■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょんまげぷりん(映画)

今日は「東のエデン劇場版1」と「東のエデン劇場版2」と「相棒劇場版2」と「しんぼる」と「ちょんまげぷりん」を見ました。
東のエデンはアニメで劇場版は話が途中から始まっていてよく分かりませんでしたが、どういう状況なのかは分かりました。面白そうな雰囲気をかもし出していました。でもまた最後は途中で終わりました。
相棒劇場版2は警察の幹部みたいな人が4人も捕まって1人
殺されてしまいました。私の記憶だとテレビ版でもちょいちょい警察の人が捕まったり、殺されていますので、警察の殺人率がうなぎのぼりになっています。
殺人を減らすには警察をなくすのが数字上もっとも効果的なのではないかという、もうこれはギャグでやっているのでしょう。
事件は解決しましたが話は途中で終わっていました。
しんぼるはお笑いの松本人志さん監督の映画で白い部屋におっさんが閉じ込められて変なボタンを押すといろいろ出てくる話でした。
なぜマーキングにガムテープを使わないのか、と、ロープのボタンは覚えているくせに鍵のボタンを何故覚えられないのか、が気になりました。
パジャマの色が変わっていた理由が分かりませんでしたが、それはいいとしてこれも話は途中で終わっていました。
決着がついていたのはちょんまげぷりんだけでした。
こういうの言っていいのかどうか分かりませんが、ラストシーンはぷりんを食べるカットです。
侍がタイムスリップしてきてパテシエになる話で、内容はむちゃくちゃでしたが、見た目に反して結構切ないプロセスです。
主な感想は、ともさかりえがいい女になっていた。
何様。
ちょんまげぷりんは明日も一日がんばろうと思わせる作品だと思います。

スポンサーサイト

拍手の語源

マジシャンが一番嫌がる観客を知っているでしょうか。
職業や性別年齢では有りません。
手品を見たときの反応です。
つまりは、タネを見破ろうとする態度です。
表現形としては「今見えた」とか「今のは混ぜてるようにして混ぜてない」などの発言。
これが一番嫌がられます。
さらに、これがまた「何か手品やってください」と頼んできた張本人だったりする場合が多いからたちが悪い。
あんたが、やれっつたんでしょーが、どーして俺が破門なんですカー。
ふぁっきんじゃっぷくらいわかんだよ。
と言いたくなります。
ですが、あまり心配は要りません。
私の短い経験上「見えた」とか「これ知ってる」とか「分かった」とか言うのは十中八九マジシャンです。
「ははーん今のはパスを使いましたね」とか「ダブルリフトうまいね」とか、さり気のある、俺知ってるアピがとてもウザイです。
こう聞くとマジシャンには2通りいて「見えたと言われる被害者マジシャン」と「見えたと言うウザイマジシャン」が存在しそうですが、そうでは有りません。
前者と後者は同じ人。
えてして観客のマナーを訴えるマジシャンほど人のマジックを見ているとき評論しようとします。
己の悪臭に気がつかない醜い豚。
当然これを書いている私も人がマジックをしているのを見ると、いろいろ言いたくなってしょうがありません。
「うまい」とか言って「自分は騙されてないよ。それのやり方知ってるから全然不思議とは思っていないけど、一応褒めたいから君の技術に敬意を払うよ。うまい。」と思っていたり。
「それは見たこと無い」とか「その解決方法があったか」とかとにかく知ってるアピしたくてしょうが無くなります。
「テクニックはあるけどトーク力が足らないな」とかこぶ付で褒めてみたり。一個だけ激すっぱいのがはいっている罰ゲームつきのガムじゃないんだから。
こういうやつに限ってブログでマジックグッズの評論とか偉そうにやってるんですよ。すいません。
逆に「何も見えてないよ」みたいな。難しい技法にチャレンジして失敗した所を、その前向きな精神に健闘をたたえる的な意味で言って理解力のある俺アピしてみたり。
それで讃えられていいのはトリプルアクセルだけだよ。
まずいと思いつつも、頭の片隅で「自分もマジックやってるし特別な存在だからこれは許される。」的な考えが顔を出し、ついつい口走ります。
なんも特別なことあらへんがな。

どう見積もっても、いっていい事は何も有りません。
演者も自分も印象が悪くなるだけで誰にも利が有りません。
なので言わないようにしたいのですが、難関が有りましてなかなか超えられません。
第一に自分の悪臭に気がつく事。
第二に「とはいっても自分は立場が違うから」という特別視の脱ぎ払い。
私はここまで乗り越えられましたがまだ有ります。
第三は「だけど今までの自分を否定するのも怖いので冗談めかして言ってみる」をやめる。
第三関門を突破したら次の世界にいけるのでしょうか。

ただ黙ってりゃ言いだけの話ですが、これを乗り越えるかどうかで、ここ一番のチャンスをつかめるかつかめないかの差が生まれてくるような気がしてなりません。
一事が万事。大事な所で、ヤリがあればやり直せる、とか言ってしまう人間になってはいけません。
ただ黙ってりゃ言いだけの話ですが、本当に黙ってるだけだといるだけ邪魔だし。だから人は拍手するのかもしれません。
まだ予想ですがそういったいろいろ言いたい事を我慢して四捨五入して丸めて凝縮したのが拍手なのかもしれません。
第三関門を突破したら答えが分かるかもしれません。
もちろん第四関門があるかもしれませんが。








と、ここで終わると丁度いいのですが「言葉があふれすぎるゆえに無言になる」みたいなありきたりな話でダサいので、手品を見てるとき何を言えばいいかという話なんですが。
はっきりはいえませんが抜け道的な台詞がどこかに有ります。
一例をあげますと、意外とユジングスとかが言う先読みコメントみたいなのがリアクション取りやすいです。
まだやっていない現象を先に言うみたいな。
一見「もうその手品はうんざりだよってことかよ」とか「現状を先に言われておどろきが半減するよ」とか思いそうですが、やりやすい。
その通りに進んでもそうでなくても、どっちに転んでもいけるバックアップ付。
後は世界びっくり仰天ニュースにおける中井君のリアクションとか。
極めし者はその域に達しているのかもしれません。
私はせいぜいおもしろTシャツについて質問するくらいしかできません。
まあでもユジングスがそこまで考えてるわけ無いので天然でしょう。
だがその自然の輝きを拾い集め繰り返し精度を上げたものがフラリッシュである。

ヤリヤリ君

エバンゲリオン(以下.バンゲリ)の劇場版、序、破、Q、の3つをDVDレンタルしてみました。
レンタルビデオしたのは10年ぶりくらいかもしれない。
Tカードを作りました。
袋がかわったなー、と思いました。
私が借りていた時代はVHSのテープとDVDの過渡期だったので、あの万引き防止の赤外線センサーみたいなのを通る為に品物を入れる袋がごっついやつでした。
重厚な2重構造で手提げなどない無骨な袋です。
大きさは大きいノートパソコンくらいの大きさで、ビデオテープ4本くらい入れるとパンパンになっていました。
どこのお店に行っても大体青い布地の袋で、中はなんか金属調の鉛でも入っているんじゃないかという様なグレー。
X線センサーどころか核攻撃からも守ってくれそうです。
核戦争が起きて人類が滅亡してもエロビデオだけは生き残したいというビデオ業界ならではの粋な計らいだと思っていました。
最近はビデオテープが無くなったからか小さくなっていました。
エコバックより薄いのではないかという様なうっすい布地でブランド化粧品屋でマスカラ買ったらもらえそうな黒の袋になっています。
これじゃあ、核攻撃どころか電磁波センサーからも守ってくれないよ。
と思いましたが通れました。
ひょっとしたらこんなものは、こけおどしなのかもしれません。
でも、前にごっつ青袋がなくなったとかで、ビデオ屋の店員がスーパーのビニール袋にビデオを入れてくれて「そのまま通ってください」と言われたときはなっていたので、やっぱ鳴るんでしょう。
なんか今の時代だったらGPSつけて一つ一つの所在が分かるようにもできそうですが、しないでしょうね。

そんなことよりバンゲリです。
序と破は前見たことあるし、パチンコで演出を死ぬほど見てるので特段感想はありません。
死ぬほど見てるというか、どちらかというとアニメーション見れなすぎて死にそうですが。
Qを見ての感想は、まず「モード:トリプルセブン」とか言っていたので、またパチンコ用か、と思いました。
その次に音楽がナディアのやつだなと思いました。
赤木博士が髪の毛を切っていたのもエレクトアさんみたいな名前の人の真似したんだと思いました。
そういや序と破の感想有りました。
改めてみてありました。マヤ中尉は口を開くたびに「まさに~~」と言っているなと思いました。
「まさに血の海ですね」とか「まさに八方ふさがりですね」とか「まさに」要員だったのですね。
Qではマヤ中尉がいなかったので赤木博士が代わりに「まさに」と言っていました。
カヲル君がいい事言っていました。
というか、私がいつも言っていることですが。
シンジ君がピアノの練習をするくだり。
シ「かおる君どうしたらうまく弾けるのかな」
カ「うまく弾く必要なんてないさ。自分が楽しいと思える弾き方をすればいい。」
シ「じゃあ、どうやったら楽しく弾けるのかな」
カ「反復だよ。自分が楽しいと思える音が出せるまで繰り返してやるしかないね。」
みたいな。ちょっと細かい所までは忘れましたが、そんな感じ。
ほらーーーーこれーーー、フラリッシュにも言える事ですよ。
私が言っても鼻で笑われるだけでしたが、カヲル君もいってんだから間違いないし。
自分が楽しいと思える動きができるまで反復するんだよ。うまくやる必要なんて無いんだよ。それがフラリッシュだよ。
フラリッシュブログっぽい事いえたーーーーーーー。

はい。それでは最後に一番印象に残った言葉。
ロンギヌスの槍みたいなのを引っこ抜く時のシンジ君の一言
「ヤリがあればやり直せる。」

ダジャレ・・・ですよ。

ヤリがあればやり直せる。
ってダジャレじゃん。

ヤリがあればやり直せる。
ここ一番のシリアスシーンでダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
2文字のダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
それは突然のダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
現実世界にい引き戻すダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
モード反転裏コードダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
ダジャレインパクト。

ヤリがあればやり直せる。
まさにダジャレですね。

そこはもうちょっとなんかあるでしょ。
元に戻せる、とか、元通りにできる、とか、最初とか初めとか振り出しとか。
ヤリヤリはないよ。
ヤリヤリ君の後は全然覚えてません。
大体、序破急の急がアルファベットのQになっているあたりから怪しいと思っていたんですよ。
カヲルって名前も一文字戻すとオワリになるとか。
死者と使者がかかってるとか。
結局ネルフの連中は私たちに自慢のダジャレを披露したかっただけなんですよ。
4作品目はIだったので愛とかけたとか言うんでしょうか。
インフィニティのIかな。
「エバンゲリオン:|」とiの前にコロンが着いていたので、楽譜で言う所のリピート繰り返しの意味かもしれません。読み方は知りません。
輪廻的な。
いい感じになるまで反復するみたいな。
私たちはいつまでダジャレに付き合っていかなければいけないのでしょうか。
計画通りなのはゲンドウさんだけだよまったく。

なぜフラリッシュをするのか

今後フラリッシュを行っていく上で、避けて通れないのがマジシャンの愚にもつかない質問です。
つまり「なんでフラリッシュなんかする必要があるのか」
この質問には2つあります。
一つは「一見全然よさが分からないのにやっている人がいる。自分の知らない未知の魅力があるのではないか。それを引き出したい。」という探究心からくるもの。
これはマジックやってない人でも聞いてきます。
私の「スキーのどこが面白いのよ」と同じです。
2つ目は「かっこつけたいが為の自己満足、を回答の前提として、対象が返答に困っている所を観察したい」という悪趣味な動機です。
自分が受け入れていない文化に携わっている人間もろとも弱らせようとする、非常に侵略的な考えをお持ちの方がしてきます。
RPGで言う所の悪る軍団とエルフの関係です。
エルフはいつだって悪る軍団の私利私欲の為にとばっちりを受けて、住む森を焼かれてしまいます。

というかこんな質問する人はもういません。
この聞き方は、前者の意味でも後者に取られることがあるので、紛らわしいです。純粋に前者のみを聞きたい場合は。
「フラリッシュやっていて一番テンションが上がる時はどこですか?」
などと聞きます。
回答を概観描写が可能な行動を伴う根拠に限定させるのが近代話術の定石となっています。
つまり、上記の質問をしてくるということは後者の意です。
悪る軍団です。
われわれはそれに立ち向かわなければいけないのです。
われわれはエルフなのです。
フラリッシャーはエルフなのです。
美しい森を守らなければいけないのです。

という事でいくつか武器を用意しておきましたのでご精査ください。


・自己満足です
開き直っちゃう。真っ向ベタ足近距離インファイト。
相手はナルシスト的なこちらのネガティブをついてこようとしていますが、別に人に迷惑をかけているわけでは有りませんし、犯罪でも有りません。
既に相手は自己顕示欲丸出しのマッチョな質問をしてきていますので、削りあいの体力勝負にもっていっても、半馬身差で勝てます。

・フラリッシュが好きだから
出ました、ウルティマウエポン。最終奥義。全体魔法。
相手の悪に満ち満ちた攻撃を純粋無垢な正義と愛の力で浄化させます。
これを食らって立ち上がれるものはいないでしょう。
本当はこの文章的にも最後に持ってきて落ちにしたほうがいいのですが、それもあまりにもありきたりなので、2番目くらいの中途半端な所に持ってきてみました。

・かっこいいから
「かっこいいの悪く無いじゃん」ロックの魂。矢沢のノリ。
シンプルの良さを提唱します。ジョジョ5部で言う所のミスタ。
複雑に考えることは恐怖を招くことにつながる、というコンセプトから単純構造で基礎を固めます。

・msさんにあこがれているから
召喚魔法きました。msの所はお好みの召喚獣をあてがってください。
だれだれにあこがれていることによって、フラリッシュだけでなくそれを通して生き方を学んで行くという大きな目的を掲げます。
悪る軍団は「目的」とか「目標」とか言う言葉にめっぽう弱いので、ふんだんにちりばめてやればいいのです。

・フラリッシュ的な考え方が生活の役に立つから
サンタのおじっさんはいいーまーしーたー。

・テクニックを強化してマジックに生かしたい
マジック第一主義のマジシャンの心をくすぐる設置型兵器。
懐にもぐりこみ内部からかく乱する戦法です。

・エロチシズムをかもし出したい
手フェチの欲求を満たすのは社会正義です。

・できるからやっているだけ
軸をずらしてわき腹を狙う戦法。
そろそろ飽きてきました。

・友人に勧められた
化粧品のアンケートかよ

・世間の人々に芸術性を伝えたい
「夢を与える商売」のオマージュ

・賞金を稼ぎたい
ぜになげ。
そもそも、なんでこんな質問が出るかというと、稼げないからです。
最終的にスポーツだってエンターテイメントだって、それで稼いでいる人がいるカテゴリーはそんな質問されません。
将来的に使えるようにがんばっていかなあかんなーいうてやっておりますけれども。
足がけに誰か私のスポンサーになってください。
情熱大陸に出たい。

あー。やっぱ落ちが無くなったー。くぽー。

できる男の仕事術


私のところによく来る雑用で「イラストレーターのデータを見られる様にしてほしい」と言うのがあります。
イラストレーターというは9万円位するドローソフトなのでどのパソコンにも入っているというわけではありません。
拡張子「.ai」です。
ファイルがお客さんから来たときに内容を確認したいというのは当然の欲求です。
なので、私のところにメールに添付されてきて「変換して返信してくれ」となります。
要求はふわっとしていますが、具体的に言うと「AIファイルをPDFに変換してほしい」ということです。
しかしながら、これはあまり一般的に知られていない事ですが。
かどうかは分かりませんが、少なくとも私の周りでは知っている人は少ないと思われますが、イラストレーターのデータはPDFを閲覧するアクロバットというフリーソフトでそのまま開けば見ることができます。
アクロバットは皆さんのパソコンにも入っていると思います。赤いアイコンのやつ。
ちなみにイラストレーターはオレンジ色です。
そこで、選択肢です。私はどうすればいいのでしょうか。
1.変換して返信する
2.アクロバットで見れますよと教える
実際は1は無駄な作業なので効率を考えると2です。
ですが、私は1を選択します。
2は要求の答えになっていませんので、頼んだ人はムカっときます。
かどうかは分かりませんが、私ならムカっときます。
「オマエの特ダネ豆知識なんか聞いてねぇんだよ。いいからやれよ。テクラハかよ。チエリアン気取りかよ。」
と思われても仕方がありません。
なので、少し手間ですが全体的な事を考えると、その少々の作業より、憤怒して向こうの仕事効率が下がる方が影響力が高いため、2を選択します。
と言いたいところですが、実は変換するファイルが100個くらいあります。
イラストレーターを使ったことがある人は分かると思いますが、まとめて変換する様な機能は有りません。
1個ずつ開いて保存してたら30秒で終わらせても、50分もかかります。
やってられっか。
しかしながら、これはあまり一般的に知られていない事ですが。
かどうかは分かりませんが、少なくとも私の周りでは知っている人は少ないと思われますが、イラストレーターはジャバスクリプトやVBやC++などのプログラム言語にオブジェクトを開放しています。
よく分からないと思いますが、簡単に言うとプログラムで動かせます。
だから、初めにボタンを2~3個クリックすると自動で5分くらいで変換してくれます。
そこで、選択肢です。私はどうすればいいのでしょうか。
3.プログラムを使わずに1個1個心を込めて変換する
4.プログラムを使ってすぐ変換してすぐ返す。
5.プログラムを使ってすぐ変換して、しばらく待ってがんばったフリをして返信する。
3は愚の骨頂です。心を込めても間違いは起します。作業数が増えれば正比例してミスは増えていきますので、これはありません。
4が物理的に最も効率的です。
が、私は5を選択します。
相手に「私の為にこんなにがんばってくれた。」という印象を与え、業務への意欲を高めてもらうためです。
ここでまた、選択肢です。
6.「がんばって変換しましたよー」と言って返信する。
7.時間を見計らって相手が必要なぎりぎりの時間に淡々と返信する。
努力をひけらかさない所に男気があり、ぎりぎりにすることでドラマチック係数を飛躍的上げることができます。
相手をドラマの主人公にまで引き立てる、よいしょ。ゴマすり。
これが業務を円滑にするめる為の仕事術です。
ですが、私は6を選択します。思わず言ってしまうからです。
それでいつも感じ悪い印象を与えてしまいます。
詰めが甘い。画竜点睛に欠ける。

ところで、できる男はどの選択肢を選ぶのでしょうか。
答えは
8.人に頼む
まあ、私のところにもそうやって回ってきたのかもしれません。
世の中仕事のできる男だらけです。

最近かっこいいと思った事



最近かっこいいと思った事は、最近でもないですが、半年前くらいに会社の帰りに車でラジオを聴いている時です。
FM新潟のサウンドスプラッシュという、あれはオビ番組というのでしょうか、毎日やってる生放送があるのですが、
そこで、上村ともせさんという清純派の女性パーソナリティーがいて、視聴者から来たメールを読んだのですが、
内容が、にゃんこ子にゃんこ孫にゃんこ、というのを3回連続で言う早口言葉で、それをさくっと読んだところです。
上村ともせ、かっけーと思いました。
どういう事かというと。
発話してみると分かると思いますが、にゃんこ子にゃんこ孫にゃんこ、という早口言葉は2週目か3週目に突入したときに2個目の子にゃんこを言う際、3個目のまごにゃんこの「ま」に引っ張られて、発音がつっかえるとこまんこかおまんこと言ってしまうトラップがあるのです。
比較的難しいタイプの早口言葉だと思います。
別に早口言葉のコーナーでもないのにこの内容のメールという事は明らかに、放送禁止用語を誘っています。ゲスです。
「おや?-?ぼくちんは猫の家族が団欒しているほのぼのとした光景を早口言葉に乗せてお伝えしたかっただけなのに、そのかわいい声からそんな下劣な言葉が飛び出すとは思わなかったよお。」
という事です。
というか、普通読まれません。
それをあえて挑戦的に読み、しかも読んだ後に「これがどうかしたんですかね」みたいな、さらっとあざとい事も言っていました。
しかも、私の記憶ではその後どうでもいい台詞でわざとつっかえてた気がします。
性格わるー。
その性格の悪さがかっこいいです。
確かに上村ともせさんは頭ひとつぬきんでて、つっかえません。
ラジオパーソナリティーのステータスとしては最高レベルだと思われます。
しろーと目に見ても、つっかえねーなーこの人、と思います。
プロ根性なのかなんなのか、他にも女性パーソナリティーは3人くらいいるので給湯室とかで「何か気色の悪いメールが来たねー」なんて話から「よっしゃ私が読んだる」みたいな流れになったのかもしれません。
姉御肌。かっけー。

とにかく、私のラジオパーソナリティーランキング1位は上村ともせです。
2位は伊集院光。
そのあとはラジオあんまし聞かないのでよくわかりません。

読み返したら1つ記憶違いが有りました。
清純派ではないです。

無口

スライハンドというのがいまだにいまいちよく分かっていませんが、イメージ的にはテクニックだけで無骨で無口にストイックな感じでスカした感じのかっこつけたマジックだと思われていると予想されます。

あいまいな所は要するに
・ギミックを使わないマジック
なのか
・言葉の誘導や心理トリックも使わないマジック
なのかよく分かりません。
イメージ的には後者だと思われます。
それで、それはどうでもいいのですが、問題なのは、この関係性によって
・無口
・ノーギミック
・かっこつけ
の3つが3点セットで同類にされていることです。
これはそれぞれ別要素だと思います。
ダサいスライトもあるだろ。
まあそれはいいとして、一番よくない組み合わせが
「無口とかっこつけ」
でございます。
無口なのは別に、かっこつけてるわけでも、技法に集中してほしいからでも有りません。
私はデザインを少しかじったことが有りますので分かりますが、あんましゃべらないのはそっちの方が良いからです。
基本的に言語に頼るのは最終手段。何も考えてないやつがすることです。
なぜなら言葉を入れるとその国の人しか分からなくなるからです。
グローバル化を考えると無口がよろしいです。
例えば私の動画はほとんどしゃべってませんが、べつにかっこつけてるわけではなくグローバル化を図っているだけです。
私が外人に愛想がよい事からも、容易に合点が行くと思います。
英語をしゃべるのがグローバル化では有りません。

かっこつけたいから無口だと思っていただくのはやめて頂きたい。
むしろ、恥ずかしいからあえてダサくしているのに、それでも、もしかっこつけてると思うのであれば、もうそれはあふれ出る自然の天然水、湧き水が如く私本来のかっこよさがにじみ出ているだけなので、それはもう仕方が無い。

何がいいたいか忘れました。
とにかく「今流行のスライトをふんだんに使ったマジック」とか
流行でやってんじゃねんだよぼけ。
みたいな文句だと思います。

イコライズ

なぜmsさんはそんなに女性に人気なのですか?
とよく聞かれますが、そんなもんフラリッシュがうまいからに決まってるだろ。
特にフジとユベントスがひがんできて困るのですが、声を大にして言いたい。
お前らは下手なくせに贅沢いってんじゃねーよ。

みんなよく「この人はフラリッシュがうまい」とか「この人のフラリッシュがすき」などといいますが、どういった基準で決めているのでしょうか。
私の場合は20~30項目の評価項目があり、動画などを見た瞬間、その項目ひとつひとつが欽ちゃんの仮装大賞のように、ぷるっぷっぷぷっと上がって行き(もちろんメーター一つ一つに一欽ちゃん)その合計得点で比較評価という形になります。
イコライザーみたいな感じですね。
どのような項目があるかはめんどくさいのでいちいち書きませんが、デジタル評価です。
凡人は「こういうのは感覚的なものだから」とか「なんとなく」とかせいぜい「丁寧・・」とか「なめらか・・」とか意味不明な理由で決めていると思います。
まったくもって、やる気があるのか疑ってしまいます。

そういう人たちは第6項目目の「爪半月がいい感じに出ている」をもっと鍛えていただきたいです。

進撃の巨乳

一度でいいので幽霊に会ってみたいです。
いや何回もあってみたいです。
私は全く霊感が無いのか今まで見たことがありません。
心霊写真とかグラップラーバキ現象とかじゃダメです。
目の前に来ていただかないと困ります。
例え怨念とかのろいとかの類でも全然OKです。
日本語が通じれば説得する自信が有ります。
コールドリーディングとかメンタリズムでうまい事、味方につけます。
会ってみたら意外といい人でした。と言わせてみせます。
だから、外人の幽霊はNGです。
とくにゾンビみたいなのはダメです。
くさそうだし。食料とか要求してきそうなので、だめ。
18~30才くらいの女性が望ましいです。
出来るなら巨乳が良いです。
でも、巨乳の幽霊というのはあまり聞いた事が無いので、わがままは言いません。
お皿が無い場合、無理してぷっちんプリンをぷっちんしないくらいの良識はあります。
ひょっとしたら、巨乳の人は死んでも化けて出ないのかもしれません。
こういうことを言うと、幽霊なんていないよ、脳が疲れている時に、夢と現実が混合しているだけだよ、などという人がいるかも知れません。
が、最悪それでも構いません。
version1.01でもかまいません。
そんなのでも、一度もみたことがないので見てみたいです。
小学校だったか中学校の時に寝てたらベットの横を甲冑を着た感じの人が音を立てて歩きまくっていたことはありますが、そんなんじゃ全然足りません。
落ち武者っていうやつでしょうか。
その時も結局寝てるか起きてるかの境目くらいで、結局起きれなくて、はっきり見れませんでしたし。
レア子役引かないの分かってるから高確演出にしとけ、みたいな、そういう根性が気に入りません。
昼間の明るい所で会いたいです。
あまり人のいる所だと、一人でしゃべって、変な人だと思われるのでひとけの少ない所が良いです。
でも最近は携帯電話があるので電話をする振りをして会話できるのでなんとでもなります。
便利な世の中になりました。
でも、そういうのは幽霊の自尊心を傷つけると思うので、あらかじめ説明をしておいて納得してもらいます。
私が先ほど説得できる自信があるといったのは、こういった細やかな心遣いが出来る所により裏づけされています。
ある程度なんかの役にたってほしいですが、version1.01だと何か動かしたりはできませんので、あきらめます。
そんでも、たまに豆知識を教えてくれたり、カーナビくらいはしてくれないだろうか。

フェードアウト

私が何故音楽にあまり興味が無いかは概ね予想が立っています。
初めて買ったCDがフェードアウトだったからです。
2番目だったかもしれないけど。
曲の最後がリピートのフェードアウトで終わるパターンの歌。
CDを買う動機は大概テレビとかで部分的に聞いて「全部聞いてみたいな」という欲求からです。
そんで、買ってみると当然全部聞けますが、曲尾が山彦のようになっていますので、なんじゃこりゃ、と思います。
一体どうイメージしたらよいのでしょうか。
例えばlive会場があって私はそのバンドの客。
曲の途中に音を背中に後去る感じでしょうか。
でも私あぐらかいて座ってますし、動いてない。
それとも動いているのはバンドの方で、回転寿司方式で去っていくのでしょうか。
なんかバカバカしいですが、だったら普通にどちらも動かないとして、目の前のグループがちょっとずつ声を小さくしていく感じで、山彦を演出していたとしたら、ダサすぎます。
リピートのフェードアウトは実際にあるのでしょうか、それともCDの世界だけなのでしょうか。
私が知らないだけで、ゲリラライブというのはそういう感じでドップラー効かせながら行く感じなのでしょうか。
なんか、さおだけ屋みたいですね。

とまあ、そんなことを考えていると、メロディーは全く耳に入ってこないし、フェードアウトにされるとまだ聞き終わってない感じがして次の曲をきいていいもんなのかどうか分からなくなってしまいます。

今度からは帰る時はちゃんと挨拶しようと思います。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。