
語源はわかりませんが桑で土を丸ごとすくうイメージからきていると思われます。

「ざっくり教えてください。」で「概要を教えてください」という意味になりますが、「ざっくり」=「概要」ではありません。
活用系で「概要をざっくり教えてください。」又は、「詳細をざっくり教えてください。」というのがあります。
ざっくりは総絶対容量からの割合ではなく、相対容量からの割合で計算されますので、どの時点でも挿入することができます。
聞き取る側はどこに修飾されているか判断する必要がありますのでご注意ください。
こちらは受動的なレシーバースタイルです。

上司や部下、同僚に仕事を依頼する際、その内容に併せて優先度を伝える必要があります。
「例の資料を金曜日までお願いします」と頼むのが一般的ですが、これですとプライオリティーの選定ができません。内容は伝わっているとして、クオリティーをどこまであげればいいのか、金曜日と言うのは必須なのか来週の月曜日まででも大丈夫なのか、他の仕事を割いてやるべきなのか判断がつきません。
最優先の場合は「最優先」とつければいいですが、そうでない場合があります。
頼んだ時に相手が顔をしかめた場合、そんなに優先度は高くないよ、という事を伝えたいので「適当に」や「手を抜いていいよ」などをつけます。
こうすることで相手の心理的不安を取り除き時間の効率化が図れます。
しかし、「適当」や「簡単でいい」または「手の込んだことはしなくていい」「凝らないで」などの優先度をさげるアプリケーションは、相手の自尊心も著しく低下させる恐れがあります。
よって、この場合にざっくりが用いられる事があります。
「ざっくりでお願いします」
こちらは能動的なサーバースタイルです。

ただし、ざっくりばっかりしてると、地が固まらないので、ご用心。
また次回。

大人語講座第一回「バタバタ」




社会人になると、どういうわけか「忙しい」というと怒られます。
「暇」と言っても怒られます。
怒られる、と言うか見捨てられます。
なので、サラリーマン的な職業の人は使いません。
「忙しい」と出たら大学生以下ないしは主婦的な職業の人です。
インターネット上での年齢判別にご利用ください。
(主婦とサラリーマンが差別語だったらすいません)

どういうわけか、違う言葉ならOKらしくて、代替品がありますのでそちらを使います。
で、今回の用語です。

「バタバタしている」

これ。
はじめ聞いたときは、ふざけてるのかと思いました。
飛ぼうとしているわけではありません。
てんてこ舞い、ということです。
たぶん、あたふたしている、あたりから来ているのだと思いますが、あたふた、だと、動揺の意が色濃く出ますので、それを緩和した表現だと思われます。
「ちょっと、バタバタしてます。」
「今、みんなバタバタしてるからなぁ。」
「森君は10月のプロジェクトからバタバタし始めた。」
などで使います。

バタバタする前の状態または現在進行形で
「バタつく」
と言います。

「この電話を受けるとバタつく予感がする。」
「森君は一人でやっているからバタつくのもしょうがない。」
などで使います。

注意点があります。「バタバタ」を単独で使うことはありません。
なので、「バタバタ状態」や「バタバタる」、「バタバタしてきます」などの用法は間違いなので気をつけてください。

課長に呼ばれたときに「今忙しいです」などと言って断ったらボーナスが下がりますが、
「今、バタバタしています」だと許してもらえます。

その他、忙しい、の代わりに
・手が込んでいる
・手が離せない
・手が詰まっている
・体が空かない


などの慣用句。
・取り込み中
・(時間が)切迫している
・(時間が)緊迫している
・各種、具体的なルーチンの単語
などの事務的な表現。
があります。

慣用句などはやんわり伝わって、使い勝手は良いのですが「バタバタしている」のパフォーマンスに比べると10%以下というベンチマークもある筋では出ています。
自分から無理に使用する必要はありませんが、聴いたときに笑ってしまわないように、覚えておきましょう。

それではまた次回。

友達申請


youtubeのチャンネルを持っています。
ユーザー登録すると全員に割り当てられるやつです。
いろいろ機能がついていて、その中に「友達」機能があります。
ミクシーにも「マイミク」。ツイッターだと「フォロー」。
などと呼称しています。

はじめは何のこっちゃ良くわかりませんでしたが、関連性を高める機能です。
申請がちょいちょいくるので、わけもわからず「承認」していましたが、
しばらくすると、挨拶もなしに申請してくる人が増えてきたので、プンスカしていました。
「友達になりたいって言うのに礼儀ってものがないのか」と思いました。
と思った瞬間、私はあほだと思いました。
youtubeさんにまんまとだまされました。
「友達」とか名前がついてるから構えてしまっていました。
承認するのにはボタンを一個押すだけです。
ボタン押すだけの作業に礼儀もくそもねーだろ、と。
何をえらそうに意気込んでるんだ、と。
調子に乗るな、と。
なんと小さい人間なんだ、と反省しました。
今は、見つけ次第、承認しています。

そもそも、こういうものは車ぶつけたときと同じで、先に降りたほうがイニシアチブを取れるので申請を出したほうがいいんです。
という、考えもばかげていますが。
私はあんまし見回ったりしないので、申請を出すことはありません。
でも、申請を出すときはかなりドキドキするので、他の人も三日三晩悩んだ末に友達申請しているに違いありません。
だから、感謝の意をこめてクリックします。

と、こんな事を書くと「この事を書くこと自体小さい」とか、わしずに言われるので、先に釘を打っておきます。

本キャラを決めよう

カードマジックに興味を持って、バイセコーにたどり着くまで、いろいろあります。
ようやく、これがマジシャンのトランプか、と飲み込んだと思いきや、なにやら他にもトランプには種類があるらしい事を知り、また混乱。
みんなと同じのを使ってもいいのですが、オリジナリティーがほしい。
でも、どれがどうだかわかりません。
あっちもいいがこっちもいい。マイカードを決めるには右往左往します。
違いが良くわからないという、初心者のために
私がわかりやすく例えて紹介します。

マイカードっていうのは何かといったら、ゲームで言うところの「本キャラ」でして、
そうですね、やっぱり一番メジャーなのはストリートファイター2ですかね。
グリーの携帯ゲームでもあるみたいですし。

バイシクルはリュウ・ケンのポジションです。
当たり障りのない感じでそこそこ強い。でも、昇竜拳苦手な人はちょっと使いづらい。

タリホーはガイルのポジションです。
ためキャラ代表。だれでも使って使えないことはない。でも、ためキャラは嫌って人は使いません。

アラジン ≒ ザンギエフ
飛び道具もなければ移動も遅いという、一見使いづらいがパフォーマンスは高いので意外と動かせる。

ビーの格子柄 ≒ ダルシム
癖があるが強キャラ。

ホイル ≒ ブランカ
ぶっきらぼうな感じ。

ストリームライン ≒ チュンリー
薄い感じ。

クラブエンジェル ≒ エドモンド本田
日本製だから。

フルニエ ≒ バルログ
スペイン製だから。

ジェリーズナゲット ≒ サガット
名前が似てる。

ANGLO あんじぇろ? ≒ バイソン
名前が馬鹿っぽい。

アルコ ≒ ベガ
サイコパワーみたいなのが出てる。


ポジション的にはそんな感じです。
自分の分身ですから大事にしてください。
ちなみに、グリーのスト2で波動拳を出すには700円かかるそうです。
はじめ聞いたとき「あほか」と思いましたが、
よくよく考えたら、私も波動拳が出せるようになるまでに700円くらいかけたような気がします。

数える

私がマジックとかを始める前の話です。
友人とコンビニに行って買い物したのですが、店員さんがお釣りを渡す時に、3千円くらいだったかお札を広げて、小銭は5~6枚で手のひらに並べて、返してくれました。
お店を出た後、すかさず「マジシャンかよ!」って突っ込みを入れて細かい笑いを拾い食い。

たまに、カウントは嫌い、不自然、的な事を言う人がいます。
逆に言いたい。この世に何でもいいけど物数える時、広げるバカがどこにいる。
何かを数える時わざわざ広げて見せるのは幼稚園児かマジシャンくらいなものです。
普通は一個ずつ重ねて数えます。

広げるのは不自然なのもさることながら子ども扱いされてると思われるのでやめたほうがいいでしょう。

そもそも、人間画像で物を数える事はできません。
5個でも6個でも目の前に広げられたら、広げられた1個にしか見れません。
時間と音があって初めて人は物の数を数えられるのです。
人っていうか私だけ特別、脳みそのスペックが低いだけかもしれませんが。
何も見ないで絵をかける人とかいるので、そういう人はすぐ分かるのかもしれません。

おい、そこの、カード足らなくなってないか確かめる為に枚数数えてるマジシャン。
そこまで言うなら、配って数えないで、ファンで広げて数えろや。
銀行員みたいに4-4-2で数えろや。
あれも、もう職人芸みたいなもんなんだろうなぁ。
トランプ52枚数える機械作ったら売れるかなぁ。
売れないだろうなぁ。

マウリッツ・コルネリス・エッシャー

雪国に住んでて、これは絶対NGワードだけど、本当降るわ。
ところが、案の定、去年より積雪量は少ないそうで。
毎年「今年は去年より降るなぁ」と思っています。
エッシャーの騙し絵のようです。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。