■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

garo simulator


■-----[garo simulator]---------------------■

base_Probability
cg_Probability_%
extra_Probability
st_count
sb_count

energy
rate
out performance
= ? / 250 base
= ? / 250 extra

loop limit
life limit




■------------ms9_script--------■

スポンサーサイト

イラストレーター関連の愚痴

イラストレーターのレイヤーは便利ですが、便利というか無きゃ困りますが、なぜかショートカットがまるで有りません。
ぎりぎりあるのがマウスを絡めたショートカットで
・altを押しながら目の所をクリックすると、それだけが表示
・altを押しながら、もう一回クリックすると全部表示
・ctrl押しながら目の所をクリックすると、それだけプレビューとアウトラインの切り替え
・altを押しながらカギの所をクリックすると、全部ロックとアンロックの切り替え
こんな所です。
はっきり言ってあまり役に立ちません。
キーボードショートカットが無いのが致命的です。
だいたい、レイヤーについているロックとか目玉のアイコンは小さすぎて、あれを操作しているだけで気がめいってきます。
まともな神経していたらぐれるよ普通。

どう考えても「全部表示」のショートカットはいると思いますが、いくらバージョンアップを重ねててもまるで実装される気配が有りません。
今バージョンは16?ぐらいみたいですが、50くらいにならないと付かないのでしょうか。
50というと丁度こち亀くらいでしょうか。
16なのでFFとドラクエは超えてますね。
アカギが鷲頭を倒すのとレイヤー表示のショートカットが実装されるの、どっちが早いか見ものです。

といっても、「レイヤー全部表示」くらいならジャバスクリプトで簡単にできます。
for (i = 0; i < activeDocument.layers.length; i++) {activeDocument.layers[i].visible = true;}
これでOKです。
この一行を適当な名前で「適当(&R).jsx」とかにしてイラストレーターのスクリプトフォルダに入れて
「ファイル(F)」->「スクリプト(R)」->「適当(&R).jsx」
とたどってクリックすれば「レイヤー全部表示」ができます。
名前の所に(&A)とかをつけておくとキーボードのホットキーに反応しますので、この場合
ALT F R R
の順に押せばキーボード操作で「レイヤー全部表示」ができます。

イラストレーターCSの時はスクリプトにショートカットを割り当てる事ができたのですが、
CS2になったらなぜか、機能ダウンしておりまして今やショートカットが使えません。
しょうがないので、オートホットキーというキーフッカーのソフトを使って、
ホットキーにショートカットを割り当てています。

要するに自力で解決できます。

ちなみに「レイヤー全部非表示」はこうです。
for (i = 0; i < activeDocument.layers.length; i++) {activeDocument.layers[i].visible = false;}


今見ているレイヤーからじゅんぐりじゅんぐり移動していくのはこんなかんじです。

//next_n_layer_visble.jsx ココから
/////////////////////////////////////////////////////////////
//2014-03-11 ms9
//下のlayerを見る
next_n_layer_visble();
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
function next_n_layer_visble(){
ls_01 = activeDocument.layers;
v_ar = new Array(ls_01.length) ;
for (i = 0; i < ls_01.length; i++) {
if( i < ls_01.length - 1 ){v_ar[i+1] = ls_01[i].visible;}
else if( ls_01[i].visible ){v_ar[0] = true;}//最後
else{v_ar[0] = false;}
}
for (i in v_ar) { ls_01[i].visible = v_ar[i];}
return false;
}
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
//next_n_layer_visble.jsx ココまで


//next_p_layer_visble.jsx ココから
/////////////////////////////////////////////////////////////
//2014-03-11 ms9
//上のlayerを見る
next_p_layer_visble();
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
function next_p_layer_visble(){
ls_01 = activeDocument.layers;
v_ar = new Array(ls_01.length) ;
last_no = ls_01.length - 1 ;
for (i = last_no ; i > -1 ; i--) {
if( i > 0 ){v_ar[ i - 1 ] = ls_01[ i ].visible;}
else if( ls_01[ i ].visible ){v_ar[ last_no] = true;}//最後
else{v_ar[ last_no ] = false;}
}
for (i in v_ar) { ls_01[i].visible = v_ar[i];}
return false;
}
/////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////
//next_p_layer_visble.jsx ココまで


あとは、表示と非表示を反転させたり、ロックと対応させたり、要するにどうにでもなります。


問題はホットキーをどう動かすかのほうです。
AutoHotkeyを使えばかたはつくのですが、ちょっと一言では説明が付くような代物では有りません。
でもAutoHotkeyならマウスの動きも捉えられますので、レイヤー表示の操作以外にも役立ちます。
ちょっと、キーフックの説明はできませんが、上のスクリプトを適当なファイル名で保存してスクリプトフォルダに入れれば使えますので、お試しください。

イラストレーターで仕事をしている人がどのくらいいるか分かりませんが、皆さんどうやっているのでしょうか。
スクリプトが使えるのでぱわふる便利なのですが、スクリプトが無いと微塵も使えません。
皆さんこんな難しい事やっているのでしょうか。
私はパソコンに詳しいわけではないので、もう、ぎりちょんですよ。


とにかく一番必要なのは
・スクリプトのショートカット機能復活を待望します。
もしくは、
・アクションに登録機能を復活
あとは
・画面回転機能がほしい。
それと、ライブとレース機能が一個ずつしかできなくなったのを直してもらわないと。
それから、動作をもっと軽くしてほしい。
それがーいちばんだいじー。


ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。