■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章力をあげない


何を勘違いしているのか私に文章力を挙げるコツを聞いてきます。
この間のアドバイスでは文章をケアしてないじゃないか、と。
レポートを書きたいんだ、と。
私自身レポートなんか提出した事ねーっつの。
でも、書きますけど覚える事は一つです。
「一つの文章に同じ単語を入れるな」
以上。
これは、コツとかテクニックとかそういう類ではなくてコアです。
そのほかの事は一切気にしなくてよろしい。
結論から書け、とか、起承転結を整えろ、とか、一つの文章を短くしろ、とか、いろいろ言いますが完全にずれています。
文章のよいところは読み返したり、飛ばしたりが自由にできるところであって、書く順番なんか気にする必要ありません。
言いたい事なんか始めでも真ん中でも最後でも書いてあれば、バカじゃない限り分かります。
最初に結論が書いてないと理解できないやつは日本語を読む資格が無いので、もっかい小学校から勉強して来い、と思って結構です。
必要なのは検索キーをおいておく事です。
キーといってもキーワードのようなものを考える必要は無くてすべてをユニークにしておけばよいのです。
その為にはノイズを減らさないといけません。
同じ単語が何回も出てくると、それは記憶のドアのように立ちふさがり、脳内の検索の邪魔になります。
「一つの文章に同じ単語を入れるな」と書きましたが、可能な限り「同じ単語は使わない」ことが好ましいです。
分かるというのは文字通り、頭の中で区分けできている事。
であれば、初めから分解されている文章にすればいいという事です。
同じ単語を使いそうであればそこはまとめて、くくってしまう様にしましょう。
一応書いておきますが、同じものを違う呼び方にしてはだめです。
あとは「今読んでいる文章」の事ぐらいは普通の人間なら覚えてますので、分からなくなったら「初めのほうに出てきた単語」と見返して物理的にも理論的にも位置が把握できるようになります。
多少、文法や接続語や用法の間違い、誤字脱字があっても、主語が二つあっても、述語が二つあっても、修飾語が遠くにあっても、そのくらい組み替え直せます。
多すぎると腹が立って読む気がなくなりますけど。
っはっはっは。
スポンサーサイト

トークスキルをあげない

何を勘違いしているのか私にトークスキルを上げるコツを聞いてきます。
人に事情を説明するのが下手だそうです。
何回も答えるのもめんどくさいので書きますが、覚える事は1つです。
「話す前に名前を呼べ」
以上。
これは、コツとかテクニックとかそういう類ではなくてコアです。
そのほかの事は一切気にしなくてよろしい。
そもそも人に何かを説明するのにトークスキルなんて要りません。
自分にどんだけ魅力があると思っているか分かりませんが、
いくら話し上手になっても人は人の話なんて聞きません。
事情をどれだけ理解するかは話し手ではなく聞き手の問題。
自分の言う事を客観的に理解しろ、とか、知らない人に分かるように簡単に、とかいろいろ言いますが、完全にずれています。
相手がどのくらいまで理解しているかを考えるなどということは、全くの無意味。
そんなことができると思っている時点で全く持って客観性が欠如しています。
例え話を上手く入れる人は話がうまい、とか都市伝説です。
「だってmsさん例え話とか入れてるじゃないですか」といわれますが、それはただ単にうけるかと思って言ってるだけです。
面白いかどうかは別問題です!!。
要はわからないところは相手に質問させればいいわけで、地蔵に話してるわけではないのだから、会話しろ。
別に「分かったかどうか確認」したり「質問してね」といってみたりしてもいいんですが、
うざがられたり、気を使わせたり、するのであんまり効果的では有りません。
一番いいのは名前を呼ぶ事です。
だた呼べばいいだけです。
固有名詞はそれだけで輪郭のはっきりした安定した存在です。
音に出せば緊張が走り、注目を得られます。
それは例え他人の名前だろうと効果はあるので、5~6人いようともとりあえず誰かを呼びます。
聞く姿勢を生みます。
あとは単語さえ並べておけば、文法とか用法とか間違ってても、時間の前後関係とかバラバラでも、相手がよっぽどバカじゃない限り、理解してもらえます。
分からなかったら相手が勝手に質問してきます。
大勢を相手にしたプレゼンテーションなどが難しいのはその為です。
難しいのは説明ではなくて、名前を呼ぶ機会が無いという事だけです。
可能であれば、例えば後ろのほうに知っている人がいたら「沢渡さん。スクリーン見えますか?」とか言えばよいと思います。
それだけで超簡単になります。
後ではダメです。先にコールしてください。
マジックの演技も同じです。

映画で泣くやつが信じられない

インターネットでは屈託の無い意見が交わされていて、面と向かってはいえない事もヘーきで、書いたりされます。
映画で泣くやつが信じられない、というのも普段の生活ではとても無神経すぎていえないですが、ニコニコ動画とか見ているとよく出てきます。
これは全国の男子高校生の総意です。
さらにこう続きます。映画で泣くやつが信じられない、よっぽど現実の生活が平凡なんだな。
こんな事言われたら、私でも泣きそうです。
この場合、現実と虚構、どちらにカウントされるんでしょうか。
涙もろいのと、現実生活が平凡なのとは関係ないですけどね。現実でもぼろぼろないてるかもしれませんし。
しばらく人間生活を続けていると分かりますが、この意見は覆ります。
現実世界こそ泣くところなんてありません。
映画だから泣くんです。
私は映画でも泣いた事はありませんが。
そもそも、子供が転んだとかでもない限り、物心ついた人間は自分の事では泣きません。
映画の主人公が不遇で涙を流しても、同じ状況に自分が置かれたところで涙は出ません。
知っているからです。
つらかろうが、悲しかろうが、そのいきさつを知っていれば泣くことはありません。
他人の感情をトレースした時に埋められないピースがあります。
それを補完しようとした時に涙が押し出されるのです。
これだと、現実世界で泣かない理由にはなりませんけど。
実生活では辛そうな人がいたら助ければいいので、なので泣きません。

夏目友人帳

今朝コンビニによったら一番くじのコーナーが「夏目友人帳」のキャラクターになっていたので足を止めました。驚いたという事です。
いつもはワンピースのやつとかAKBのやつとかテレビ音痴の私でも知っているメジャーなコンテンツンを展開しているのに。
「夏目友人帳」には、はっきり言って、魅力的なマスコット的なキャラクターもいないし。全面に押し出されているのは「もののけ姫」の乗っている「犬と狼と香辛料」の変身した時の狼と「大神」のアマテラスを足して3で割ったにもかかわらず猫のニャンコ先生なんですが。
あれなら私でもかけます。という様な絵です。
こんなんよく企画が通ったな、と思いました。
が、驚いたのはそこでは有りません。
私がニュース音痴なだけですが、いままで他人からあるいはインターネットでも雑誌でもいいですが、「夏目友人帳」についでの話題を見た事が有りません。
シリーズがわりと続いているのである程度人気なのかなぁ、くらいには感じていましたが、一番くじになるまでの超特A級のアニメだったとは知りませんでした。
ですが、驚いたのはそこでは有りません。
何故驚いたかというと、直前まで徹夜でそのアニメを見てたからです。
私が驚いたかどうかはどうでもいいんですが、「夏目友人帳」を知っていて私を知っている人だと、「なんでmsがそんなん見てんだ」と驚くかもしれません。
それこそどうでもいいですが。
「夏目友人帳」を見ているのはたまたまの偶然でして、別に誰に薦められたわけでもなくお勧めコーナーにあったわけでもなく、ルーレット的に選んだわけでして、ぶち当たってしまいました。
そんなわけで、これは発掘した、と思ってみんなに教えてやろうと思って、わくわくしてたら、もう超特A級だったので愕然としました。
いや、したり顔で紹介していたら恥ずかしい所だったので、助かったと解釈するべきかもしれません。
でも知らない人もいると思いますので一応説明します。
「夏目友人帳」の「夏目」は人の名前で主人公です。
夏目貴志という男子高校生なのですが、妖力というんでしょうか霊力というんでしょうか、そういう力の逸材で妖怪が見えます。
「友人帳」というのはホッケの塩焼きを乗せる皿くらいの大きさで、一人一葉で妖怪の名前が書いてあるルーズリーフみたいなやつです。でかい英単語帳。
そこに名前が書かれている妖怪は持ち主の命令に従うルールになっています。ポケモンで言う所の閉じ込めないモンスターボールみたいなものです。普段は個々に生活してるみたいなので、FF10の召喚獣的な感じかもしれません。
ページは100や200ではないようです。
その友人帳は主人公の祖母レイコが作ったもので、その昔数々の妖怪と対決勝負して、勝っては子分にさせる契約を繰り返しコツコツためた戦利品というわけです。弁慶みたいな。
その、祖母からの唯一の形見である友人帳を受け継いだ青年の物語です。
と、ここまで読めば知らない人でもどんな話だか想像つくと思います。
いわゆる悪魔君的な、迫りくる悪妖怪を味方の妖怪の力で対抗して解決。
様々な問題を適材適所の能力でスパッと解決。
ではありません。
全く想像の範囲外のストーリーです。
まず、友人帳は一回も使いません。
それどころか、なんかせっかく集めた契約書をその妖怪たちに返していきます。
「名前を返す」という表現で契約破棄していき、ページを一枚ずつ破っていきます。
んで、返された妖怪はどうなるかというと、特にどうもなりません。友人帳を全部破るとなんかあるかというと、なんもありません。
しかも、あんま、ストーリーと関係有りません。
タイトルが「夏目友人帳」である必要は全く有りません。
妖怪との格闘みたいなのはあるんですが、主人公は強いんだか弱いんだかよく分からないんですが、でも最強の妖力をもっているのは確かみたいなんですが、必殺技みたいなのはなくて、困った時に手で殴る程度です。
感動もの?っていうんでしょうか、泣かせる話が多いです。
1話完結が多くて、たまに2話完結。
筋の通った日本昔話みたいな感じです。
私はこんなに泣いた作品物に出会った事がありません。
ぼろぼろ泣きます。
どうやら私の涙腺レシーバーにがっつりはまるらしく、がつがつ涙が出てきます。
見慣れてくると、初めの3分くらいに出てくるタイトルだけで涙が出てきます。「一杯のかけそば」みたいなタイトル。
今や「夏目友人帳」だけで泣きそうです。
というのもこの「夏目友人帳」というタイトル、見ていく毎に意味がどんどん変わっていくのです。
なぜ、契約書の綴りの表題が「友人」なのか。
ついぞ一回も使わなかった契約書は何のために作られたのか。
それともなんも考えてないのか。
そんな事を考えているとじょぼじょぼ泣けてきます。
客観的に見て、大した話ではありません。
魅力的なキャラも特にいません。
全員底なしに親切という没個性。
なので、お勧めしません。
話も支離滅裂で見ててイライラします。
主人公にいたっては、あんだけ妖怪を見ているというのに何か物音がしたとき
「まさか!?泥棒か?」とか行ってる始末。
すぐ気のせいにするし。
何か心に強く誓うわりには「いつかきっと話せる日が来るはずだ」とか問題を先延ばしにするし。
仲間と妖怪退治に行くときも肝心な事をいってないし。「事前に綿密な打ち合わせしとけよ」
「一旦家に帰って明日また来よう」とか行動の効率悪いし。
見ててイライラします。
でも、エンディング3分前くらいになると涙が滝のように溢れています。

ちなみに、一人も死にません。

dropzone.jsが使えない




一年前くらいからユーチューブのアップロードも変わりましたが、最近のwebページはドラッグandドロップ(以下.D&D)の操作でファイルのアップロードができるようになっています。
これは超便利です。
便利って言うか、効率いいし、スマートです。
私も使ってみたいと思って、調べてみると「HTML5から対応」とか「Jqueryを使えば簡単」とか出てきます。
意味が分かりません。
簡単そうで全く持って超特A級のハッカーで無ければ使いこなせないやつでした。
そんな中でもこれなら簡単というのが、dropzone.jsでありましょう。
グーグルクロームでしか試していませんが、私でもできました。
webkitエンジンは大丈夫だと思います。

とはいってもですよ。
どこのページに行っても「dropzoneは簡単」「だれでもできる」「これでできなきゃ人間失格」「フラリッシュの基本技」「D&D様のなんだからありがたくやれ」の一点張り。
確かに手順簡単です。

1.dropzone.jsダウンロード +=http://www.dropzonejs.com/
2.HTMLのヘッダにJS追加 < script type="text/javascript" src="js/dropzone.js">< /script>
3.HTMLにフォーム追加 < form action="?" class="dropzone" id="my-awesome-dropzone"> < /form>
4.PHPに保存体制追加 普通に$_FAILSに送られてくるので、そのtempを自分の好きな場所に移動。と一般的なやつ。

この4つだけやればとりあえず動きます。
5.見た目をかえるのに、スタイルシートの空いてる場所に.dropzone{}を書けばある程度はいいと思います。

なのですが、これが何度やっても動きません。
バージョン変えても動きません。
なんかHTMLの表示は「~~KB、OK」とか出るのですがその下にX。
どっちよ。
これで随分と悩みましたが、正解は「これであってました」
ファイルがちゃんとアップロードできてるかどうか print_r($_FAILS);とかで見ていたのですが、これが出ません。
だからずっとアップロードできていないと思いましたら、できていました。
どうも、そのマイクロソフトの技術?XHR?とかいうのを別ページで見えないように作って送っているらしく、
「今いるページからは一歩も動きません」。
だから、 print_r($_FAILS);と書いておいても私の見えないところでは反応していますが、表には出てきません。

ということなので、実験する時は、既存の送信フォームを作ってから、それと全く同じURL(action="?"の部分)に送るようにすると良いと思います。
で、デバック的なページを出せないので、ファイルを直接見ると良いと思います。
ちなみに複数ドラッグもできます。
できますが、1ページずつ送られるようなので、送信フォームのmultiとは違う挙動を起します。
私は「inputタグにFILEのアドレスを一旦入れる」という様な動きかと思いましたが、マウスはなした瞬間に送信されます。


それで、なんとかアップロードはできたのですが、次の問題に当たりました。
もともと、どういうプログラムに使おうとしていたかというと、
画像ファイルを送る->PDFにして返してくれる。
うちの会社のコピー機がおばかさんなので、スキャナーのデフォルトが何故かTIFFなもんで。
マルチページのTIFFを送られて喜ぶ人はいません。
気が付かれない場合もあるしトラブルの元です。PDFなら皆さん見てくれます。
なのでPDFで取りたいのですが、今書いたようにデフォルトがTIFF。
10枚ぐらいスキャンして、ガッテーむ、ということが多々有ります。
中身一緒なのに変換するのに手間取ります。
フリーソフトで簡単に変換するのもあるのでしょうが、半年に一辺しかないテヘペロでソフトの名前なんか覚えているはずも無し。
検索して探す羽目になり、ベクターにたどり着き、「女神を育てろ」みたいなオンラインゲームの宣伝が出て、後ろの席の人に「こいつまたネットサーフィンしてるよ。オーストラリアのサンタかよ」と思われ、結局どれだか分からず3個くらいダウンロードして、「64ビットでは使えません」とか言われ、実働1時間、精神安定まで10時間かかります。
それを解消するために作りました。
これなら5秒で終わります。しかも、PHPなので誰でも使えます。
友達がいないので、誰にも紹介していませんが。

そんな事はどうでもよいのですが、スペック的にinputのFILEのタグのonchangeイベントにサブミットをライトオンしていまして、テイクオフのセンチメンタルジャーニーであります。
簡単に言うとファイル選ぶとすぐダウンロード画面が出てくるようにして有りました。

ところがこのdropzone.jsを使うと、さっきも書いたようにページが動きません。
他のフォームに入力されるわけではないので、途中で送信止めて他のスクリプトを動かすというような事もできません。
HTMLのeventも動かないので( ondragdropも反応無し)dragした時の判別が付きません。
なので、FILEアップロードとダウンロードを別の操作にしないといけません。
素直に簡単になってくれません。
アクションのところに環境変数くっつけてメソッドをgetにしてみたりdropzone.jsの処理が終わりそうな所にページを飛ばす一行を足してみたりいろいろして見ましたが、取り合えずたどり着いた解決策。

■dropzone.jsの512行目くらいのところでページを飛ばす
complete: function(file) {
location.href = "?mode=down_処理";///////////////足した所
if (file._removeLink) {
return file._removeLink.textContent = this.options.dictRemoveFile;
}
},
■ファイルを見失わないようにsessionに仮IDを振っておく。
$_SESSION["仮ID"]

この二つ。
dropzone.jsは一応イベントが設定してあって、そこに差し込めばいいのですが、どれがどれだかよく分からないので
(元のプログラムは優れていますが私が優れていないので)いろいろ試しましたが、コンプリートのところで飛ばせばとりあえずアップロード処理は終わっているようです。D&Dしてコンプリートまで待つ。
うまい事もとのスクリプトに書き加えないでオーバーライト的な事もできるのでしょうが、私には分かりません。

もう一つ問題はアップロードとダウンロードが二手に分かれる所。
アップロードからPDFを作るまでは一気にやってしまえばいいですが、PDFができてからダウンロードするまでに空白の時間が有ります。限られたネットワークではレアケースですが、同時に複数の人が同じファイルを含むPDFを作ろうとするとバグってしまいます。
どうやら秘密裏に動いているアップロードの方も一応自分が動かしている事になっているようで、セッションが生きています。
なので、適当なID、sessionIDとか日付とか適当なのを決めて、
ページを読み込んだ時に$_SESSION["仮ID"]に入れる。
アップロードと処理が終わったらファイル名を$_SESSION["仮ID"]にする。
別ルートできたダウンロードは$_SESSION["仮ID"]ができるまで待つ。
ダウンロードするときのファイル名とか、ファイルができたかどうかのフラグとかもセッションにいれればOKのようです。

常識かもしれませんが、忘れないようにめもっておきます。
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。