■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼は内

5つくらい前の作文で「フラリッシュの鋼材」を検索1ページ目からうっちゃってやった、みたいな事を書きましたが、道連れかなんか知らんけど、ついでにこのブログも検索で出ないようになりました。
なんでやねん。
なんか魔王を封印するために人柱となって、封印の扉に宿った伝説の男みたいでかっこいいですね。表向きには行方不明になってて、でもその息子(主人公)が冒険を続けるうちに謎が明かされていく。
(世界征服をたくらむオメガによって異界の狭間のバランスが崩れて魔物の数が増えてきている為)
(しかしオメガも、一見平和を掲げながらも争いを誘発させ、甘い汁を吸っている腐れきった元老院を壊滅するためにやっているので、完全に悪とも言えない複雑な関係)
とか言ってる場合じゃねーよ。
ここはフラリッシュ関連で最も有名なブログだぞよ。
フラリッシュ管理局は何やってるんだ。
今風に言うと、フラリッシュ管理局仕事しろ。

その代わり、グーグルの検索対象を「ウェブ」にすると、一番初めに「フラリッシュ - Yahoo!知恵袋」が出るようになりました。
前までは1ページと2ページ目の狭間でしたけど。
というか、人によって違うと思いますけど。
というか、どの代わりか知りませんけど。
しかし、まあ、ヤフー知恵袋のマジックカテゴリーもしばらく見ないうちに全く変わってませんでした。
間違えて
「学校の友達がマジックを見せてきて悔しいので、私も仕返ししたいです。簡単に出来てみんながあっと驚くようなマジックを種明かししてください。出来ればトランプの手品がいいです。真面目に教えてください。」
とか、書こうものなら、
「不特定多数の人が見る場所で種明かしは出来ません。これはマジックの原則です。その程度の基本的な事が分からない人に教えることは何もありません。大体、簡単に出来るマジックなどありません。そういう甘い考え方を持っていると将来苦労しますよ。しかも、「仕返しの為」とは聞いてあきれます。そのようなことにマジックを利用されるとマジシャン全員に対して迷惑です。どちらが真面目になるべきか、自分の胸に手を当ててよく考えるべきですね。そういう人は大体子供の頃から周りが見えない人格であることが多いです。通信簿に「協調性が無い」「自己顕示欲が強い」などと書かれていませんでしたか?。そもそも・・・・・・・・」
と、質問文の5倍はあろうかという文章で現在過去未来に渡って、ほふられます。
しかも、5人くらいにぼこられます。
通常の神経をしている人間では立ち直れないでしょう。
軽い気持ちで質問をしてはいけません。
「普段着で来てください」ですよ。
間違ってゆにくろの服で行くと、「あら、そういう軽装でもよかったのでございましたの?わたくしもそうすればよかったですわ。動きやすくてうらやましいですわ。」ですよ。
いつも楽しみにしているブログにドキドキしながら初コメントしてみたら、「意味が分からない」とか「よく読め」とか「そういう意味じゃない」とか「別にコメントしなくていい」とか「それは興味ない」とか言われるのと同じくらいショックだと思います。

人間、外に出ると7人の敵がいる、なんてこといいますが、最近は外に出なくても7人くらいの敵がいるようです。
しかもネットの場合、玄関先に5人くらい待機してるみたいです。
スポンサーサイト

今まで「見て損した映画」は一個もありません

最近見た映画は牙狼と書いてGARO(ガロ)という特撮ヒーロー物の劇場版です。普段は深夜枠のテレビ番組らしいのですが、見たことはありません。ニコニコ動画で無料配信していたので、少し見ました。最終回だけ見ました。
パチンコのキャラとして有名らしいです。
金ぴかのお面をかぶって魔物みたいなのと戦います。
それから、もう一個見ようと思ったのがAKBのドキュメント物です。ライブの裏側などを映したみいなやつ。
多分第2弾らしくて、1個目のやつがなかなか面白いと評判だったので、見てみたかったのです。
が、なんか1時間くらい待たなければいけなかったので、定食屋に行ってしょうが焼き定食を食べに行きました。
そしたらもうなんか、行くのがめんどくさくなったので行かないで漫画喫茶に行きました。
そしたら、漫画喫茶はいろいろなサービスがあるのですが、アニメチャンネルとかいうやつで、いろんなアニメが見れるサイトがただで見れるみたいなサービスがあるので、そのサービスを利用しない手はないと思い、サービスを利用して、利用してといってもブラウザ上でクリックするだけですが、アニメを見るサービスを利用しました。
そしたら、丁度「AKB0048」というアニメがありまして、AKBの映画の代わり、それを見てみました。
代わりといっても大きく違う点は映画は正味2時間くらいなのですが、アニメの方は20話まであるので、10時間くらいかかります。
その事に見終わった後で気がついたのは大きな誤算でした。
誤算というか、あらかじめの計算もしていませんでした。
しかも、まだ完結していないアニメでした。
お恥ずかしながら私はAKB48の事はよく知らないのですが、少しだけあったイメージがそのアニメを見てがらりと変わりました。
強い子達ばかりだな。と思いました。


マイク型ビームサーベルとか振り回してたし。
マクロスみたいな変形型ロボットに乗ってたし。
まゆゆは腕が機関銃みたいに変形していました。
正確に言うと「第12代目まゆゆ」だったかな・・・。
どうやら、襲名制度らしくてその星暦000048年では、ああ、いい忘れてましたが未来の話でして、その初代の名前を継ぐことが最高峰の栄冠とされているようです。
星暦000048年では「芸能」が禁止されている区域がざらにありまして、かなりすさんだ未来となっています。
そのアイドル活動禁止の中、AKB0048は人々に夢を伝えるヒーローのような存在です。
AKB0048、芸能活動管理局、芸能活動禁止過激派DES、三者三様の思いが交錯する中、また硝煙弾雨ミサイルが飛び交う中ゼロゼロ(AKB0048のこと)のメンバーはゲリラライブを開催し歌い踊るため、銀河を股にかけるのです。
ああ、いい忘れていましたが宇宙の話でして、フラリングゲットとかいう宇宙船にのって、様々な星へファンに会いに行きます。
星によっては規制が厳しい所もあり、しかし現地のオタ(ドル禁過激派に対抗するレジスタンスみたいな仲間)の支援もありつつ、危機を乗り越えていきます。
まあ、ゼロゼロは強いですから。最終的に宇宙空間でもオッケーみたいになってましたし。
そんなゼロゼロにあこがれ、オーディションを受け研究生からステージへ立つ少女達の成長を記した人間ドラマです。


念のために言っておきますが、たまに書く私の訳の分からない作り話ではありません。
そのままです。
2つものよい作品に出会えたと感謝しております。
ただ、一つ危惧される所として、最近の映画の風潮で人気ネームを2つ掛け合わせなんて事がありまして、エイリアンVSプレデターとか。
コナンVSルパン3世とか。鬼太郎VS悪魔君とか。
中には昔からあるのもありますが。
「GARO VS AKB0048」だけはやめていただきたいです。

ブロマガ計画

このブログの下部、アクセスカウンターをご覧になるとご確認いただけると思いますが、一日平均50件ほどのアクセスがあります。
一日50名の方に閲覧していただいていることになります。
これを一人一万人分と換算すると、一日50万アクセスのあるブログになります。
ご盛況ありがとうございます。
これもひとえに、有益な情報や私の考案したマジックやフラリッシュのアイディアを惜しみなく提供している賜物と自負しております。
つきまして、当ブログは今後ブログマガジンとして発信していきたいと思います。
値段は月3万円。
少々強気の金額ですが記載されている情報の価値を考えると仕方の無いこととご理解ください。
そうはいっても学生様等には手の届かないお値段。
赤字覚悟で初回サービス期間を設けました。
1000名様に至るまで1万円の価格でご提供いたしたい所存でございます。

何が面白いのか分からなくなってきました。

尚、新規顧客を紹介していただいた方には、紹介した人数に応じて毎月「紹介料」という容で購読料の50%を還元いたします。
これにより3名以上紹介いただければ毎月紹介者様に利益が発生します。
がんばってちょんまげ。

あーもー書くことねー。

冷凍シュウマイ

ユーチューブのマジック動画などを見ているとよく「現象は既存ですけど、こんな解決方法があったとは。参考になりました。」という様なコメントを見ます。
1日5件くらい見ます。
感心している様を見せつつ「既存ですけど」の部分で「俺もそれなり感」を出しています。
典型的な「前告知型一言余計文法」です。
褒めるなら褒める。
けなすならけなす。
どっちかにしてもらわないと気持ち悪いです。
冷凍シュウマイの加熱を失敗して外だけ熱つくて中凍ってるみたいな。
まあ、褒めてあんまり調子に乗られるのがしゃくなのでしょう。
それを押さえつけたくなるのも当然の欲求かもしれません。

そんなことは、どうでもいいです。
どこまでが既存でどこまでがオリジナルか。
このテーマはマジックにおいて永遠のテーマと言って良いかも知れません。
などとよく聞きます。
1日5回くらい聞きます。
少し厳しい事を言うようですが、私の意見を述べさせていただきます。
非常に書きにくいですが、心を鬼にして書きます。
そんなテーマ、マジック初めて1ヶ月くらいで解決しろや。
なにが永遠だよ。あほか。
思考能力が低いんだよ。精神レベルが低いんだよ。
バーカ。バーカ。
まあ、心を鬼にするとざっとこんなもんです。

優しく言うと、大切な事はお客様にとってどう映るかであってオリジナルかどうかは拘泥することではないですよ。


既存でもオリジナルでもマジックのタネなんかどの道誰でも思いつくような事しかやってませんので、そんなことはどうでもいいです。
それよりも「ゆびぱっちん」です。
ここ2~3年マジック動画とかマジックのテレビ番組とか見ていませんでした。
久しぶりに見て気になったのはゆびぱっちんです。
やっぱ、ゆびぱっちんはダサいですよ。
日常生活で、ゆびぱっちんと言えば、レストランでウエイターを呼ぶ時と「ナイスアイディア!!」の時しか使いません。
それも、なんというか「3枚目が2枚目の真似をしてかっこつけようとしたけど、やっぱりダサい」という演出のみで使うものであって、ダサいです。
ダサおもしろ。
ところがマジック界においては何故かかっこいいおまじないとして扱われています。
前田以後です。
というかもともと、前田智洋さんも「ダサい男がかっこいい感じを出してる感じでオトボケな感じ」というキャラだったきがしますが、だからゆびぱっちん使ってのでしょう。
いまじゃ猫も杓子もゆびぱっちん。
マジックをはじめると見慣れるので気になりませんが、久しぶりに見るとやっぱり笑ってしまいます。
という、私ももう癖になってますのでおまじないでゆびぱっちんを使ってしまいます。
マジシャンはバカみたいにゆびぱっちんします。
もう麻痺しています。
既存かオリジナルか、とか議論する前にその固着した常識を何とかしろよ、ほんとに。
マジック初心者を脱するにはまず禁ゆびぱっちんをする事からでしょう。
善良な市民は普通ゆびぱっちん見たら笑うんだよ!
その辺の意識の違いに気がつかないで「お客様の立場になって」とかギャグかよ。
まったく。

しかし、私もゆびぱっちんの癖が抜けません。
中が凍ってる感じ出ましたでしょうか。

//正方形と正円の面積の関係

昨日なんかごちゃごちゃ言ってたやつ解けました。
ありがとうございました。
一応したに式を書いておきます。
無駄な文がたくさん書いてありますが、気にしないでください。

ちなみに、これをコピーして「メモ帳」に貼り付けて
「 かまぼこの美味しいところはあえて食べない(ピンク).js 」
などの適当なファイル名にしてダブルクリックすると、
味気のないウインドウが出てきます。

ただ、なんつーか、本当はこの逆で比率から長さを求めたいのですが、それはもう少しあとのお話。




//正方形と正円の面積の関係

//下の二つだけ値を変える

var en_ln = 0.6;//円の辺の長さ 0から 0.71くらいまで、 0.707を超えると円が充填するので意味なし//Math.sqrt(2) * 0.5;//0.5;//Math.sqrt(2);
var hen_l = 1; //正方形の辺の長さ まあ、これは1のままでいいでしょう。
////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////


var keta = 10000 ;//桁数 1000で小数点以下3


var ans01 = 0; //正方形の面積
var ans02 = 0; //円の面積
var ans03 = 0; //かまぼこの面積
var ans04 = 0; //充填している面積

var ans05 = 0; //四角と円の比率
var ans06 = 0; //四角と四角の円で埋めているところの比率

////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
main01();
//main02();

WScript.Echo (
"\r 正方形の辺の長さ:" + hen_l +
"\r 円の半径:" + en_ln +
"\r ----------" +
"\r 四角の面積:" + ans01 +
"\r 円形の面積:" + ans02 +
"\r かまぼこの面積:" + ans03 +
"\r 充填部分の面積:" + ans04 +
"\r ----------" +
"\r 四角と円の面積比率:" + ans05 +"%"+
"\r 四角と四角の円で埋めているところの面積比率:" + ans06 +"%"

) ;

//return;
////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////

function main01(){

ans01 = Math.pow(hen_l, 2);//四角の面積 hen_l * hen_l
ans02 = Math.PI * ( Math.pow(en_ln, 2) );//円の面積

squp = hen_l / 2 ; //正方形の上半分の長さ

//WScript.Echo (squp * Math.sqrt(2) );
//直線ax+by+c=0と、中心(x1,y1)で半径rの円の交点。
// hen_l /2 = y -> 0 = y - hen_l /2 -> 0 = (x*0) + (y*1) - (hen_l /2)
//cli(a,b,c,x1,y1,r){
if ( ( squp * Math.sqrt(2) ) < en_ln ){//四角形の対角線より半径が大きい場合 充填しているので計算不要
ans03 = 0;
ans04 = ans01;
}
else if ( squp >= en_ln){//四角形より半径が小さい 達していない計算不要
ans03 = 0;
ans04 = ans02;
}
else{
sessn = cli(0,1,(hen_l / 2) * (-1) ,0,0,en_ln);
kamaboko_igai = sessn[1].x * squp / 2;//ピザに切った1/8の「かまぼこを有した扇型」のかまぼこ以外の三角形のところの面積
//sessenmadenonagasa = Math.sqrt(Math.pow(sessn[1].x,2) + Math.pow(squp,2) ) ;//接線までの長さ ピタゴラスイッチ
sessenmadenonagasa = en_ln;//あほか接線までの距離は円の半径に決まってんだローが

k_k = kamaboko_kakudo(sessn[1].x,sessenmadenonagasa);////三角形 短いところ y と 長い辺 z の変を持つ三角形の角度

k_w = k_k / 360;//かまぼこを有する扇型の円に対する割合
//WScript.Echo (k_k );

ans03 = ((ans02 * k_w ) - kamaboko_igai) * 8 ;//扇型から三角形部分をカット+8個分あるのでかける
ans04 = ans02 - ans03;//充填している面積
}


//WScript.Echo ("x:" + sessn[1].x + " y:" + sessn[1].y );
//ans04 = kou_ten_basyo(hen_l,en_ln);
//ans04 = ans02 -


ans05 = ( Math.round (( ans02 / ans01) * keta ) / keta ) * 100 ;//面積比 パーセント
ans06 = ( Math.round (( ans04 / ans01) * keta ) / keta ) * 100 ;//面積比 パーセント

return;
}

///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////


function main02(){

return;
}



//1個=πr2乗-{πr2乗*(180-θ)/180+8r2乗}

///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
//三角形 短いところ y と 長い辺 z の変を持つ三角形の角度
function kamaboko_kakudo(y,z){

dblRadian = Math.asin(y / z)
Dgr = dblRadian/(Math.PI/180);
return Dgr;

}
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
//直線ax+by+c=0と、中心(x1,y1)で半径rの円の交点。
function cli(a,b,c,x1,y1,r){
var l = a*a+b*b;
var k = a*x1+b*y1+c;
var d = l*r*r-k*k;
if(d>0){
var ds = Math.sqrt(d);
var apl = a/l;
var bpl = b/l;
var xc = x1-apl*k;
var yc = y1-bpl*k;
var xd = bpl*ds;
var yd = apl*ds;
return [
{x:xc-xd,y:yc+yd},
{x:xc+xd,y:yc-yd}
];
}else if(d==0){//接点の場合
return [{x:x1-a*k/l,y:y1-b*k/l}];
}else{//達していない
return [];
}
}
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////
/*
function kou_ten_basyo(v,r){
var x=0;
var y=0;//円の中心位置

if( v.length > r ){
//距離が半径より大きい場合、交点なし
return [];
}
else if( v.length < r ){
//交点が2つ
var drad;//:Number;
var irad;//:Number;
if( dv.length>0 ){
//距離ベクトルの角度
drad = Math.atan2( v.y, v.x );
//距離ベクトルから交点の角度
irad = Math.acos( v.length/r );
}else{
drad = Math.atan2( b, a );
irad = Math.PI/2;
}
return [ new Point( x + r*Math.cos(drad+irad), y + r*Math.sin(drad+irad) ),
new Point( x + r*Math.cos(drad-irad), y + r*Math.sin(drad-irad) ) ];
}else{
//接線
v.offset( x, y );
return [ v ];
}
}
*/
///////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////

書くほどでもないこと


月見草さんのブログを見たら、思いっきり転んだ、みたいな事が書いてあったので、このくそまぬけが、と一瞬思ったがよく考えてみたらこないだ自分もコンビニの駐車場の特に路面が凍結しているわけでもない平地で車から降りて小走りで入り口まで行こうとしたとき、自力で2mくらい吹っ飛ぶ転び方で転んでいる。
パチンコ行こうと思ったんだけど手持ちが無いのでお金を下ろしに行こうとした夜である。もちろんその後負けた。

ナポレオンの辞書には不可能という文字が入っていないらしいが、私は辞書すら持ってない。

前に私が「ブログのリンク張るのにいちいち聞いてくるんじゃねーよ」と言ったら「何でそんなこと言うんですか。詳しく説明してください」としんさQさんに言われて「今度ブログで書くわ」と言ったきり書いてませんでしたが、きっと「インターネットにおける情報は公開した時点で覚悟があるから勝手にしろ」とか「それにかっこつけて宣伝したいだけだろ」とか言う答えを期待していたのだと思いますが違います。
「相互リンクお願いします!」と来る人のブログは1ヶ月で終わるから。消すのがめんどくせーから。です。
という事を書こうと思ったのですが、よくよく考えてみたら私、あすぱらさんに「相互リンクお願いします!!」って言ってまして、続けば続くほど書きづらくなっていくのです。

私、時たまニコニコ生放送というサービスを使ってフラリッシュをテーマにした動画配信をすることがあるのですが、やっぱり一番うれしいのはwwwwwwwwwwwwwwwで画面が埋め尽くされる時です。
でも、このwww。仮に本当に笑っている場合押す余裕などありません。
だから、押す余裕のあるくらいのwwwです。
それはいいのですが、問題はちっとも面白くないのに押すwwwです。
場を盛り上げる為とか「このポイントで受けている事の俺の面白さ」というボケの為のwwwwが問題です。
義務的なww。
結論から申し上げますと、研究した結果本当に笑っている時のwwwwは15プラスマイナス2であることが分かりました。
タイミング的に15個のwの時は本当に面白いときです。
ダブリューを長押ししてエンター。
ダブリューを長押ししてエンター。
この長押しのタイミングが笑いのサイクル的に15個分なのです。
それ以外は嘘www。冷静wwwです。
と書くと15に合わせて来やがるので「間抜けは引っかかったな!」といってやろうと思いましたが。
私の動体視力がそんなによくない事が盲点でした。

レインボーサギ

この間、朝からちょっと用事があったので珍しく駅前に行ったら、知らないオヤジに声を掛けられた。
宗教の勧誘かなんかかと思ったら、スーツを着た一般的なサラリーマンである。
聞くところによると、財布をなくしたのでお金を貸してほしい、との事。
東京から出張で来たらしいのだが、新幹線に上着を置きっぱなしにして忘れて、財布も携帯も新潟まで運ばれてしまったらしい。
不運な人もいるものだ。
オヤジ「仕事できたのですが、会社にも連絡取れなくて。お客様にも迷惑をかけてしまうので困っています。」
俺「そうですか。」
私はこういう困っている人を見るといつも思うことがある。
人の不幸は絶品じゃーーーーー。けたけたけたけた。
でも、まあ、かわいそうなので、豆知識を教えてあげた。
俺「そういう時は、交番で頼めば貸してくれますよ。」
オヤジ「それが、そこ留守でした。」
俺(ムカ)
そんなんで市民の安全が保てるのかよーーーー。
オヤジ「ここあまり人通りも多くなくて、頼れる人がいなくて困ってます・・・・。」
俺(そうか、今このオヤジを助けられるのは私しかいない)
俺「それは困りましたねぇ。」
オヤジ「新潟までいければいいので、その分貸してもらえないでしょうか。戻ってきたら今日お返しします。」
俺(新潟までだったら2000円くらいあれば余裕かな)
俺「5000円くらあればいいですかね。」
オヤジ「申し言い訳ありませんが切りのいいところで1万円お願いできますか?」
俺(!!1万?・・・・・・・・・・・・。ま、でも、1万くらいならいいか)
俺「いっすよ。」
オヤジ「書くものありますか?後で電話するので番号教えてください。」
そこで、私は重大な事を思い出した。
困っている人にお金を貸す時の流儀を。
俺「いや、1万円なら返さなくても結構です。」
私は財布から1万円を取り出し、両手でつまむ。
マジシャンがやるように目線に掲げた。
そんで、くしゃくしゃに丸めて、後方5mくらいにポイ。
背面投げ。
笑顔で「どうぞ」。
俺「早くとりに行かないと風で飛ばされちゃいますよ。」
オヤジは少し驚いたような顔をしたが、
オヤジ「あ、ありがとうございます。」
札を拾いに行きやがった。
私はそのまますれ違うようにして去るのだ。
オヤジは屈辱に打ちひしがれているに違いない。けたけたけたけた。
西部劇の転がる干草のように飛ばされる札。
歩道のタイルと万札が奏でるカサカササウンドがたまらん。
この音を聞くためだったら1万円くらい惜しくは無い。
私はすぐに角を曲がり身を隠した。
オヤジが私を追ってくるかもしれないからだ。
なぜなら。
お前が万券だと思って必死に拾いに行っているその紙は、回転寿司屋の味噌汁無料サービス券だからだよーーーーーーーー。けたけたけたけた。
しかも、有効期限きれてるよーーーーだ。けたけたけたけた。
投げる直前にすり替えておいたのだ。
本物はこっちよ!の要領ですりかえておいたのだ。
人の不幸は絶品じゃーーーーーーーーーーーーー。


詐欺師を騙す詐欺師の事をこの世界では「クロサギ」という。


気分をよくした私はその足でパチンコ屋に行った。
スロットコーナーに「全台設定据え置き」と書いてあって、明らかに設定6の台があったので、やろうと思ったら、万札がくしゃくしゃでコインサンドに入らねーでやんの。
ちきしょう。
あきらめて帰ったよ。
あのオヤジめ。おれの万枚返せ。
今度あったら10万くらい請求してやる。

詐欺師に救われる一般人の事をこの世界では「レインボーサギ」という。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。