■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑い男の出し方

もうレインボー笑い男を見た方も結構いるのではないでしょうか。
言い忘れていましたが、笑い男を出したい人はご自信のブログでも出す事ができます。
やる事は2つです。
ブログのテンプレートみたいな設定があると思いますので、そこを開きます。
(エキサイトブログはセキュリティの関係で設定できないらしいです。脆弱性を気にしているらしいです。)


1つめ
headタグの間のどこかに
----------
<script type="text/javascript" src="http://blog-imgs-38.fc2.com/s/e/c/section009/tachikoma_06.js" ></script>
----------
上の行をコピーして貼り付けます。
<head > </ head > は初めの方のところです。</head>の直前に付け足せばいいと思います。

二つめは
<body >
というタグがヘッダタグのすぐ下辺にあると思いますので、これを
----------
<body onload="tachikoma(50,20,20,800,500,3,75,100);" >
----------
に書き換えます。
<body >じゃ無くて、他にもなんか書いてあるかもしれません。
< >のなかに onload="tachikoma(50,20,20,800,500,3,75,100);"
を記述する事が目的なのでその時は臨機応変でお願いします。

以上です。
「笑い男を出す」ってのが何なのかは、めんどいので、説明しません。

/////////////////////////////////////////////////
このままだとあんまし出ません。
tachikomaの括弧の中に数字がいくつか書いてありますが、これで確率などを調整できます。
左から
■「50」は初回抽選確率です。
50回に1回出るチャンスを抽選するということです。50分の1ということです。初当たり確率ですね。
ページアクセスごとに抽選されますので50回更新すればおおむね1回でる計算です。
逆に言うと50回の内49回は何の変哲も無いページということです。
ただ、知っていると思いますが当たっていてもいきなりは出ません。
■2番目の「20」が時間サイクルです。
20秒に一回出現抽選を行うということです。
だから、20秒以上待たないと当たっているかどうかの判別はつきません。
■3番目の「20」その抽選確率です。
20秒毎に20分の1の抽選が訪れる事になります。
初当たりさえしていればいつかは出ます。
■4番目の「800」はX軸の出現許容です。
出現する場所はランダムですがあんまりページの右に行くとうざいので、制限しています。
マウスを持っていったときにワープするのもこの範囲内での移動になります。
■5番目の「500」はY軸の出現許容です。
4番目と同じ、縦の話です。
■6番目の「3」は出現個数です。
3にしておくと最大3個まで出ます。
あんまり、沢山出ると重くなるので制限を設けています。
最後まで行くとレインボー笑い男が出ます。
だから、1にするといきなりレインボーです。
最後まで行かない場合もあります。
パンクがあります。
■7番目の「75」がその継続確率です。
75%の確率で次の抽選権が持続します。連荘率ですね。
1コ出現した時点でこの抽選が行われ、抽選漏れすると、2個目はいくら待っても出ません。
■8番目の「100」は笑い男の大きさです。
このページで出る大きさが100です。
2000くらいにすると迫力はありますが、下の文字などがクリックできなくなるので、邪魔でしょうがありません。

/////////////////////////////////////////////////
なので、動作確認としてまず
tachikoma(1,1,1,800,500,3,95,50);
とかの数字にすれば確実にすぐ出ますのでお試しください。

動作確認はクロームとIEとスレイプニルでしかやってません。
あと、このブログが消滅すれば当然笑い男も消滅します。
script_ms9
スポンサーサイト

フォント一覧の作成_ver10.jsx そーっすね

イラストレーターを使ってない人には関係のない話です。



/////////////////////////////////////////////////////////////////
//フォント一覧の作成_ver10.jsx
//2013/08/20 12:29 sakai masaki
/////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////

var mm_to_po = 2.834645669;//ミリ数値をポイントに直す
var font_size = 3 * mm_to_po ;//フォントサイズ
var ly_nm_df ="フォント一覧";//layerネームデフォルト
var info_df = "■フォント一覧 総数:";//インフォメーションデフォルト
var sample_tt = "サンプル文字";//sampleテキストデフォルト
var sample_df = "test テスト";//sampleテキストデフォルト
var split_cr = " : ";//フォント名とsampleのsplit文字
var font_color = setColor(0,0,0,100); //fontの塗り色 黒
var orikaesi = 100;//ある程度並べたら折り返し
var y_stretch = 0.9;//横並びにするときに大概離れすぎるのでそれの調整、割合
var sort_fg = 1;//並べ替えフラグ 1を設定すると並べ替える
var test_chr ="あ";//日本語検査の為のsample文字
var jap_mk = "■";//日本語フォントだった場合のマーク
var eng_mk = "□";//日本語対応じゃなかった場合のマーク
var tani = "font ";//フォントの単位
var d_sp = "-";//日付の区切り


main();
///////////////////////////////
////////////////////////////////
function main(){
var i = q = retu = cmx = 0;
var wh_mak = "";
var actDoc = activeDocument;
var n = app.textFonts.length;

var new_l = actDoc.layers.add();
var date_info = date_yymmdd(d_sp);
new_l.name = ly_nm_df + n + tani + date_info;

textObj = new_l.textFrames.add();
textObj.contents = info_df + n + tani + date_info;//+ tes_font
textObj.translate(0,font_size );
textObj.textRange.characterAttributes.size = font_size ;

txt = prompt(sample_tt,sample_df );

var font_ar = new Array() ;
for (i = 0; i < n; i++){//n
font_ar[i] = app.textFonts[i].name;
}

if(sort_fg ==1){font_ar.sort();}//並べ替えfont_ar = ar_sort


for (i in font_ar){//n

font_prp = app.textFonts.getByName(font_ar[i]);

textObj = new_l.textFrames.add();
textObj.textRange.characterAttributes.size = font_size ;
textObj.textRange.characterAttributes.fillColor = font_color ; //
textObj.textRange.characterAttributes.textFont = font_prp; // textFont

textObj.contents = test_chr;//一旦sampleテキスト配置
////日本語対応フォントかどうか調べる
g1 = textObj.characters[0].textFont.name ;
if( g1 == font_ar[i] ){ wh_mak = jap_mk ;}
else{ wh_mak = eng_mk ;}
/////
txt01 = font_ar[i] + split_cr + txt ;//
textObj.contents = wh_mak + txt01;
textObj.textRange.characterAttributes.textFont = font_prp; //再設定

textObj.translate(retu,(q * font_size * (-1) ));
if(cmx < font_ar[i].length){cmx = font_ar[i].length;}
q ++;
if(q > orikaesi - 1 && orikaesi > 0 ){

dan = ((cmx + txt.length ) * font_size) * y_stretch;//
retu += dan;
cmx = q = 0;
}
}

return false;
}

/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
function setColor(c,m,y,k){
var tmpColor = new CMYKColor();
tmpColor.cyan = c;
tmpColor.magenta = m;
tmpColor.yellow = y;
tmpColor.black = k;

return tmpColor;
}

/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
function date_yymmdd(sc){
dd = new Date();
yy = dd.getYear();
mm = dd.getMonth() + 1;
dd = dd.getDate();
if (yy < 2000) { yy += 1900; }
if (mm < 10) { mm = "0" + mm; }
if (dd < 10) { dd = "0" + dd; }

return yy + sc +mm + sc + dd ;
}

/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////


script_ms9

フォント一覧の作成_ver10.jsx 説明

イラストレーターを使ってない人には関係のない話です。


イラストレーターに外部から取った文字を貼り付けると、設定のした覚えのないデフォルトみたいなフォントに勝手になります。
私の場合は「小塚ゴシック pro」です。
いまだに、なんと読むのか分かりません。
たぶん「こづか」だと思います。
知り合いに小野塚って人はいるので小野塚ならわかるのですが、小塚って苗字ですかね。小野塚の間違いじゃないですかね。
たぶん、こづかさんが作ったゴシック調のフォントはプロ級である、という意味だと思います。
読みやすいので何の文句もありません。

でも、たまに、スクリプト処理する時にフォントを変えたいときがあるのですが、それがうまく行きません。
でも、やり方がわかったので、でも、忘れてしまいそうなので、メモっておきます。
スクリプト処理というのは「ファイル」「スクリプト」「なんとかかんとか.jsx」で動かすジャバスクリプトのスクリプトの事です。

var font_set = app.textFonts.getByName("Meiryo");//←フォントのプロパティ
var newText = activeDocument.textFrames.add();
newText.textRange.characterAttributes.size = 5 ;//ポイント フォントの大きさ(本件とは関係なし)
newText.contents = "あああ" ;//文章(本件とは関係なし)
newText.textRange.characterAttributes.textFont = font_set ;//←値を入れる

こんな感じです。
ポイントはいくつか有りますがまず、
.textFont
です。
characterAttributes.のプロパティにはのっていないのですが、
よく分かりませんが.textFontというのはどのオブジェクトにも設定されているみたいです。
なので
newText.textRange.textFont = font_set ;
でも大丈夫です。
でも、
newText.textFont = font_set ;
だと設定されません。よく分かりません。
newText.textRange.characterAttributes.textFont = font_set ;
にしておけば無難です。
ちなみにcharacterAttributesに.fontというプロパティが有りますが、これにいくら値を入れても反応有りません。
これが引っ掛け問題で、第一の関門でした。
とにかく.textFontに値を入れます。

で、次に問題なのがフォントの名前です。
まず、イラストレーターの普通の操作でやる「文字」の所に出てくるフォントの名前を指定しても、設定されません。
システムで使用されている英文字を指定する必要があります。
そんで、この「システムで使用されている英文字」というのがどこにも載っていません。
Windowsのフォントの所を見ても載ってません。
私の探し方が悪いのか載ってません。
第2関門。
この件については後で解決します。
システムのフォント名というのは例えば「メイリオ」だったら「Meiryo」みたいな名前です。
英語なだけなので分かるといえば分かりますが、小塚ゴシックとかだと「KozGoPro-Regular」みたいに略されてたりするので見当もつきません。
あ、読み方、こづか、ですね。
なんかの方法でこの名前が分かったとします。
そしたら
newText.textRange.characterAttributes.textFont = "KozGoPro-Medium" ;
とすればいいような気がしますが、これがまた反応しません。
これが第3関門です。
でどうすればいいかというと
font_set = app.textFonts.getByName("Meiryo");
をします。
これが、まあなんのこっちゃよく分かりませんが、イラストレーター自動化計画様のところに書いてあったので、そういうことなのだと思います。
要するにtextFontのオブジェクトごと渡さないといけないという事みたいです。
textFontのプロパティはname ,parent,style,typenameの4つあってなんのこっちゃわかりません。
app.textFonts.getByName("Meiryo");
で設定されたのがまとめてくるのでそのまま渡せばいいということみたいです。
ちなみに
app.textFonts.getByName("メイリオ");
では反応しません。
とにかく、上の5行みたいな書き方すれば設定できます。
////////////////////////////////////
////////////////////////////////////


で、第二関門の件ですが
「システムで使用されている英文字」を調べるスクリプトを作りました。
ついでに、どんな形のフォントか一覧ででますので、なんかの役に立つと思います。

+=http://blog-imgs-38.fc2.com/s/e/c/section009/20130820154456453.js
ブログには拡張子が「.js」しかアップロードできませんので「フォント一覧の作成_ver10.js」になっています。
1.ダウンロードしたら拡張子を「フォント一覧の作成_ver10.jsx」に書き換えて
2.イラストレーターをインストールしたフォルダの「スクリプト」のフォルダーにコピー
3.イラストレーターで適当なデータを立ち上げて「ファイル」「スクリプト」「フォント一覧の作成_ver10」をクリック
4.フォント名と一緒に見たいテストテキストを入力してOKをクリック
5.新しいレイヤーができて10秒くらいすると、アートワークの0,0の所を左上基準にしてフォントが並びます。
大体500個くらいだと思います。
名前はABC順に並び替えられます。
名前の前にある四角は黒いのが日本語対応フォントで白いのが英語だけのやつです。
この次のタイトルでソースコードを記載します。
////////////////////////////////////
illustrator javascript
イラストレーター ジャバスクリプト
////////////////////////////////////
script_ms9

ポップコーン

普通、自分でフラリッシュ動画やマジック動画を作った事がある人は、人の動画をけなしたり文句を言ったりする事はありません。
なぜなら実力が出ていない事が分かるからです。
アウトプットされるものは10分の1程度に縮小されます。
自分で作るとそれがわかるので、見た目の大体10倍はやりおるな、と予想できるからです。
それでもなお、悪口言ったりする人は神経がぶっ飛んでるか精神異常者だと思います。
文句を言う人は大体その対象の事をやった事がない人です。
ですが、それはフラリッシュやマジック動画に限らず何でもそうでありまして。
ブログもそうです。
こいつはつまらない、とか、日本語がおかしい、とか言うやつは文章を書いた事がない人が言うことです。
書いてる人はいいません。
私も結構ブログを更新しているほうなので、それに値しますので、人のブログの悪口などは一切言った事はありません。
通常の神経の持ち主であるとほっと胸をなでおろしております。
よく「さかいさんは言葉にするのが上手だね」なんて事を言われますが、とんでもございません。
全然上手じゃありません。
上の理論と同じで、書いている事など考えている事の10分の1.
ほか繋がりがうまく行かないから切ったり、分かりにくくなるから捨てたり、もちろん上手い言葉が浮かばないのもありますし、お蔵入りが仰山あります。
うまい事文章にできない事を常に抱えております。
ただ人より10倍くらい頭がいいので、その10分の1程度でもう既に常人の考えを超えているだけなのです。
しかもブログとなるとコメントの返し文の在庫も抱えないといけませんので、さらに2分の1をそぎ取っております。
つまり20倍賢い。
しかも、他のブログを見るとその書いてある本来10倍に膨れ上がる指標が既に私のブログの10の1程度のところもあります。
つまり100分の1。
コメントを受け付けてなかったりしたら200分の1ですよ。
しかも、私は今ポップコーンを鼻につめながら書いているので、その逆境度たるや2.5倍を超え、500倍という計算になるのです。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
婚活パーティー行ってみてーーーーーよーーーー。
こんちきしょう。

「同姓2人1組でご参加できます」

ってなんだよーーーーーーーー。
友達いねんだよーーーーーーーーーーーー。
鯛を釣る前にエビを捕まえる?みたいな?
ラーの鏡を入手するには精霊の冠がいる?みたいな?
ざけんな。理不尽。ざけんな。不条理。

そこで私考えたんですよ。
「婚活パーティー行く為の相棒を見つけるパーティー」を主催したら儲かるのではないか、と。


これが500倍の力よ。

揚げ物

手品を始めると、他のマジシャンがうまいかどうかすぐ分かります。
うまいというは素人か玄人かという事です。
テクニックとか間の取り方とか、自分という比較対象があるので判断が簡単です。
でも、手品をしない一般の人は判別つかないと思います。
別に面白かったらそれでいいのですが、一応、一発でそやつが素人か玄人か見分ける方法がありますので紹介します。
クロースアップマジック専用ですが。
「指を鳴らしてカードを振ってあげます。」
という台詞がよく出てきますが、これを言ったらへっぽこマジシャンです。
自慢じゃ有りませんが、私もへっぽこりんなので、よく言います。
ついつい言ってしまいます。
何がへっぽこなのかと言うと、この言い回しだけで2点ありまして、1個は日本語が間違っている所と、もう1個はおまじないの意味を解釈していない所です。

何で間違ってるかはそんなに重要じゃないので簡単に説明します。
「○○あげます」というのは、一方的な活喩法として間違っています。
例えばカードを当てるのに「指を鳴らしてあげます」といった場合、お客さんは別に指を鳴らす事を望んでませんので、お客さんに言っているわけではありません。もし望んでても「あげます」はまずいですけど。
自分かトランプに言っています。
トランプは物なので意思はありませんから、擬人法です。トランプが指を鳴らしてもらいたいと渇望している前提は何の説明もなしに成立するものでは有りません。
話の流れから指を鳴らしたい意思があるのは自分なのに、自分に「○○あげる」は「発信源の回帰呼び出し」となりデバックエラーです。
正しくは「指を鳴らします」というべきです。

「指を鳴らしてカードを振る」だとおまじないは2個になるのですが現象が一個です。
「多重修飾による対応性の欠如」が生まれます。
先ほどまでは指を鳴らすだけで起きていた現象が今回はカードも振らないといけないというような状態が生まれます。
特に理由がない状態で、その様に対応性が失われる事は話しの理屈が成立しなくなります。

何故この様な事がおきるかというと、「みんな言っているから」と「そっちの方が語呂がよい」からが大きな理由だと思います。
私もくせになってるのでついつい言ってしまいます。
で、ここからです。
そういった間違いはまともなマジックサークルなどに所属していた場合、まず第一に修正される内容なので、絶対に言いません。
裏を返すとこのような間違った言い回しを使う人は、あまり人目に触れずに、あるいはフィードバックのない環境でやり続けていて、改善されている点が少ないと予想されます。
独りよがりで、理解しづらいプレゼンテーションになる事が想像に難くありません。

と言いたいところですが、テレビに出ている一流とされているマジシャンも言っていますので、あんまり当てになりません。
でも、そいういう怠惰な言い回しを惰性で使っている人は考えも浅くポリシーも無いので、やっぱへっぽこだと思います。
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。