■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログノ文章

試しにでも、ブログを作った事のある人なら知っていると思いますが、この書かれている文章の事を「記事」と言います。
「記事」と言います、と言うか、なんか勝手にそう表記されています。
ブログの管理画面とかでです。
FC2だけかもしれませんが。
「記事の管理」とか「新しい記事を書く」とか。
なんだかんだで3年くらいブログを続けていますが、いまだにその呼び方が不自然でしょうがありません。
記事って。
ジャーナリズム魂かよ。
私も、見慣れてついつい「キジ」と言ってしまう事がありますが、ブログの文章とイメージがかけ離れているので、むずがゆいです。
なんかもっと、しっくりくる単語は無いのでしょうか。
記事って言われても、そんな大それた物は書けません。
堅苦しいし。
私は「作文」と言っていますが、作文と言うと夏休みの作文のイメージですし、自分の事書かなきゃいけない様なニュアンスだし、なにより書く作業そのものを表している感じもして、しっくりきません。
コラムとかどうなんでしょう。
いやですね。なんか洒落こいた感じで偉そうだし。
ブログのコラム。とかいって。
「おれぇ、ちっと、帰ってブログのコラムかかねーとだから、パスすっわ」
もちろん発音はクラブ↓ではなくてクラブ↑の方のけつを上げるほうの発音です。
ブログ↑のコラム↑。
ま、そもそも評論とか解説とかの意味みたいなので、それもずれています。
駄文とか言う人もいます。
それはいくらなんでも、へりくだり過ぎでしょう。
いくらつまらないと言えども、卑屈すぎる。
むしろつまらなさのハードルを上げているというか。
駄文とか言って「またまたこの人は謙虚だな」と思わせておいて本当に超つまらなかった場合よ。
「つまらないものですが」で渡されたのがホットペッパーとかだった時の場合よ。
まあ、それは言い過ぎましたが、響きがだっぶんに似ているのでいやです。
そのわりに「コメント」はしっくりきます。
コメントはコメント。
ここは本文ですが、本文じゃなんかおかしい。
「本文書きました。」なんかおかしい。
メッセージとか?。メッセージ性ないしなぁ。
メモとか。書いた事は忘れるしなぁ。
論文とかレポートとか言うほどためになる事かいて無いですし。
よくわからないまま、いまだに「ブログの文章」とかいう歯切れの悪い表現をしています。
ツイッターとかは「ツイート」という専用の単語が用意されているのですんなりです。
そういうのないのですかね。
文章を表した言葉はたくさんあるのに、台風の目のようにちょうどここだけ抜けています。
偉い国語の先生は「最近の日本語の言葉の乱れが・・・」とかどうのこうの言う前にこういう所を埋めてもらわないと困ります。
まったくもって、使えねー連中です。
私が考えてやってもいいのですが。
じゃーですねー。
パピヨン!!



なんでもないです。今のはなんでも無いやつです。
プーヤン!!
プーヤンってなんだっけ、ファミコンのゲームだっけ。
バビロン!!
いや、別に最後が「ん」で終わらないといけないルールは無い。
ゴルゴンゾーラ!!
びっくりマーク付ける必要もないのでは。
ガバス。
1ガバス36円で御計算ください。
カタカナじゃないほうがいいかな。
流線。りゅうせん
落文。らくもん
羽縷々。ぱるる
ポケモンっか!!
やっぱ、カタカナですかね。
セバスチャン!!
また「ん」ついちゃったよ。
ガジェラ!!
ガジェリ!!
パブロン!!
デラベッピン!!
ドロローサ!!
平成狸合戦ぽんぽこ!!
んーーー・・・・
アスワンツェツェバエ!!
・・・・・・
ビルボック!!
・・・
メガドライブ!!
・・




「記事」とは事実に基づいた文章の事である。
スポンサーサイト

島田伸助

最近ユーチューブで松伸という番組ばかり見ています。
島田伸助さんとダウンタウンのまっちゃんの2人だけのトーク番組です。
ちょうおもろい。
あれはなんでしょうか、テレビ局がユーチューブにアップしてくれてるのでしょうか。
CM入ってるし。
私インターネットあまり詳しくないのでよく分かりませんが、なんかちょっとだけ見れます。
松伸を見ているとパペポテレビを思い出します。
パペポテレビは15年くらい前に終わった番組だったか。
いつの間にか無くなってました。
日曜夜のダウンタウンノガキの使いの前だったかあとだったか忘れましたけど、ありました。
つるべえさんと上岡龍太郎さんの2人だけのトーク番組です。
まっちゃんはどちらかと言うとスローテンポな話し方なのでつるべえさんに似ています。
伸助さんは理路整然としていて上岡龍太郎さんに似ています。
すわり順も同じです。
話の引っ張り役は逆です。
話してる内容は全然違いますけど。たしか。あんまおぼえてないけど。

それでなんか知らんうちに、島田伸助さんは芸能界引退してたらしいです。
引退宣言していました。
上岡龍太郎みだいだ、と思いました。
上岡龍太郎さんもなんか「引退する」って公言してやめて行きました。
んで、松伸みてると伸助さんは軍師というか策士というか理詰めで計算高いので、上岡龍太郎さんと同じタイプではありませんか。
2人ともサクサク決断していきます。
決断力が高いようで、あらかじめきめてるのでしょうけど。

松伸みてたらリンクにパペポテレビ最終回ってのがあったので見てみたら、上岡龍太郎さんの引退の話をしていました。
最近のテレビ局のサービスはいいですね。
とおもったら、なんか途中で特別ゲストで島田伸助さんが出てくるではありませんか。
私が知らないだけで、島田伸助さんと上岡龍太郎さんは先輩後輩の関係でした。
そりゃまあ、似てて当たり前。
というか、どうも島田伸助さん、その時点で自分もいつやめるか決めてる感じの話し方。
なるほど系譜のようです。
伸助さんは引退する時に「尊敬する上岡龍太郎と同じ年に引退するとは運命を感じます。」とか言っているらしいですが、うそくせー。
あらかじめ決めてたんだろっ。
と思って、引退宣言の動画をみて見たら、これもなんかテレビ局のサービスだと思いますがユーチューブで見れました。
なんか問題を起したからみたいな感じらしいので、またちょっと違うみたいです。
でもなんか大した事じゃないのに、即決で引退を選択しているみたいなので、狙い球を打った感じのような気もしないでもないような感じです。
こんな事考えても、愚にもつかない話ですけど。
パペポテレビの最終回で、これは冗談で言っていましたが、2人で芸能界を引退した後、大阪を独立させると言っていましたので、京都の人はパスポートの更新に気をつけてください。
!そうか橋本知事も行列の出来る相談所に出てたし、太いパイプ。繋がった!!。
謎は解けた。
まあいいや。

松伸を見る前に違和感があった事が一つだけあります。
なんで、伸助松本じゃあないのか。普通先輩の名前の方が先に着ます。
不自然。
語呂がいいくらいの理由じゃ、ひっくり返らないでしょう。
見ているこっちがどきどきしてしまいます。
しかも、2人ともそういうのきっちりしているタイプに見えますし。
それを考えると伸助さんはもっと早く引退するつもりもあったのかなぁ、などと思ったりします。
愚にもつかない話ですけど。

アスパラガス

アスパラガスを食べるとおしっこが臭くなる海燕がいるそうだ。
すいません。うみつばめ、じゃなくて人間。
何言ってんだこいつ、と思うかもしれませんが、本当の事らしいです。
「本当の事らしいです」って言うほど大した事じゃないけど。
ピンとこないい方の方が多いと思います。
なぜならこの性質を持つ人間は5人に1人しかいないからです。
5人に1人。20%。選ばれし人間。
遺伝的に受け継ぐ人とそうで無い人がいるそうです。
その能力がある人はあるし無い人は全く無い。
私は多分選ばれて無い。臭かった記憶ないし。
というか、アスパラガスなんか生まれてから2回くらいしか食べて無いし。
覚えてない。
なんで臭くなるかというと「アスパラガスの成分が消化酵素により分解された結果できる化学物質」があってそのせいらしいです。
チオエステルとか。
チオエステル知りませんけど。
しかし、こんなん5人に1人で、そんなに滅多に食べるものじゃない食材で、おしっこが臭いか臭くないかなんか世間話では出てきませんから、奇跡の話題ですよ。
普通に生活していたら一生知らなかったかもしれません。
いや、普通に生活してて知ったんですけど。
知ってましたかねみなさん。
でも、この話ちょっとおかしくないですか。
消化されて出来た化学物質だったら、遺伝関係ないじゃん。
アスパラガスの問題だし。
5本に1本の確率で臭くなるアスパラガスがあるのか?
そうじゃないでしょ。
束にして食べるでしょ。
ベーコンまくでしょ。
いや、だからそんなに食べたこと無いです。
で、どういうことかと言うとですね「5人に1人が臭くなる」のではなくて「5人に1人だけ嗅ぎ分ける事が出来る」なんだそうです。
アスパラガスを食べるとみんなおしっこが臭くなっているのです。
なんか恥ずかしいですね。
でも、人に嗅がれる事はないので、自分だけだから大丈夫。
嗅ぎ分けられる人もただ臭いだけなので何の役にもたたないし、損なのか得なのかよく分かりません。
これはまだ、嗅ぎ分ける方だけが遺伝なのでいいですが、もし臭くなるほうも1/5の遺伝だったとしたら、もう訳分からなくなります。
自分は臭くならないけど嗅ぎ分ける人とか、臭くなるけど嗅ぎ分けられない人とか、出会ったらもう、話がややこしくなります。

「出会ってはいけない二人が出会ってしまった」
「緑色の奇跡、全米が涙した、あのタイタニックのスタッフチームが送る本当の愛の物語」
「アスパラガス」
「近日公開」
「今前売り券を予約するとオリジナルあすぱらドリンクホルダーがもらえるよ」
(そこは因んで、フォークとかにしとけよ)

この上、臭くなって嗅ぎ分けられる人に限ってアスパラアレルギーだったりしたら、もう完全にお蔵入りですよ。
ひの目を浴びない事実。
ひょっとしたら、他にもそんなのいっぱいあるのかもしれませんね。
いわば超能力ですから。

それで私思ったのですよ。
人の「才能」というのもこれに近いのではないかと。
例えば、その人が凄く手品がうまくても。
それは、テクニック、話術、構成力など絶妙なバランスでマジシャン向きであっても、それを嗅ぎ分ける力がなければ一生気がつかない。
いや、もしかしたらアスパラガスのように誰もが手品の素質を持っているのではないだろうか。
ただ、それを嗅ぎ分けられていないだけなのではないか。
と。
今一度、自分を見つめ直せば良い。
それでも分からなかったら、嗅ぎ分けられるパートナーを見つければ良い。
よく「自分には○○の才能が無い」などと言う人がいるが、それは違う。
才能があるかどうかを嗅ぎ分けられる人はいても、才能が無いかどうかを嗅ぎ分けられる人などいないのだから。

あすぱらブログはそういった思いが込められたブログなのですよ。きっと。

うす目戦法

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである。
と言ったのは、相対性理論を考えたアインシュタインである。
だそうです。
これを聞くと2つの意味に取れます。
一つ目は、常識なんてその程度の事なのでとらわれる必要なんてない、ってやつ。
いわば常識的な方です。
もう一つは、1つ進めてその逆で、その程度の事にもかかわらずこれだけ物事を動かす力になっているのだから重視すべきである。
正反対なのでどうしたらいいか分かりません。
これはそういうもんだ系の名言でしょうか。
しかし、このアインシュタインは余計な物をつけるのが好きみたいで、「18歳までに身につけた」はいりません。
いくつになっても常識と偏見の間をさまよっている気がします。
私が常識と聞いて一番初めに思うのは「野球部の水」です。
こんなのもう、昔話のレベルになっていると思いますが。
よく聞いた事があると思います。
昔は部活練習中は水を飲んではいけない、ってやつです。
今思うと、考えられません。
私、運動部じゃなかったので、そんなに目の当たりにしたわけじゃないですけど、でも言われました。
というか、昔から「それはちょっとおかしいだろ」とは思います。
みんな思います。
自分ものどか湧いてるし。理屈的にどう考えても飲んだ方がいいし。
でもまあ、そんなもんかな、と思います。
今と昔の「それはおかしいだろ」は響きは同じですが、違うやつです。
常識が切り替わる時は、パッとは行かなくて、だらだら5年くらいかかります。
「野球部の水」も何だかんだ言って、やれ精神力とか体が第一とかうだうだやってました。
どうでもいいわ、と思いながら気にしなくなった所で、いつの間にか、飲むのが常識になっていました。
「昔は飲んじゃダメとか訳分かんないこと言ってたねー」
とか言います。と言うか今書いてるやつです。
まあ、「水を飲むほうがいい」のは当然と言えば当然なのですが、この当然さ加減と当時の「水を飲まないほうがいい」の当然さ加減はほとんど同じです。
そちらの方が良いと思いこんでいましたので。
裏を返すと、「水を飲むほうがいい」ってのもいいと思い込んでるだけかもしれません。
まだ統計取れていないだけで、激しい運動をした後に水を飲まない経験をした事がある人は長生きする可能性もあります。
トマトに水あげないと甘くなる、くらいですから。
わかりません。

それを考えるとなんか怖くなってくるのですが、もっと怖いのは、何も変わってなかった場合の方です。
ひょっとしたら「野球部の水」はうちの小学校のそれもごく一部の先生がたまたま言っていただけで、他の学校でそんな事をしている所なんて1校も無いのではなかろうか。
見たこと無いですから。
テレビとか雑誌で言っているのも点でしか見てませんので、たまたまピンポイントで情報を得ただけかもしれません。
もっというと、その情報もたまたま見た1個をまるで100個のように言っただけかもしれないし。
向こうがそんな嘘をついて無くても、逆に私が勝手に100個だと思っただけかもしれないし。
世間の常識が変わったのではなくて、私が常識だと思っていたものが幻想で実は何も変わってないだけなのではないか。
それが怖いです。
過去の事でもうどうしょもないですから。
暗くて分からなかったけど、しばらく歩いて明るくなったので後ろ振り返って見たら地上100mで金網の床だった、みたいな。
見えてたら見えてたで怖くて足がすくむし、どっちが良いとは言いがたいですが。
足がすくまない程度の丁度良い明るさが好ましいです。
人と話したりテレビや雑誌から情報を得たりするのはその明るさ調整なのかもしれません。
常識か偏見か、正しいか間違っているか、それも大切かもしれませんが、一番まずいのは明るさセンサーがぶっ壊れている事のように思えます。
道が二つに分かれていてどちらかにお宝がある。
正しいか間違っているかはっきりしています。
常識とはその道にに供えついてる街路灯みたいなものでしょう。
道の様子は分かりますが、どちらが正解かまでは示唆していません。
仮に真昼間でものすごく明るくても道の先が見えるわけじゃないし。
明るすぎて、うんこがいっぱい落ちてるのが分かって正解の道をはずすかもしれないし。
立ちすくんで進めないかもしれないし。
大切なのは自分が自信を持って歩ける明るさを知っているかどうかです。
真っ暗過ぎて進めなかったら懐中電灯という名の偏見を持って自分の足元だけでも照らさなければいけないかもしれません。
そういった意味では常識も偏見も同じようなものです。
なるほどそれならアインシュタインの言った「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」もうなずけます。
にしても「18歳までに身につけた」は余計だ。

今日の教訓シリーズ「フレンチキス」


物事の失敗には2種類あります。
誤った行動を取って不具合を起こす失敗と、
正しい行動を貫いて不具合を起こす失敗です。
前者は忘れ物をしたり、計算を間違えたりする失敗です。
問題点に気がつくので、反省が簡単です。すぐ修繕できます。
厄介なのは後者の方でなまじっか正義なものですから、状態に気がつかず悪化が進行して取り返しがつかなくなる事が多いです。
例えばフレンチキス。
という言葉がありますが、意味を取り違えている人が多くいます。
本当はディープキスの事ですが、名前の響きからか軽いキスの事だと思っている人がいます。
挨拶程度のキス。
フレンドに響きが似ているからでしょう。
フレンチはフランスの事です。
まあ、私も別にキスのプロじゃないので、もともとのもともとはどっちの意味かは知りません。
ひょっとしたらもともとは軽いキスの事だったかもしれませんが、逆転したのかもしれないし。
まあそれはいいんです。
こう、女の子とキスをするくだりに、なりますよね。
で、女の子がこういうんですよ「フレンチキスならいいよ」って。
その時思います。(こいつフレンチキスの意味間違ってやがんな)
そこまでならいいのですが、下心がうずきます。
(本人がいいっつたんだから、これはもうディープキスだかんな。絶対舌いれるかんな。)
で、確認を取ります。
「フレンチキスいいって言ったよね。フレンチキスってディープキスの事だけどいいって言ったよね。!!」
発言を盾にして詰め寄ります。
そうすると「え、そうなの。ちがうよー。軽いキスの事だよー。」といわれ、「いやいや」と返し、語源などを説明し、もめます。
で、なんかもめてる間にキス自体うやむやになります。
語彙を追うものは一口も得ず。
やらかしたーーーーーーーーーーーーーーー。
意味なんかどーーーーーでもよ。い。
あーーーーーーーーーー返せーーーーー。
皆さんもお気をつけを。

人と衝突する時も大概、正義と正義のぶつかり合いです。
それで切磋琢磨して、いい物を作る事につながりますから必要なことですが、出しどころを間違えると負債だけ残ります。
少なくとも相撲の立会いみたいに両手がついて無いと。

人は間違いを見ると直したくなる習性を持っていますので、失敗を避けるには
1.間違いを見ない。
2.正解を覚えない。
3.習性を乗り越える。
の3つしかありません。
正解を得る事は「誤った行動」を50%くらいカットできますが「正しい行動」を100%拾ってしまいます。
うっかり正解を知ってしまった場合は1か3が出来ないとどんどん負債がたまって行きます。

今日の教訓:キスする前に余計な事は言うな。

今日の教訓っつても今日の出来事じゃないからね。
今回はいい事書いた。

転移点と逆転



人間、おもしれ~、と感じるのは変化があった時だと常々思います。
しみじみつくづく。
野球でもサヨナラ満塁逆転ホームランは盛り上がるし。
好きな人が出来て、付き合う事になったらテンション上がるし。
テスト勉強たくさんして順位が上がったらうれしいし。
スマートホンに新調したら1日中ワクワクが止まりません。
新しい物好きもいれば古い物好きもいます。
人によってその割合が5:5だったり2:8だったり様々だと思いますが、10:0って人はいないと思います。
どちらかの気持ちを必ず持っている。
さらに言うなら、人類全体でいうとやや新し物好き割合が多いような気がします。
なぜなら着実に文明が発達しているからです。
本能的に変化を求める習性があるから、人は新しい物を作ろうとするのではないでしょうか。

はい。そんな、でかい話をするつもりはありません。
ひまでしょうがない。
なんかおもろい事ないですかね。
まあいいや。
マジックの話です。
面白い手品をする為に上の性質を利用します。
「変化」がいいのですが、それは切り代わりが速ければ速いほど、面白さが上がります。なんでかは、めんどくさいので書きません。
パンっと手を叩いたら変わっているような状態の逆転が好ましいです。
手品の現象と言うのは実はそのほとんどが「状態の逆転」であります。
手品がエンターテイメントとなりえている理由のほとんどはここにかかっています。
例えばフラリッシュを見てて、つまらないのは「状態の逆転」が無いからです。
マジックの場合「状態の逆転」がルーチンの中に自動的に組み込まれていますので、あまり心配する必要はありません。
じわじわ変わっていくという演出があった場合、あんまし時間をかけない方がいいってくらいです。
では、気をつける点は何か。
それは転移点であります。
転移点というのは「状態が変わってもおかしくない所」の事です。
例えばペットボトルは高温にすると溶けますが、そのやわらかくなる所をガラス転移点と言います。70度くらい?しらんけど。
プラスチックは金属とか水とかと違って、固体とか液体とか状態がきっぱり分かれて無いので、基本構造はあんまり変わりません。
なんとなく、とろとろの状態になります。
この、明確な変化と言えない、ただ状態的には変わっている又は変わる可能性がある状態を転移点と言います。
面白さを演出するにはこの転移点を「状態の逆転」に対してどこに配置するかがキーポイントとなります。
逆にこの転移点を配置しないと、逆転だけあっても全然面白くありません。
いきなりプレステ4が出たと言われてもプレステ3持ってないし、宣伝見てないし、胸躍りません。
また転移点を遠くに設定し過ぎると、うんざりします。
ヴァンパイアの続編が出ると言われても10年も経つともう、どうでもよくなります。
だから、うまい事やってください。

ふー。この話、つまらないのでもうやめます。
や。それで私思ったんですよ。
最近つまんねーなーと。
でもよく考えてみたんですよ。
私、36歳ですが、幼稚園の頃家に電話がありませんでした。確か。
あんまし普及していなかった。
今、1人1台当たり前で、コードが付いてません。
テレビはカラーでしたが、家に一台しかありませんでした。
今、1人1台当たり前で、コードが付いてません。
パソコンをはじめて見たのは高校生くらいの時。ハードディスク8MBとかだった。
ビデオデッキすら高校の時くらいでしたが、今はもう既に録画するのにそれもいらない。
カラオケボックスも最近。漫画喫茶も最近。
インターネットが普及したのも大学の時。
衛星放送とかあるんだと思っていたら、デジタル放送になりました。
子供の頃は飛行機に乗る機会が自分にやってくるわけ無いと思っていましたがあっさりのれました。
まーあ、とにかくありとあらゆる物が変化しました。
多分、私より10~20歳くらい年上の人たちが優秀なのでしょう。
テレビで活躍している人もその辺が多いし。
平成に生まれた人はテレビゲームは3Dが当たり前だと思ってやるのでしょう。
スマートフォンも小学校の頃から持たされる感じ。
一見、うらやましいなと思いますが、問題は「変化」の方で。
なんか何も変わってないのがかわいそうな気がします。
せいぜい画素数が上がるくらいでしょ。
つまんね。
私のしょぼい想像力ではこの先、これと言って凄いのがあるような気がしません。
例えば電脳化みたいに通信機能を体に埋めてみても、コンビニが一気に普及して夜中に買い物が出来るようになった事に比べると、実は地味です。
クローン人間が出来ても、新幹線ほど速く走れないし。
今後の変化は高が知れてる様なきがします。
昔は昔で、変化はあったかもしれませんが、江戸時代とか情報伝達がしょぼいからよくわからないし。
今が程よい感じです。
そう考えると、超大げさに言うと私の年代が宇宙が生まれてから一番変化のあった時期かもしれません。
変化があったというか、変化を知れた時期かもしれません。
宇宙一面白い事に出会えている人間なのかもしれません。

絶一門

みんな「名言名言」言いますけど、表現力を高めるという観点で言えば、語彙を拾う事より、捨てる事の方が大切だと思います。
言葉の意味をかみ締める事で集中力が増すのです。
今回は私が封印している言葉の紹介です。
まず、wwwwと(笑)ですね。
前に「msさんがwwwwとか使うの珍しいですね。」と言われた時に「別につかわねーわけじゃねーよ、バカヤロこんちくしょー。」と言いましたが、お察しの通り、封印しています。
意識的に使っていません。
よく、wwwwは嘲笑しているみたいとか、逆に(笑)の方がよっぽど嘲笑してるなどと言われますが、じゃあどっちも使うなよバカヤロこんちきしょー。
正直言ってwwwwを封印すると、かなり表現力が落ちます。
とはいっても、表現と言うのは「何を出すか」よりも「どこから出すか」の方が大切です。
wwwwを封印する事によって、他の出口から出る言葉に勢いがつきます。
それはホースの口を抑える事によって遠くまで飛ぶ水の如く。
あー。やー。でもやっぱり、wwwwたくさん出るとうれしいしな。
使ったほうがいいかも。
オリジナリティーを出すためにwwwwwと(笑)を足して、
笑笑笑笑笑笑笑笑笑
にするとか。
なんか、中国人と間違えられるからだめかな。
(w)にするか。しません。
すいません。この件については決まってからにします。

それから、「それ言うと思った」ですね。
これは小学校の頃から封印しています。
言うと思ってんなら、返しの言葉を用意しとけよっツー話です。
自分は頭が回るアピ、してるつもりでしょうが、完全に間に合ってない状態なのが恥ずかしい。
麻雀で他人が上がってるのに「おれもはってたよー。」とか手をあけるのと同じ位恥ずかしいです。
なのでそれ系の「やっぱり」とか「だと思った」とか知ったかぶりなのは使わないようにと小学生の時から心に誓いました。
と思ったら、上の文でつかってるーーぁーー。
なし、なし。これは、無し。

後は人を罵倒するような言葉ですね。
バカヤロこんちくしょー、とか。
使ってるよ!バカヤロこんちくしょー。
なんでもねーよ。バカヤロこんちくしょー。

チャリンコ

しかし、バイシクルはなんでバイシクルなのでしょう。
トランプのバイシクルです。
だって、自転車ってかっこいいかなぁ。
マジックをはじめてから最大の謎です。
もっとなんかあったでしょうに、モチーフ。
虎とか竜とか。
BEEあるし。蜂、かっこいいじゃん。まるでかっこいい。
まるまるかっこいいです。
すこぶるかっこいい。
なかんずくかっこいい。
したたかかっこいい。
のっぴきならないかっこよさ。
よんどころなきかっこいさ。
ぬきさしならぬかっこよさ。
かっこよさ無限大。
自転車て。
よわそう。
一体、何のゆかりがあるのか、さっぱりです。
タロットカードに、ホイールオブフォーチュンとかいうのがあるので、運命の輪?それのつながりかなんかと思います。
その輪と自転車の車輪をかけた抽象的な暗喩?みたいな。
でもトランプの図柄を見ると思いっきりチャリンコ。
まんまチャリンコ。
みまごうことなくチャリンコ。
飾りっけ無しチャリンコ。
包み隠さずチャリンコ。
素材の味チャリンコ。
歯に衣着せぬチャリンコ。
原寸大チャリンコ。
です。
しかもブレーキついて無いし。
あんな、ブレーキついてない自転車乗ってたら警察に怒られるぞ。
しかも全裸のおっさん乗ってるし。
絶対止められる。
完全敗訴。
全裸のおっさんが乗っかっているブレーキのついてない自転車が2台走ってます。
それを4人の全裸のおっさんが笛を吹いて応援しています。
懲役1年。
誰も奴らを止められない。
ブレーキついて無いし。
そういう意味か。絶対違う。
譲歩してですよ、その一回戻して、笛と車輪と天使とワイシャツと私に意味があったとしてですよ、ジョーカーを見ます。
なんで、王様乗ってんのよ。
しかも、キングの図柄と同じ王様だよ。
ごっちゃごちゃじゃねーか。
混沌。
はっきりして無い。
フィックスしてない。
煮え切ってない。
乾ききってない。
固まってない。
ぶれぶれ。
否、たゆたっている。
それともあれでしょうか。
自転車に乗っている王様は実は天使の仮の姿で神の力を借りて国を統制している、とかの暗喩でしょうか。
もしくは、崇高なる神具である「ブレーキのついていない自転車」に人間が乗っている事が「人の傲」の様なものを表しているのでしょうか。
バベルの塔、的な。
この後に神々の怒りを買うストーリーが待ち構えているのでしょうか。
まあ、でも、アメリカ人って、バニラアイスがおいしいから2個食えばいいじゃない、って考え方でしょ。
そこまで考えてるかなぁ。
大雑把というか。
ざっくりしているというか。
おおらかというか。
がさつというか。
どんぶり勘定というか。
デリカシーがないというか。
ダイナミックというか。
単細胞というか。
繊細さに欠けます。
日本人だったら、例えばおいしいアイスを見つけたら、どうやって食べるか考えます。
チョコチップをトッピングしたらおいしくなるかも、とか。
お風呂上りに食べよう、とか。
京都の庭園で食べたらおいしいかも、とか。
誰と食べようかしら、とか。
最大限においしさを引き出せないか、と考えます。
アメリカ人「2個食えばいいじゃん」
緻密に考えてる感じしないなぁ。
そんなサブストーリーまで考えるくらい気が回ってたら、カードの白淵のバランスもっといいはずだし。
ホワイトボーダーの斜めさ加減が全てを表しています。
集約。
アメリカ人「チャリンコでいいじゃん」
アメリカ人「2台乗せればいいじゃん」

それともあれですかね。昔の名残みたいな。
フェラーリ的なやつ。元は馬具のメーカーだったので、それが由来でロゴマークに馬の絵が描かれているって、ケース。
でも、馬から車は分かるけど。
乗り物だし。
自転車からトランプってどうやったってつながらないし。
自転車->自転車操業->火の車->ギャンブルに手を出す->カジノに入り浸り->確実に勝つためにイカサマを覚える->黒服に捕まる->しかしオーナーにその才気を拾われる->お抱えディーラー->人気ディーラー->独立->カジノ経営->クラブブランドのカードを作る->思いのほか好評->専用工場を立てる->トランプメーカー。
これしか思いつかない。
駄洒落かよ。
それともあれかな。買収社会だから。合併を繰り返した結果かな。
合併、合併、また合併。
吸収合併を繰り返しているうちに、いつの間にかよく分からないうちに自転車屋も入ってた、みたいな。
先代の会長(自転車屋の方)も本当は合併するのは嫌だったんだけど、社員の生活を守るために、余儀なくされた。
せめてもの誇りとして会長はマイク・ゴードン(買収元の社長)に頼むんですよ。
会長「チャリンコはうちらの誇りなんじゃ。せめてこれだけでも残してくれ。」
スミス(会長)はこの後すぐに息を引き取ります。
ゴードン(チョビヒゲオールバック)は悪い奴だけどスミスとは昔ちょっとあったので、約束を守ります。
こうして、低周波治療器に自転車のロゴがつく事になったのです。
言い忘れてましたが、ゴードンは健康器具メーカーの社長で、ここからトランプメーカーになるまでにあと5~6回合併があります。
そんなこんなで、いつしか「自転車消すとたたられる」みたいになって、消せないのでしょうか。
まあ、そんな気にする事でも無いですかね。
ドラッグストアにカップラーメン置いてある様なもんか。

今ほしいもの

最近なんと言うかほしい物が無いというか、ハングリー精神が欠如ですよ。
グリズリー並みのハングリー精神がほしいです。
これはまずいと思って、1時間くらいなんかほしいもの無いか考えてみたんですよ。
壁全面が電気コンセントになっている家がほしい。

むりょうの依存

フライトという映画を見に行きました。
上映5分前にい行って、まだ大丈夫ですか?、と聞いたら出ました。
「全席空いてます。どこにしますか」
田舎の映画館さいこー。
その後、2組お客さんきたので貸切じゃなかったけど。
1200円。
おもろかった。
予告で予想した話と違ったけど。
だって、予告では「英雄か?犯罪者か?」みたいな。
ミステリー的な要素をふんだんに取り入れた、最後に明かされる真実、みたいな。
法廷モノかと思った。
開始1分で主人公コカイン吸うてまんがな。でんがな。まんがな。
アル中の話でした。
飛行機の操縦シーンも迫力あったし。
1シーン目がちゃんねーのぱいおつかいでーだし。

依存症ですよ。
アメリカ映画は結構この依存症モノの映画あります。
具体的な例は一つも出てきませんが。
アルコール、麻薬、SEX、ギャンブル、油肉と題材はつきません。
アメリカ人はアホばっかなのか、と言いたい所ですが、私も大体似たようなもの。
人類代表して宣言します。
人は何かに依存しなければ生きていけないでおまんがな。

細かい話はすっ飛ばしでですね。時短。
それじゃあ、もう開き直って、依存して生きるってなった時にですよ。
何に依存するかっツーのが問題で、どうせなら。
無料の物に依存した方がいい。
っと、思うんです。被害が少ないし。争いも起こりにくいし。
ゲームとかインターネットとかテレビとかフラリッシュとか。
また、そういうの一切断ち切って坊さんみたいな生活するという手もありますが、宗教とか神様とかも代替の無料の依存と言えなくもありません。
そう考えると、その辺も並列対等価値。
リーズナブルなので、もし私が賢くて偉い王様だったら、国民に宗教を提供すると思います。
日本は代わりになる文化的なものが多いから宗教が流行らないのかもしれませんね。
そんなことはどうでもいいですね。

依存するものは大概「最高潮」のエッセンスがあります。
それがフラッシュバックして、ついついそれを追い求めるという性質があります。
依存を解くには
・最高潮を忘れる
・最高潮を他のに塗り替える
・最高潮に慣れる、飽きる。
・ダメさ加減が最高潮の利を上回る
この4つくらいでしょうか。
3番目と4番目は手遅れ気味ですので、なんとか1か2で決めたい所です。
で、具体的にどうしたらいいかっていう話なんですが、私にはよくわかりません。
解けない愛のパズルでおまんがな。
あえて言うなら、予備タンク、つーかE缶的な、選択肢をいくつか持って置いたほうがいい。ってくらいですかね。
切れ味悪いですが。
あと、依存症うんぬん言ってるだけ生活的には余裕なんだから贅沢言わない。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。