■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オズの魔法使い

手品を見せたら「本当は魔法使いでしょ。今度からオズって呼んでいい?」と言われました。
まあ、私くらいの腕前だとそのくらい言われて当然ですが、それはまあいいとして。
私はこう言い返しました。
「おじさんだからか!おずさん。おじさんだからおずさん。」
と言おうと思いましたが、それはやめて本当はこういいました。
「どうでもいいけどオズって地名じゃねーの?」
そしたら向こうは
「知らん」といいました。
私もよく知りません。
「オズの魔法使い」ってタイトルは有名だけど内容を知っている人を見たことが有馬記念。
ありません。
でも、変に語呂がいいので、マジックをやっていると結構この単語は出てきます。
手品不思議->魔法でしょ->魔法使い->オズの魔法使い
の乗り継ぎ。
その度に「よくわからん」みたいな話をしています。
私の知ってる情報は、
・女の子が主人公でハイジみたいな服を着ている。金髪。
・ブリキのカカシみたいなキャラがいる。多分仲間。
・オズという不思議な国が舞台。もともとそういうところなのか、異世界的なのかは不明。
以上。
多分、不思議の国のアリスと一緒になっています。
毎度毎度「しらん」では芸が無いので、調べてみました。
ウィキペディアですけど。

-----------------あらすじ
アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシー(Dorothy)は竜巻に家ごと巻き込まれて、飼い犬のトト(Toto)と共に不思議な「オズの国」(Land of Oz)へと飛ばされてしまう。
-----------------
主人公はドロシーでした。ご両親はどうしたのでしょうか。
犬の名前が、トイレメーカーですね。
トートーはここから来ているのかもしれませんね。
次男が社長で「おとーとが継いだから」説もありますが。
そして、やっぱり地名ですがな。
オズは地名。だから、オズって呼ぶんじゃねーよ!!。
まあ、地名が苗字の人もいるからいいか。
岩手県出身でFM新潟のパーソナリティーをやっている声が福山似の千葉ちゃんがいる位だから、まあいいか。

-----------------続き
途中で脳の無いカカシ・心の無いブリキの木こり・臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの都」(Emerald City)にいるという大魔法使いの「オズ」(Wizard of Oz)に会いに行く。
-----------------終わり
脳のあるカカシがいなでしょ。というかブリキとカカシが混じってましたね、私。何ならブリキのライオンもいる感じのイメージありましたからね。
3身合体。
そして、なんだよやっぱり名前なのかよ。
まあ、豊田市もあるくらいですから、オズさんが作った国っつーんだったら、分からなくもありません。
それだけ偉大だということですね。
ところでこれはどっちが先なのでしょうかね。
今言ったように「オズさんが先にいて国を作った」というトヨタ形式。
逆に、オズ県が先にあって、名前がまだついてない頃のオズ(仮にタロウ)が来て、何らかの功績を残して、みんなに慕われて、ミスターオズ的な呼ばれ方をされる様になった。
ミスタージャイアンツ的な、長嶋茂雄形式。
たまたま同じ名前の可能性もありますけど。

まあ、それは知る必要は無いですかね。
オズは地名であり、一人の強魔法使いの名前である事が分かれば十分です。
「オズの魔法使い」だとオズという場所にに魔道士軍団みたいなのがいて、いっぱいいるそいつらの話の可能性もあるわけですから、それに比べたら大分ミストファイナーしました。
これで今度から
「おずさん、だからか!」と自信を持って言える様になりました。
スポンサーサイト

核問題

ハリウッド映画の50%に「核弾頭」が出てくるのですが、またさらにそこから100%の確率で核弾頭は転がります。
大きいスポーツ用の水筒のような形をしています。
透明な水筒に扇風機のマーク。
絶対転がります。
おっちょこちょいな奴がいるか、奪い合いになるかして、絶対転がります。
偶然ですが坂なので。もしくは乗り物が傾きますので。
まあ、やらないとしょうがない、って事なのでしょうからいいのですが、誰か流行語大賞にしてくれれば来年からやらなくなるのではないでしょうか。
四角い器にいすればいいじゃん、とか、紐付けておけばいいじゃん、とか思います。
せめて六角。鉛筆を見習え。
でも、そんな事を考えてるとストーリーが進んでしまっていますので、もう何も考えない様にしています。
ついこの間までは私も「リアリティーが感じられない!!」とかネガティブな事を言っていましたが、逆にそのくらいの方が安心して見れる感じで良い様な気がしてきました。
私も少し成長しました。

話は全然関係ないですが、アメリカつながりでもう一つ。
「アメリカって銃乱射事件が風物詩の様にあるよね」
という超絶おもしろギャグを言いたいのですが、本当に毎年のようにあるので、言うタイミングがありません。
学校に知らん人が入って来て乱射して自殺するパターンのやつ。
普段はおとなしくて真面目だったやつ。
これだから真面目組はこえーよ。
最低でも5年くらい無事故無違反で乾かさないと不謹慎で言えません。
ゴールド免許専用ギャグ。
リアリティーはいりません。
なので、核弾頭は筒状くらいが丁度いいのかもしれません。
球状は、やりすぎ。

てるてるぼうず

まあ、駄洒落なんですが、てるてるぼうず、ってご存知ですよね。
次の日に晴れてほしい時、吊るす手作り人形。
主にティッシュペーパーで作成。
私も子供の頃に作ったことがあります。
で、あんまり気にしてなかったのですが、名前。
てるてるぼうずの「てるてる」はなんとなく「照る」から来てると思ってました。
晴れるのを願うので照る。
いや、それで合ってます。
のですが、大人になってから「テルテール」という単語を知りました。
テルテールは知らない人が多いでしょう。
狭義で自動車の警告灯の事です。
シートベルト付けてないと赤く光るヒゲダンスしてるみたいなマークとか。
響きの通り英語なのですがスペルはtelltale。
この単語を知ってから、てるてるぼうず、はテルテール坊主がなまって、そうなったものと思い込むようになりました。
警告灯ってのはつまり、情報表示なのですが、予告だったり現状報告だったりします。
つまり、てるてるぼうずは元々天気を予見するために使われていた神具の類だったのです。
だったのです、じゃねーよ。私が勝手に思ってるだけです。
例えば、嵐や豪雨、危害を及ぼすものから村の民を守るため長老に予兆を知らせる警告灯。テルテール。
語源はそこから来ているのでしょう。
だから、英語だっつーの。
なんか変な思い込みが出来てしまっています。
しっかり調べようと思ってtelltaleを辞書で調べました。
「他人の私事をしゃべりたがる人; 密告者」
なるほど。
昔は晴れを願うより「雨乞い」の為に天気が気になることが多いでしょうからね。
雨乞いの儀式に使われていたんですよ。
神に雨を願うわけですから、その代償といえば?
そう生贄です。
恐らく村の秘密を他地方に暴露した者は罪人として扱われ、刑として生贄にされていたわけです。
これで起源は忍びの里だということが分かります。
村で隠さなければいけない秘密があるなんて忍者くらいなものですからね。

まとめます。
てるてるぼうずの起源は三重県伊賀の里、忍者が住む村。
初めは雨乞いの儀式の為に生贄にされる者をてるてるぼうずと呼んでいた。
村の秘密を暴露する事は極刑に値し、見せしめとして首を吊られ村の広場に晒される。
異文化の交流に長けていた事から「密告者」を「テルテール」と呼んでいた事は想像にい難くない。
時は流れ、生贄という制度は廃れる。
名残として生贄を模した人形が使われる事になる。
天気をつかさどるシンボルとして、同じ名前で呼ばれる。
実際の所、日本ではあまり干ばつに悩まされることは無いので、雨乞いの為の神具としての意味合いより、天気を占う為の交信器としての意味合いが強くなる。
現代では貯水技術も発達し、雨天よりも晴天を願う事が多くなり、晴れを願う時のみ使うおまじないの道具として、民衆になじんでいる。

と「てるてるぼうず」のウィキペディアのページが開く前に考えたのですが、普通に「照る」でした。
どうですか、このどうでもいい感。
雑学で「三菱鉛筆は三菱財閥と関係無い」と聞いた時くらいのどおでもよさ。
気にしたことねーよって。

パーケン王に俺はなる!!

浅田さんのブログに「人差し指を口にあて」というタイトルの
「蕎麦屋に行くと、常連特権で店の人が少し大盛りにしてくれるけど、それに関しては双方何も言わないのがエレガンツ。」みたいな内容を伸ばした文章があります。

浅田にはニコニコキングオブコメディーの第64回のパーケンの加湿器とホットカーペットと1階の床屋の特技の話を聞かせてやりたい。

私はパーケンさんのような大人になりたい。

エレガンツさかい

包装紙を綺麗に剥がして取っておく人がいます。
いつか使うかも知れない、とか言っていますが使っている所を見たことがありません。
私はどちらかというと綺麗にはがすたちですが、取っとくのが苦手なので、使う前にどこかにいってしまいます。
さて、この包装紙、破くのと綺麗にはがすの、どちらがエレガンツなのでしょうか。
包装紙の存在意義は二つあります。
まず、贈り物としての記号化。
二つ目は、誰も開けていない事の証明。
包装紙というのは、もともと「誰も開けてませんよ」という意味がこめられています。
なんか、嘘かほんとか知りませんが、昔、ヨーロッパかアメリカで、贈り物と見せかけて中に爆弾を入れるというテロルがあったそうで。
それを防ぐために、デパートの店員が最後にしまったという証明の為にラッピングしたそうです。
なので、包装紙というのは必ずその店のロゴが入っています。
この話が本当だとしたら、やっぱ欧米人はバカだなと思います。
まず、どんだけ不器用なんだよ。そんくらい剥がせるだろ。
それから、爆弾を入れられないメリットよりも、万が一その包装紙を使われて爆発された時のリスクの方があまりにも大きすぎる。
逆宣伝もいいところです。
なので、実際の所はそれを大義名分とした宣伝効果を狙ったものだと思います。
買う側からすると中身が見えないワクワク効果。

とはいうものの、包装紙の生まれてきた意義としては、やはりワンショットデバイスです。
綺麗にはがされて次に使われるようなことがあると、包装紙の立場から見ると正しい生き様ではありません。
中を出す時にビリビリに破られて2度と使えなくなる状態が包装紙としては正しい姿。
つまり、包装紙は使うのは勿体無いがそれを取っておくのもまた勿体が無い。
捨てたほうが威厳を保てる。
という逆転現象が起こります。
個人的な意見を言うと、相手の存在を尊重しているスタンスの方がエレガンツだと思いますので、ずばり。
破くほうがエレガンツ。
それか、綺麗に剥がしてもいいけど、その場で燃やす。

と、思っていたのですが。
最近は100円ショップにもロゴなしの包装紙は売られています。
デパートも包装の簡素化とかなんかで、袋に入れるだけの、いわゆる見た目だけに特化した、何回でも出し入れできるようなラッピングをしたりしています。
そもそも、爆弾入れる奴なんて現代に存在しないし、証明がなんちゃらとか言ってるほうがナンセンス。
気に入った包装紙は取っておいてもいいじゃない。
破かないほうがエレガンツ。
具体的には音を立てずにぺりぺりやる。

はい。
そうですね。
ああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
贈る相手がイネよぉぉおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーー。
くれる相手もいねーーーーーーーーーーよーーーーーーーーーーーーーーーー。
余計な心配事は考えないのがエレガンツ。

教育方針


がきの使いやあらへんで、って今もやってるのですね。
私が高校の頃からやっていました。
昔はフリートークがメインでした。
ハガキのコーナーだったか、話の流れでそうなったかは忘れましたが
フリートークの中で「子供のお小遣いについて」みたいな話になったことがあります。
当時まだオールバックだった頃の松本人志さんはこんなことを言っていました。
「俺は子供が小学校に上がった時点で1000万円渡す。それで終わり。」
みたいな事。
これにどれくらいギャグが入っているかは分かりませんが、
「それで教育費とか自分で計算させる」という様なニュアンスも言っていたので、
「小さい頃から自律させる」という意図が入っているのだと思います。
さすが、頂点に立つ人は言う事が違うなと思いました。
記憶力の悪い私が覚えているくらいなので、おぼろげながら私も同じような事を考えていて、それに沿っていたからだと思いますが、発言できてるのはある程度頭の中で転がした事があるからなのだと思います。
パッと1000万円という数字がでてますし。
確かに食費、家賃、光熱費を引くと大学出るまで、大体1000万くらいです。
塾とか行かなければ割と贅沢な暮らしが出来る金額。
でも、今、思うと、駄目だろ。
私が子供だったらすぐ使い込んじゃうからダメです。
WiiUとか無駄に2台とか買うと思います。バカなので。
アイフォンとエクスペリアの2台持ち。バカなので。

なので、考えたのですが、私は子供ができたら、お小遣い上げない。
中学校の義務教育までは払いますが、それ以外は無し。
クリスマスプレゼントも誕生日プレゼントも無し。
厳密に言うと小学校に上がった時点で1万円だけ渡します。
そこから増やすには、私から奪い取らせる形式。
とどのつまり、麻雀である。
麻雀で私に勝ったらレートにしたがって支払い。
まー、麻雀でも何でもいいのですが、ギャンブル。
これにより、幼い頃から、賢明さ、建設力、勝負強さ、を鍛えます。
泣き付いてきてもダメです。
「お父さん動物の森がほしいよーぉぉぉ」とか言って来ても
「私を倒してから買いなさい。」といいます。
世の厳しさを叩きつけます。

リーチ!!。
オーラス、2000点差を捲ろうと愚形のカンチャンリーチですよ。
13もちの2ピン待ち。
ドラ1あるので、ツモっても出あがりでも逆転。
しかし、そんなに世の中甘くない。
私は2223もちで2ピンを握りつぶしている形。もう一枚はドラ表示だ。
当然追っかけリーチ。134ピンの3面チャン。
私の息子は一発で1ピンをつかみ、私はロン。
ゲームセット。
歯を食いしばる息子。
こんな事を何回も繰り返してるので、泣き叫ぶような事もなくなった。
涙は流しているがね。
「もうすこしだったのにっ。」
頭の中はその台詞の連呼だろう。
一粒目の涙が頬を伝うか伝わないかといった所で、卓上に7枚の千円札と500円玉が投げ出された。
!!?
「とうちゃんフリテンしちまってたよ。お前の勝ちだ。」
「よく見ろ。常に冷静に。次からは黙ってるからな。」
そう言って背中越しに僕の肩をたたき、父さんは居間に戻っていった。


やっぱ、めんどくさいので普通に上げよう。

いけすかないもの

「若いうちは仲間とバカやりな」という人生の先輩感
バカやりな・・・・ってなんだよ。仲間って、なかまゆきえしか知らんよ。

「元気印」というレッテル
この免罪符があればなんでも許される。分けねーだろ。
免罪符ってなんだよ。絹ごし豆腐しかしらねーよ。

「これネタだから」という支配からの卒業
ネタ・・・・ってなんだよ。現実逃避すんなよ。

カーズオブザイヤー2012

カーズオブザイヤー2012

今年は
・アビエーター赤
・wynnデック赤
・wynnデック青
・エレファントバイシクル 2個
・フライヤーズ、オレンジ。
を開けました。

全部、どさんこくんさんがスポンサーですが、このほかに触ったデックは
・オールドアビエーター、赤
・オールドアビエーター、青
・ペコデック
・シックな感じの黒のバイシクル
・鷹の絵が描いてるやつ
・チャイナな感じのやつ
です。

とにかく一番触ったのはアビエーター。
私があけたのはエンボスなしのツルツルアビエーターで、まとまりもよいし、すべりもよいです。
オールドアビエーターは少しエンボスがついていますが、これもこれで使いやすいです。
柄がシンプルというか100均のトランプみたいです。
10人いれば10人ともそう言います。
なんかかわいそうです。
だからというわけではありませんが、今年はアビエーターしか使っていません。

そんで、今年のカーズオブイヤーは、どろどろどろ。
どん。ペコデック。
ぱちぱち。
だがしかし、ペコデック。

ペコデックのペコは不二家のペコちゃんのことです。
コンビニでやっていた一番クジの景品らしいです。
どちらかというと、はずれ景品。
しかしながら、ポーカーサイズであり、紙もしっかりしています。
エンボスは無く、激ビニールコーティングでつるつる。
日本製でしょう、裁断が完璧。エッジが絹の手触りです。
絵柄はペコちゃんがメインのイラストで、まあかなり派手な部類です。
しかしながら、黄金比率で出ているペコの舌は見るもの全ての心に微笑をもたらします。
カード自体は硬くて、スプリングとか難しいですが、パケット分け系は超やりやすいです。

事実上非売品ですし、もう手に入りませんが、別のキャラクターでもいいので同じ仕様で作ってもらいたいところです。
だめなら、あきらめて自分で作ります。

雪ではしゃぐ女がいけ好かない

雪ではしゃぐ女がいけ好かない。
雪ではしゃぐ男はもっといけ好かないけど、それはもうどうでもいい。
かわいいとでも思ってんのか知らんけど、雪はつらいんです。
雪国に住んでいる者なら雪にまつわる苦労した思い出の一つや二つあるんです。
怪我をしたとか、事故にあったとか、待ち合わせに間に合わなかったとか。
雪かきの大変さとかみんな共有しているんです。
「降りましたね」「降りましたね」
の挨拶でその後ろにある事をやり取りできる気遣いがあるんです。
また、車と雪ってのが相性悪くて、うなぎと梅干より良くありません。
自然に言葉は通じないし。
かといって、車がないと何も出来ないし。
雪国の人間はその排他関係の接点で生活しています。
私だって別に思いやりのある人間ではありませんが、その中で生活しています。
急に振り出した雪で除雪が間に合わなくガタガタになっている駐車場がありました。
そこから少し大きな道路に出ようとしている車が雪にハマりました。
私の前の車です。
ぶーきょーきょーきょーきゅるきゅる、いってます。
親切というか思いやりというか、その車が出ないと私も出れませんし、他誰もいませんので、私は車から降りて手伝いました。
ジョジョの4部で似たようなシーンがありますが、学ランの男が雪道で自分の学ランを犠牲にして助けてくれます。「走り出したら、礼はいらないから、そのまま走り抜けろ」的な事を言います。
かっこいいやつ。
私は学ランを着ていませんが、車にたまたまいらないダンボールの切れ端がありましたので、それを敷いて、
そのまま言いましたよ。
「出たらそのまま行って下さい。」
非力な私が押したくらいでは効果は無かったと思いますので、ダンボールのおかげだと思います。
クリーム色の車は本気を出して吹雪の中に溶けて行きました。
この時、どんな気持ちだと思いますか。
もちろん、本当は少しはお礼がほしいなどとは微塵も思いません。
ましてや、戻ってきて感謝されたりしたら、げんなりです。
なんか、実はカメラが回っててこのかっこいいシーンを実は取ってて実は全国ネットで俺主人公。などとは微塵も感じません。
ただただ一つのミッションをこなしたという機械的な達成感だけです。
そして高揚も消沈もしないまま自分の車に戻ります。
同じ所でハマりました。
(´・ω・`)ショボーン
ダンボールはぐしゃぐしゃな感じだし、学ランの男も見当たりません。
というか、別に誰かに助けてもらいたいわけでもないし、自分だけ損してるなんて事も思いません。
ただ、こんな時、黙ってそっと抱きしめてくれる女性がほしい。
そういう女はいけ好きます。

曲線定規

私が小学生の頃はアシックスでした。
アシックスかプーマ。
中学生くらいの時にアディダスが来て。
あと、カッパーですかね。
背中合わせで体育すわりしてる2人の、M字開脚みたいなマークのやつ。
で、最後にニューバランスとナイキです。
私の中でナイキは後から来て一番強い感じです。
だからナイキはプレステみたいな存在です。
ナイキは体調が良い時のうんこみたいなマークをしています。
シンプルな曲線なのですが、あれを見ると曲線定規を思い出します。
曲線定規には3種類あって、
・ゴムの長い文鎮みたいな、くねくね曲がるやつ。
・雲形定規といって、ぐちゃぐちゃな形をしているテンプレート。
・それから、ナイキのマークみたいな50cm位のプラスチック版。
です。
2番目の奴は100円均一でも売っていると思いますが、1番目のやつは画材屋さんとかに行かないとないと思います。
意外に一番高いのがナイキで、海外から取り寄せないと無い、みたいな感じのものもあります。
学校に行っていた頃、教授がナイキを持っていて、1枚2万円とか言って3本セットを所持していました。
なべ敷きにも使えないようなプラスチック版が2万円です。
ばかじゃねーの、と思いました。
なんか、あんま作ってないし著作権やブランドやなんやらでそのくらいの値段らしいです。
何の工夫も無いほんとただの板ですよ。
教授から借りて、そのナイキを丸々トレースし、ホームセンターでアクリル板を買ってきて、Pカッターで切り、クローンを作成しました。
私のは、蛍光のアクリル版で作りましたので、エッジがきらりと光ります。
その分かっこいいです。
この前向きな姿勢が教授にも褒められ、気分上々で使用しておりました。
ある日、学校の机にほったらかしで置いておいたら、なくなっていました。
盗まれました。
そんな手作りキラキラナイキが欲しい奴はいません。
仮に欲しかったとしても使ってたら盗んだのすぐばれるし。
そうです、私はいじめられていたのです。
ひどい。
あれ作るのになんだかんだ言って、アクリル板だって5000円位したし。
綺麗に切ってエッジのヤスリがけとか考えたら結構な手間ですよ。
時給1万円で考えたら、10万円くらい盗まれたのと同じですよ。
ひどすぎる。無情。
という様な話を大人になってから知り合いにしたら、
「それはいじめじゃなくて、いじめっ子が仕返しにやられるやつです。」
と言われました。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。