■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく笑えれば


人の笑い方には、ハ行とカ行がありますが、実際問題カ行で笑う人はいません。
カカカカ
キキキキ
クククク
ケケケッケ
コココココ
福本漫画くらいです。
いないと言っても、ごくたまにいます。
部長とか。
声にならない笑いの時はククククって感じですかね。
カ だと悪者で偉い感じ
キ だと気が狂ってる感じ
ク は笑いをこらえている感じ
ケ はしてやったりな感じ
コ は部長。まじでコだから受ける。
ハ は豪快な感じ
ヒ だと気が滅入ってる感じ
フ だとこれからしてやったる予定な感じ
へ だと下っ端な感じ
ホ だとオカマな感じ。それか、高飛車なお嬢様。か、部長。まじでホだから受ける。


特に落ちは無いです。
伸ばし方とか、小さい「つ」の付け方とか、頭文字の組み合わせとか「あーはっはは」とかね、で組み合わせ無限大。
笑いは無限大。
日本だけでしょうか、他の国はこんなに種類があるのでしょうか。
まあいい、たくさん種類あるから、死ぬまでにコンプを目指せ。
限定版もあるよ。
だから部長くらいになると、コ、とか使うのか。
スポンサーサイト

頭文字F


物語の序盤でちらっと出てきて、特に意味がないと思いきや、終盤で話につながって、輪っかが出来るような要素の事を「伏線」とかいいます。
ここ3年くらいから、やたらみんな伏線伏線いいます。
たまに、フラグとかいいます。旗だから。
たまに、布石とかいいます。置石だから。
たまに、ふりとかいいます。発端だから。
たまに、フックとかいいます。後で引っ掛けるから。

全部「ふ」から始まります。
ふ、から始まる単語といえば、付箋とか?
ふ菓子とか?ファンタとか。
フロントとか。

ふ、から始まるものは大概私たちを導いてくれます。

プロフィラリッシュール

プロ雀士のプロフィールの所には必ず「好きな役」ってのがあるのですが、あれはなんなんでしょうか。
プロに好きな役も何もないと思いますが。
集まった時に話題が振りやすいようにでしょうかね。
誠意がある感じの人は「ピンフ」
リベラルな感じの人は「タンヤオ」
てやんでーな感じの人は「コクシ」
静かなるアウトローな感じの人は「ジュンチャン」
どんとこい超常現象みたいな感じの人は「上がり役全部ー!!」
あとは、キャラの雰囲気と逆の役を選んだりして何パターンかを選択するのでしょう。

やっぱり、プロのフラリッシャー協会が出来たらプロフィールの欄に「好きなフラリッシュ」と「好きなカード」の2つが設けられるのでしょうか。
プロリッシャーを目指す方は今のうちに決めておいたほうがいいですよ。
ひねると寒い。ガハハでも寒い。無頓着も寒い。斜に構えても寒い。熱血でも寒い。
難しいです。
イーペーコーくらいのやつを探しましょう。

イーペーコー


イーペーコーがかわいそうです。
イーペーコーっていうのは麻雀の役です。
麻雀は3つの塊が4つと2つの塊が1つの14枚で上がりの形です。
3つの塊をメンツといって2つの塊を頭といいます。
イーペーコーは4つのメンツのうちの2つが同じハイの状態です。
たとえば「112233 他の2メンツと頭」とか。123が2つあるのでイーペーコーです。
1役つきます。
ここから細かい説明しないので、雰囲気で読み取ってください。
このイーペーコーあまり待遇がよくありません。
役の困難性に対しての評価はまあ、妥当な所なのですが、あまり見かける事はありません。
なぜなら、誰も狙わないからです。
・同じところで2度受けしないとい
・鳴けない
・単体で上がれない
・捨てハイが散らせない
とかまあ細かい理由が重なって「まあ勝手に出来るならいいか」位のポジションです。
そこまではいいのですが、そんなこんなで、どんな麻雀教本でも雑誌でも「上級者はイーペーコーねらわない」と書いてあります。
この風評被害。
そもそも、初心者もイーペーコー狙わないよ!!
中級者も!!
これにより、民衆のイーペーコー離れが進んでいます。
「お前はイーペーコーみたいな存在だな!」とか言われるいじめの被害も報告されています。
「うちの会社のボーナスなんてイーペーコーレベル」とかあまりいい例えにされていません。
ついていたら貰うけど、貰っても大して嬉しくないもの、の例えに使われてしまいます。
最近は赤ウーピンが主流になり、タンピンドラドラで満貫になります。
おかげさまで、タンピンドラドライーペーコー!!、満貫!!。同じ!!。
よりいっそう影が薄くなりました。
7700計算する所でも、300点の価値しかない。
しかも、ですよ。「この苦労のわりに評価が低い」という冠はリャンペーコーにもってかれてるんですよ。
「印象が薄い」という事で印象が深い。
FF5でいうところのクレイクロウの立ち位置。知らない人の為に説明しておくとカーラボスの色違いのボスです。
イーペーコーはそれすらも奪われています。
チャンタはなんか大人のイメージだし。

私は不憫でなりません。
私がもしプロの麻士になったらプロフィールの欄の「好きな役」の所に「イーペーコー」と書きます。
がんばれイーペーコー。
イーペーコーは俺なんだー!!
俺にイーペーコーを作るなって命令しないでおくれよ。

今、イーペーコーなんですよ。
一見役に立たない、そのもの自体はお荷物でも、それを持つことによって他が引き立つものっていうのはあるんですよ。
イーペーコーを頭に置いておく事によって、ハイの偏りに気がついたり、他の役の可能性が見えてきたり、副産物があるのですよ。
そういう、細やかなケアが出来る人がモテるんですよ。
いつも心にイーペーコー。ですよ。



サマージャンボ

なんかジャンボ宝くじの話題が多くて恐縮ですが、宝くじです。
私自身買ったこと無いのでこれまた恐縮ですが、宝くじです。
なんか、ジャンボ宝くじの話になると「一等を当てるには交通事故で400回死なないと当たらない」とか言う人いますが、アホかこいつは。
どういう計算したらそんな事が言えるのか。ぼけ、かす。
無神経にもほどがある。
身内の井戸端会議で言うくらいならいいけど、インターネットとかのブログとかでしたり顔で書いてたりして。
そんな例え話を事故の関係者とかが見て、おおそうか、と思うかっツーの。
その、一等なんちゃらの計算で行くと、事故関係者は大体30年間計算で3500万人、近年のペットブームも考えると7000万人越え。
半数以上が反感買うことを説得の材料としているあたり、頭悪すぎる。
小学校から算数習ったほうがいいのではないでしょうかね。
これでなんか「俺、賢い」みたいなスタンスだから、あげぽよだよ。
別に、何を言おうが自由だと思いますけど、もう少し卑屈になっていってくれませんかね。
豆腐の角に頭ぶつけろ。それで、髪の毛が豆腐まみれになって、その日はなんか気分が一日乗らない。そんな日を設けろ。
というか、これ書いてる時点で私もあんまり変わりませんけどね。
すいません。こんなゴミくず人間ですいません。
おれはごみくずだー。

フラリッシャーの心得 その1



「一円玉を拾うな」という話があります。
1円拾うのに2円分のカロリーを使うので拾うだけ損だ、というわけです。

間違っても、フラリッシャーたるものそのような事は言ってはいけません。
フラリッシュ自体の動きが無駄なので、1円を拾うとか拾わないとかのエネルギー以上消費しているから。
というわけではありません。

フラリッシャーなら、一円玉を落とすな。
落ちる前に掴め!!!

新しい時代を作るのは若者でもない


マツダの車にRX-8というのがあります。
かっちょいい、スポーツカータイプです。
この話になると50%の確率でガンダムの話になります。
なぜかというと、ガンダムの型番がRX-78だからです。
試作名称ですかね。
マツダのRX-8の前にはRX-7という車があります。
このまま開発を進めていくとガンダムを作るのではなかろうか、という算段です。
ガンダムを作るという話になると30%の確率で、実際に人間型のロボを作ると人は乗れない、という話になります。
ガンダムは胸の辺りにコクピットがあるのですが、そこに乗ってると揺れが凄くて、とてもじゃないけど座ってられないらしいです。
脳震盪を起こしてしまうくらいらしいです。
そんなもん、サスで何とかすればいいと思いますけど。
テンピュール枕的なやつとか。
とにかく現実的ではないとの事。

車を作ったときも同じ事言われたのだと思います。
タイヤが丸くて。そんなんじゃ凸凹した所は走れないじゃないか、とか。
ゆれで脳震盪起こすだろ、とか。
まさか、道を全部アスファルトで固めるなどとは思いもよらなかったでしょう。
逆転の発想。
けっこう割とバカだと思います。
でも、助かってるので感謝しています。
私が生まれた時はもう既に舗装された道路ばっかりなので、何が凄いのか分かっていませんが。

技術者には「できる」っていうタイプと「できない」っていうタイプがいて、「できる」っていうタイプは煙たがられます。
大概、適当な理論を立てて、無責任に「できるできる」と言うので迷惑です。
出資者は「やれ」いうし、一般人は「できるでしょ」っていうし。
そんなのをじゅんぐりじゅんぐりしていると、なんとなくガンダムもできると思います。
どこかが欠けると出来ないと思います。
私は「できない」っていうタイプが大嫌いですが、特に「できない」という技術者がいないと、できるものもできなくなると思います。

異口両論


異口同音というのは、違う人に聞いても同じ事を言う、ということです。
大体みんな同じ意見、みたいな意味。
私はてっきり「ハモる」事を言うのかと思っていました。
ハモるというのは同じツッコミを同時にするみたいな。
「ババロアかよ!!」
「ババロアかよ!!」
みたいな、やつ。
もしくは、
「マニュファクチャーだね!!」
「マニュファクチャーだね!!」
みたいな、やつ。
これ続けてると終わらなくなるので、やめますが、そういうのとは違います。

私の異口同音のイメージは「ものさし」ですね。
おっさんに「そこのものさし取って」って頼まれた時、もごもごしていると決まってこう言われます。
「あー、最近の若い者はものさしっていわねーか。定規定規。」
そういうことじゃなくて、見つけられないんだよ。
ふつーにものさしって言うよ。若くても。
なんだよ、ラスト侍アピかよ。
というか微妙なのは「さしがね」のほうだよ。
間違えてんじゃね?
と思いつつ、まあ、ただの見つけられない愚図さに対する嫌味かもしれないので、てへぺろします。
というやり取りを生まれてから別人で5回はやっています。

似たようなのに「最近の若い人はコウモリって言わないか」
ってのもありますが、傘の事ですね。
こっちの方は、少し謙虚でさびしげです。


いや、ですから、異口同音というのはそういう意味ではなくて、人々が口々に同じ意見を言うことです。
「ニコニコプレーヤーZEROは使いずれーよ!!」
「ニコニコプレーヤーZEROは使いずれーよ!!」
みたいなやつ。

日本の形

月は満月の時見ると丸いです。
ひょっとしたら平べったい円形かもしれません。
でも、三日月のときがあるので、なんとなく球体じゃないかと予想できます。
コペルニクスが「地球は丸いし」と言った時も、みんな薄々「まあそうなんじゃねーかな」と思っていたに違いありません。
というか「そうなんだけどさ」と思っていたのでしょう。
コペルニクスの凄い所は、丁半博打で丁が出てるのにやーさんが「半です」と言っているのに対して「いや丁だ」と言っている所で、要するにアカギです。
きっと「このコペルニクス、たとえ戦車を持ってこられようが、出たサイの目は曲げられねぇんだ」とかドスを突きつけられながら言ったに違いありません。
ヒントがあるので、地球は球体かもしれない、というのはなんとなく分かります。

地図を作った人は凄い。
いや、私でも「図書館までの地図」とかなら書けますけど。
道があるから。その道もほぼ直線ですけど。
日本の形とか割り出した人は、人々か、は、やり手です。
よく気になった、と。
自分の立ってる土地がどんな形なのかなんて、スケールがでかすぎてどうでもよくなります。
多分、海辺に住んでた人なんでしょう。
陸地の人だったら、なんとなく「ざっくり丸か四角じゃね?」くらいの発想止まり。私だったら、気にもしていません。
海辺だから、輪郭が気になったのでしょう。
もちろん、私だったら、気にもしていません。
百歩譲って気になったとしても、60歳くらいになってようやく「そういえばこの先はどうなっているのじゃろう」とかいって、手遅れ気味です。

若いうちから動いたのだと思います。その行動力。
探究心か、使命感か、自己顕示欲か分かりませんが、バイタル。
大体、そんなもん作ったとしても、確かめ様ないんだから、誰も相手してくれなかったのではないでしょうか。
権力ありき。
いのうただたか。さんだったか、その辺はクリアしてたのかな。
その前も撃沈している人はたくさんいると思います。

今となっては、私でも日本の形はおろかオーストラリアの形まで知っています。
学校の教科書に載っているからです。
衛星の写真から作ったのか、まあほぼ正確でしょう。
答えあわせみたいなものです。
それもこれもコペルニクスさんが「丸だし」って言ってくれたおかげかもしれません。
よく「宇宙人はいるか」という問いに対して「水と太陽の2つの条件が揃った星はいくつかある」という答えが返ってくる事はありますが、ひょっとしたら月もないと駄目かも知れません。
太陽というエネルギー。水という基盤。月はヒントと目標といった所でしょうか。

それはそれとて、地図の話ですけど。
とはいっても、教科書に載っている地図が本当かどうか私には判断する術はありませんけど。
子供の頃から既に正確っぽい形を見せられてきていますから、疑った所で代替もありませんが。
ひょっとしたら、国連ぐるみで騙しているかもしれません。
飛行機の窓側にのった時に1分くらい地上が見えるときがありますが、その時にチラッと日本の形が見えます。
大体私の知ってる形と同じなので、ちっとは信用してやるか、と思います。
テレビで見るより大きいというか綺麗というか、あわててるわけじゃないけど、芸能人見た時のオバチャンくらいはテンション上がってると思います。

タダより高いものは無い

ZEROという名前のフラリッシュがあるのですが、ZEROと聞くと福本先生の漫画を思い出す人の方が圧倒的かもしれません。
圧倒的ではありません。
アカギとかカイジとかと同じアゴの漫画です。
漫画でいったら、ガンツ書いてる人もZEROと言う漫画を描いていました。今のゲーセンにあるガンダムのコクピットに乗って操作する3Dのゲームとバーチャファイターを足した様なゲームがある話です。
プチSFみたいな感じで、私はちょー面白かったのですが、3巻で終わっています。
人気が無いので終わってしまったようです。
「俺たちの戦いはこれからだ」という終わり方でした。
これが打ち切りってやつですかね。うわさに聞く。
この終わり方は漫画の世界だけだと思っていました。
漫画と言ったらこっちのZEROを思い出す人の方が多いかもしれませんね。
いませんね。
ひょっとしたら私が知らないだけで、漫画だけでも他にもZEROはあるかもしれません。
ゲームもあります。
ストリートファイターZERO。
プレステの和風ホラーゲームもZERO。
ロックマンZEROもZEROです。
ストリートファイターZEROなんか続編も出てるので、最終的にZERO3とかになっていました。
0なのか3なのか。
ZERO3といえば、ウィルコムの端末もZERO3という名前でした。
今はアイホンとかスマホとかが幅を効かせていますが、それよりずっと前にZERO3はあったのに何故幅が効かなかったのでしょうか。
タッチパネルだし、大きさもアイホンと同じくらいだし、ウインドウズ入ってるし、申し分ないではないですか。
やっぱりあれですかね、直感で操作できないとダメなんですかね。
直感で何でも出来ると聞きましたから。
直感で好きな女の子の家を突き止めたり、直感でこれから国道が通りそうな所の土地を買い占めたり出来ないと、満足しないのでしょうか。
それともいきなり、3だったから怒られたのでしょうか、こつこつZERO1からやるべきでした。
ニコニコ動画のプレイヤーもバージョンアップしてニコニコZEROになってますし。
ノンカロリーのチョコレートもZERO。
様々なジャンルにZEROがあふれかえっています。
今や、ZEROより多いものはありません。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。