■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレニアムファルコン号


あるテレビマンの話です。
月曜ジャンク深夜のバカぢからで伊集院さんが話してたやつなんですが、あまりにもいい話なので書き留めておきます。
本当は実際話してたのを聞いてもらいたいんですが。残らないなんてもったいないよ。
皆さんがテレビ業界の人に知り合いがいるかどうかわかりませんが、私はいませんが、どんなイメージをお持ちでしょうか。
テレビ業界の人のくくりで大きく2つの特徴があるそうです。
一つ目がちょーテキトー。期日時間は守らない、口八丁手八丁でちゃらりちゃらりとやっているそうです。
全員がそうではないでしょうが、そういう傾向が多いとか。
たしかに私もサラリーマンですが、そんな人はやっぱしどこにでもいて、まーやりにくいんですが、テレビ業界はおそらく鉄火場。
そんくらいじゃないとやってげないのかもしれません。
インチキ臭いその場しのぎの嘘でやりくりしているそうです。
二つ目が、家に帰れない。2,3日帰らないのは当たり前、締め切り間際は大わらわらしいです。
なんだかんだで、作品提出の日は決まってますので、最終的に精神論なんでしょう。
どうでしょうか、概ね皆さんのテレビマンのイメージと合致してるのではないでしょうか。
私もそのイメージです。
それで、伊集院さんの知り合いのディレクターの人の話なんですが、プロデューサーだったかな、違いがよくわからない、えーと、名前も忘れた。
仮に大洗ディレクターとしましょう。
大洗さんも御多分に漏れず家に帰れず3,4日。
その日は帰れるとなったんですが、それでも夜の10時過ぎ。
大洗さんは奥さんと小学校低学年の一人娘と暮らしています。
帰ると奥さんが起きていてご立腹。
業界の事に対して理解はしているのでしょうが、その日はちょっと特別なんです。
大洗さんの誕生日なんだそうな。
奥さんが起こってる理由はこうです。
私の事はいい、娘があなたのプレゼントを買ってたんだから、こんな日くらい早く帰ってきなさい。
あなたが帰ってくるまでって、直前まで我慢して起きてたんだから。
それで少し揉めました。揉みましたじゃありません。急に夜の営みが始まったわけではありません。
口論です。
おや、と思った人もいるかもしれませんが、この話の流れだと口論になりません。
お父さんが、平謝りで終了です。
ところが、ちょっと事情があります。
娘のプレゼントの内容です。
大洗さんは大のスターウォーズシリーズファン。
職場でもたまたまらしいですが、スターウォーズ好きがなぜか集まって、よく話をしているそうです。
なかんずく、ハリソンフォード演じるハンソロ船長。ミレニアムファルコン号の大ファン。
スターウォーズ見た事のない人は知ってますかね、ファルコン号。
なんか平べったい丸の宇宙船なんですが、劇中では旧型のダサい扱いを受けつつも大活躍するっていう、かっこよしのポジション。
ハンソロ船長とハリソンフォード演じるチューバッカっていうチワワのお化けが2足歩行しているみたいな宇宙人の2人しか乗組員がいないんですが、その愚連隊ぶりが男心をくすぐります。
ハリソンフォードさんは一人二役大変ですね。
とにかく大好き。部屋にもフィギアとか飾っているほどだそうです。
なのでそれは娘さんも知っていて、お父さんへのプレゼントはスターウォーズ関連のものと決めていたそうです。
それで、どうやら、この娘さんかなり聡明のようで、お父さんへのプレゼントは自分で買わなければいけないという自我があります。
お母さんやましてやお父さんに頼んで買ってもらったんじゃ、意味がない。
つまり、自分の月々のおこづかいでプレゼントを買ったそうです。
300円。
小学生低学年の知り合いがいないので、このお金の流れの理解が賢いのか賢くないのか、おこづかい300円が高いのか安いのかは私には判断できませんが、はたから見ても胸打たれる話です。
それで、お母さんと一緒におもちゃ屋さん?的なところに行って、何かいいものがないか探した結果。
そりゃありませんよ。よく知らないけどフィギアとか2万くらいするでしょ。
スターウォーズって完全に大人向けだし。
といっても買ったんですよ、プレゼント。
何を買ったかというと、80cmくらいあるミレニアムファルコン号のプラモデル。
なんでそんなマジックが使えるかというと、ディアゴスティーニなんです。
あの創刊特別号499円でおなじみのディアゴスティーニ。
ちなみにこちら。http://deagostini.jp/mfl/#modelDetailZone
おこずかい2か月分貯めたので買えましたね。
これが問題です。
私たちは大人なので、ディアゴスティーニが安いのは一番初めだけって事と、ずーと買い続けないと完成しないという事は知っています。
すなわち、創刊号には何かはわからないけど「とある部品」しか入っていないのも知っています。
ちなみに、2号からは2000円で100号まで続くらしいです。
20万円ですね。
それでお父さんはお母さんに「何で止めなかったんだ」ですよ。
そりゃそうですよ、気持ちだけでもうれしいのに。
そうこうしているうちに、娘さんが起きてきました。
大好きなお父さんが帰ってきています。
当然プレゼントを渡します。
そこで審判の時ですよ。
屈託なし、プレゼントを開けて見て。
さー、ここで開けるべきか開けざるべきか。
開ければ、ミレニアムファルコン号ではないのが明るみになってしまう。
開けなければ、せっかくのプレゼントがうれしくないのかと思わせてしまう。
大好きなお父さんの大好きなスターウォーズの大好きなファルコン号なのにうれしくないなんておかしいです。
開けました。
でました。部品が出ました。
私はディアゴスティーニを買った事がないのでわかりませんが、もし私が同じ立場だったらこんな淡い期待をしていたでしょう。
創刊号ともなればなんとなく特典で、2cmくらいの完成予想図ミニチュアみたいなのがついているかもしれない。
伊集院さんも同じ事を言っていました。
私も同意見。
ところが出てきたのはなんかの棒と板。
どうやら、コクピットの操作版みたいなのと砲台の先っちょのようです。
ちなみに、さっきのURLの真ん中くらいの提供パーツのところに画像があります。
愕然。
娘さんもそこで気が付きます。聡明なので。
どうやら、何回か繰り返して買わないと完成しないという事に。
そして、こういうんです。
お父さんの為に毎月買う。
考えうる最悪の事態。次から2000円なんすよ。そこはまだ情報解禁してないんすよ。
仮に499円でも、月300円じゃ返済が追いつかないんですよ。
本当は一番幸せな日のはずだったんです。
3人が3人とも幸せになるはずだったんです。
どこでボタンを掛け違えたのか、全くの正反対の結果。
悲しみに満ち溢れています。
ここで、お父さんが口を開きます。
日ごろ、口八丁でテレビ業界の荒波を乗り切っている大洗。
私はこれを聞いて、テレビマンに憧れの念を惜しむことはありません。
「お父さんはファルコン号が好きなんだけど、実はこのコクピットの部分が一番好きで、ほかのところはどちらかというとあんまり好きじゃないんだよ。
映画やテレビでは同じ宇宙船だから別々にならないから一緒に映るし、しょうがなく好きでもないほかの部分も見るしかなかったけど、本当はこの部分だけがほしかったの。
よくやってくれたよ、ディアゴスティーニ。ちょうどいい。これは丁度いい。」
手間じゃなかったら、先ほどのURLの画像をご覧いただきたい。
http://deagostini.jp/mfl/#modelDetailZone
そんな奴はいない。
いないのではあるが、めでたく、創刊号だけの購入に収まったそうです。
その日の夜は揉みしだいたに違いない。
こうして、大好きなお父さんの大好きなスターウォーズの大好きなファルコン号の中でも特に一番好きなよくわからない部分と家族の幸せを手に入れたのである。

後日談があって、その話を職場のスタッフに話したら、職場のスタッフもスターウォーズ好きなので、80cmのファルコン号に食いついて、購入しようかどうか迷ってるそうな。
大洗さんはいくら大好きでも、それを揃えるわけにはいきません。
部屋にはみょうちくりんな円盤を飾っているそうです。
いや、大洗にとってはその日からそれが世界最愛のガラクタ、ミレニアムファルコン号なのです。
というお話。
スポンサーサイト

雪の愚痴

寒波による積雪での交通渋滞に巻き込まれ、一晩車で過ごした人も出ています。
だそうです。私も車で9時間パーキングいれっぱでした。
なんか、バイパスで渋滞すると右にも左にも行けないので、どうしょもないです。
誰が悪いってわけではないのでしょうがないですが、私のカンが悪かった。
止まるまではすいすいっていたので、大丈夫かなと思ったら、もろ巻き込まれてしまいました。
まじで、そこら辺のホテルに泊まればよかったっす。
といっても、私だけ助かっても、渋滞自体はなくならないので、ものそい被害が出てるのは解消できません。
朝方、うとうとしていると、ちょろっと動いて200mくらい先の交差点にたどり着いたので、そこでUターンして徹夜で会社に行きました。
渋滞のおかげといったら何ですが、いろいろなものが機能しないので、無駄な連絡がこず、お仕事ははかどり6時に帰ります。
すごく晴れてるんですよ。
だから、もう渋滞してないと思うんですけど念のため高速を使って家に帰ります。
高速はすいすいなので、こりゃ早く帰れるなと思ったんですが、降り口のところがまたバイパスにかかってますので、そこでまたストップ。
ほんの100m先の交差点をわきに曲がるだけなのですが、1時間かかります。
たしかに、ここまでひどいのは初めてかもしれない。
しかも、道路状況は見る限り、いつもの年と大して変わんないんだけど。
結局家帰るのに正味12時間かかりました。足掛け40時間。普段1時間なのに。
暇なのでニュースを見ると、腹立つわニュースは。
九州で15cm積もった、とか。
そんで、こういうんですよ、雪に慣れてない地域だから大変ですね、こりゃ。とか。
新潟の渋滞のニュースは、雪に慣れてる地域なのにこんなことになっちゃいました。とか。
「雪に慣れてる」ってなんだよ。
具体的になんだよ。
俺らがやってる事って言ったら、駐車場に車に止めるとき、ワイパーを上げることと、車のうえにたまった雪を落とすための変な棒を持っていることだけだよ。
あとはひたすら我慢。
我慢してるだけ。
それをなんか「雪国の人は雪に慣れてるんで」とかいって、勝手にエキスパート扱いして、目を背ける感じ。
完全にいじめっ子の考え方だよ。
知った風な口をききやがって。
まじで、田中角栄生き返ってほしいよ。

焼きうどんのおまけ

焼きうどんってあんまりテンション上がらないですよね。
焼きそばはテンション上がる。
でも、3日焼きそばが続いたら、上がらなくても焼きうどんを選びます。
あのゲーム名前なんて言うのか。
じゃんけんして、グーで勝ったらグリコの3文字分進むことが出来て、パーで勝ったらパイナップル分の文字数進めて、チョキはチョコレート進めるやつ。
明らかにグーの費用対効果が低い。不平等なゲーム。
しかしながら、グーを使っていかないといずれは負けます。
焼きうどんというのはそういう存在。
グで始まる言葉もっとあったろうに。

グ、グ、ないか。
「具」しか思いつかない。あとグングニル。グングニルは一般的じゃないから駄目だし、やりヤリ君だし。
大体、チョコレートって、チョキの3文字目のキ無視されてるし。
グリコもチョコレート出してるし。
ずりーよ。不条理だよ。世の中、不公平だよ。
でも、グリコのおまけつき、とか言っていつか革命(レボリューション)は起きるかもだから、焼きうどん食べよう。


青菜に塩

確か前、さんまのホンマでっかTVで「ピースの仕方で女性の年代がわかる」みたいなことを言っていました。
手の甲側を向けてマッカーサーのビクトリー的な出し方が10代。
人差し指と中指を閉じて顔の近くにつけて小顔効果を狙った出し方が20代。
腕を上げないで下の方で恥ずかしそうにやるのが30代。
バカみたいにイエイイエイってやるのが40代。
そんな感じだったようななかったような。
まあ、この判別法、答えが先に出てるタイプの奴なので、知って楽しむやつです。
これでいうと私も一個あります。
落ち込んだ時にいう表現。
40代が、メランコリック。
30代は、ブルーって言います。
20代は、なんかよくわかりませんが、恥ずかしくないのか萎えるって言います。
10代は、10代の人とあまり関わらないのでなんて言ってるか知りません。
たぶん流れからすると、具足もしょんぼり、とかでしょうか。
表現方法ってのは明らかに賞味期限みたいなのがあって、時間がたつとダサくなります。
私は最近は、青菜に塩、っていうように心がけてるんですが、いつも忘れてしまいます。

なんか、休憩みたいな文章ですいません。

illustrator javascript 選択が遅い問題

illustrator javascript 選択が遅い問題

illustrator をjavascriptで動かす上で一番ネックなのが、グループ化された中のオブジェクトの扱いです。
色とか変えようとしても、pageItemsは一階層目のオブジェクトしか指定できないので、グループ化の中のオブジェクトを指定するには回帰的な関数呼び出しで深く掘っていかないといけません。
でもこれはやればできるので、そうします。
グループ化を制するものはイラストレーターscriptを制します。
あと、バグってわけではないと思いますが、ひっかかり安い点が
・グループ化は100ネストするとそれ以降の子階層は消滅する。エラーとか出ない。
・オブジェクトネームが長すぎると消滅する。エラーとか出ない。
(オブジェクトネームなんて普段付けないですが、script上で付けたりなんかすると勝手に長くなってる場合がある。たぶん255文字とかだと思う。)
----------------
あんまりマニュアルみたいなのが無いし、ブログとかで説明してくれている人もいません。
マイナーなのでしょうか。超便利だと思うんですがillustrator javascript 。

そいで、これも探しても出てこなかったので、記録しておきます。
なんか前にも同じこと書いた記憶があるのですが、検索しても見つからないんで。
たくさん選択しようとすると、すげー時間がかかる問題。
プログラム上の選択ではなくて「選択状態」にする選択です。
例えば、パスアイテムだけ選択しようとすると
var ar = [].slice.call(activeDocument.pathItems);
for (var i in ar){ar[i].selected = true;}
こんな感じだと思います。

この時パスアイテムが1万個くらいあると、マジフリーズしたんじゃないかってくらい時間がかかります。
まあ、休憩だからタバコでも吸ってこよう、っつて10分位して戻ってくると選択はされてます。
で、間違えてクリックして選択解除されて、パソコンがかわいそうになります。

同じような処理で1万個のパスの色を変えるとかはなぜか速いです。
大きさ変えたり、少しくらい複雑な処理例えばpoint一個だけ動かすとかも割りと早いです。
ところが選択だけ恐ろしく遅い。
選択されるとハイライトされるのでその描写に時間がかかっているのかと思うのですが、
色変え処理をリドローしても全然時間かかんないし。
app.activeDocument.selection;とかに登録するのに時間がかかっているのでしょうか、知りませんけど。

解決法は
■一回グループ化してから選択する。してからグループ解除する。
(ただし、Z軸が前面になってしまう)
ソースを載せたいのですが、なんか余計なもんがいっぱい付いてるのしかないので、一部分だけ。

object_ar = 選択したいやつら;
var self = activeDocument.activeLayer.groupItems.add();// 臨時の器
var parent_homes= [];//故郷の場所をめもっておくところ;
//グルーパー 元いた場所の情報を取りつつ
for(var i in object_ar ){
parent_homes [i] = object_ar[i].parent ;
object_ar[i].move(self ,ElementPlacement.PLACEATEND);
}
self.selected = true;
/////////////////////////////////////////////////////////////
//group解除
for(var i in object_ar ){object_ar[i].move(parent_homes[i] ,ElementPlacement.PLACEATBEGINNING );}
self .remove();//↑本当はcollectionの順番をひっくり返す必要有り
/////////////////////////////////////////////////////////////
こんな感じです。
グループ解除しても選択解除されません。
これだと1万個くらいあっても3秒くらいで選択できます。
ただ問題は、(ただし、Z軸が前面になってしまう)ってところで、破壊的なので使えない場合も有ります。
肝は
var parent_homes = []; 故郷の場所をめもっておくところ;
で、これによって、グループ解除した時に元いた場所に戻す事ができます。
自分自身に独自のpropertyをつくって埋め込んでもいいのですが、途中でなんか処理とかしたり、集計処理とか入れようとする場合は分離させておいたほうが良いと思います。
ただし、イラストレーターの場合、オブジェクトの上下の順番のインデックスがはっきり書いてないので、故郷は分かるのですが、前の地位が分かりません。
なので戻した時に上から順番に並べられてしまいます。
やろうと思えば、グループ内の地位をメモッてから移動もできるのですが、そうするとおそくなるのであんましいみありません。

オブジェクトのレイヤー間の移動や、document間の移動も一度グループ化させることによって1000倍くらい早くなります。

illustrator javascript で射影変換

射影変換(perspective transform)
illustrator javascript

イラレのスクリプトで例えば四角のパスアイテムを1000個一度に大きさを半分にするのは簡単です。
var v = 0.5;
var ar= [].slice.call(activeDocument.activeLayer.pageItems);
var hw = ["height","width"];
for(var i in ar ){for(var j in hw ){ar[i][hw[j]] *= v;}}

動かしてないけど、こんな感じでいけると思います。
resize()使ってもいいし。
角度を変えるのも簡単。rotate()というのが有ります。
移動も簡単です。
---------------------------
illustratorでオブジェクトを選択するとバウンディングボックスというのが出ます。
出ない場合はeを押すとでます。objectの外形を取った長方形です。
角を選択してドラッグすると「自由変形」ができます。
拡大縮小や、回転。
もう少し深い操作があります。
コントロールボタンを押しながら、ドラッグすると歪ませた形にできます。
「シアー」とか言うらしいですが、とにかく歪んだ感じになります。
で、これをscriptで行いたいのですが。

----------------------------
まず、目に付くのが
transform()というメソッド。
transformationMatrix というマトリックスオブジェクトに6つくらい数字を入れてやれ、みたいなのがあります。
ところが、詳しく調べてみるとこれはひし形しか作れません。
なんつうか、正方形から台形を作りたいのです。
ついでに、その中にあるオブジェクトも一緒に動くみたいな。

それで調べた結果
ひし形にする変換をアフェイン変換
台形みたいにもっと自由な形にするのを射影変換(perspective transform)
というらしいです。
で、この射影変換はillustratorのオブジェクトではsupportしていません。

で、射影変換するには
長方形を任意の四角形に変換する行列
+=http://ynomura.dip.jp/archives/2014/01/post_48.html
のような計算をしないといけません。
小卒程度の知能の私には何を言ってるのかさっぱり分かりません。
なので、ジャバスクリプトの変換ソースも作れません。
OpenCVにもgetPerspectiveTransform()とPerspectiveTransform()という関数があるので、それを見て
c++からじゃばすくりぷとに書き直せばよさそうですが、勘弁してほしいです。
------------------------------
で、解決編ですが。
プログラムソースを載せたいのですが、汚いのと、長いので、肝の部分だけ記録しておきます。
・web用に作られたperspective-transform.jsというのがどこかの天才外人が作ってましたのでそれをダウンロード。
+=http://uncorkedstudios.com/blog/perspective-transforms-in-javascript
ホームページとかで画像をCSSで歪ませるのに使うみたいです。
で、これがそのまま使えます。

var ar = [一個目の四角の4点のXY、2個目の四角の4点のXY];
//例えばvar ar = [ [[0,0],[0,100],[100,0],[100,100]] ,[[1,0],[0,100],[100,0],[100,100]] ] ;
//イラレなので、四角書いてそのポイントを入れるみたいなことになると思います。for(var j = 0 ; j < 4 ; j++){ ar[0][j] = ov.pathPoints[j].anchor;}
var srcCorners = [ar[0][0][0] , ar[0][0][1], ar[0][1][0] , ar[0][1][1],ar[0][2][0] , ar[0][2][1],ar[0][3][0] , ar[0][3][1] ];
var dstCorners = [ar[1][0][0] , ar[1][0][1], ar[1][1][0] , ar[1][1][1],ar[1][2][0] , ar[1][2][1],ar[1][3][0] , ar[1][3][1] ];
var perspT = new PerspT(srcCorners, dstCorners);

これで、なんか行列ができるので
xy2 = perspT.transform(x,y);てのをやってやると xy2に変換した座標がきます。
これを 動かしたいオブジェクトのパスポイント全部で繰り返せばOK。
///////////////////////////
ov = 動かしたいパスオブジェクト;
var p_ar = [].slice.call(ov.collections[i].pathPoints);
for(var i in p_ar){perspective_transform_one(p_ar[i],perspT);}
function perspective_transform_one(tg,perspT){
var ar =["anchor","leftDirection","rightDirection"];
for(var i in ar ){tg[ar[i]] = perspT.transform(tg[ar[i]][0], tg[ar[i]][1]);}
}
///////////////////////////
こんな感じでしょうか。ハンドルも一緒に動かさないと、面白い形になってしまいます。
これを応用すればパースペクティブを適用したり、キャリブレーションかけたりできます。



ページを移動しても同じところにスクロールさせるセット



window.addEventListener( 'load', auto_scroll_position, false );
/*_________________________________________________________________________________________*/
function auto_scroll_position(){
window.addEventListener( 'unload', auto_scroll_position_get, false );
var xy = cookie_to_array()["auto_scroll_position_xy"];
if(xy){xy = xy_zero(xy.split(","));window.scroll(xy[0],xy[1]);}
}
/*_________________________________________________________________________________________*/
function auto_scroll_position_get(){ document.cookie = "auto_scroll_position_xy="+ now_scroll_position(); }
/*_________________________________________________________________________________________*/
function now_scroll_position(e){
var lt = ["scrollLeft","scrollTop"];var xy =[];
for(var i in lt ){xy[i] = document.documentElement[lt[i]] ? document.documentElement[lt[i]]: document.body[lt[i]];}
return xy_zero(xy);
}
/*_________________________________________________________________________________________*/
function xy_zero(ar){return ar =[ar[0] !== undefined ? ar[0] :0 , ar[1] !== undefined ? ar[1] :0];}
/*_________________________________________________________________________________________*/
function cookie_to_array(){
var ans_ar ={};
var allcookies = document.cookie;
if( allcookies == '' ){ return ans_ar; }
var cookies = allcookies.split('; ');
for( var i in cookies ){ var v = cookies[i].split('='); ans_ar[v[0]] = unescape(v[1]); }
return ans_ar;
}
/*_________________________________________________________________________________________*/


[ script_ms9 ]

フラリッシュってなに?

ひとえにマジックといっても様々なカテゴリーが存在する。
ステージマジックを主体とし華やかに観客を魅了するステージアクター。
カフェやバーでクロースアップのマジックを対話で提供する、テーブルホッパー。
それぞれ使用する技術や知識が違い、区画分けされ、そしてそこに派閥が生まれる。
その中でも最も高度な技術を要し、しかし表舞台に現れることのない区画がある。
あまりにも強大な技術力を持つ故、マジックの世界を脅かす存在として恐れられ疎まれ、最端に追いやられた存在。
第9区画。
magic section 9.
人々は彼らをフラリッシャーと呼ぶ。

の、ナレーションのあとにオープニングBGMドーン、でどうでしょう。

------------------------------
その他の設定はこんな感じです。
映像トリックを利用した大規模な現象を起こす、ビジョンスチーラー、
ステージマジックを主体とし華やかに観客を魅了するステージアクター。
人間の心理のスキを突き、まるで心を読まれているかのような不思議を演出する、メンタリズマー。
カフェやバーでクロースアップのマジックを対話で提供する、テーブルホッパー。
様々な道具を駆使し鮮やかな視覚効果を生み出す、ギミックマスター、
仕掛けを己の身体のみに卓越した、スライハンダー。
自身では演じることをせず各区画にトリックを提供する、トリックメーカー。
心理戦を得意としショーマジックのみならずあらゆるシーンを掌握するといわれている、ロールルーラー。

ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。