■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュ動画の作り方 「その3 コンセプト」

フラリッシュ動画の作り方 「その3 コンセプト」

本当はこれを一番初めに話さなければいけないのですが、とっつきにくいので後回しにしました。。
コンセプトです。
理念ですかね。テーマというか、作る理由というか、決めた方がいいです。
そういうのをコンセプトといいます。
何でもいいです。

・自分は上手くなったので腕を自慢したい
・お気に入りのカードのPVを作りたい。良さをアピールしたい(商業用動画のコンセプトがこれです。)
・新しい動きを考えたのでみんなに伝えたい。
・自分がいつもどの様な練習をしているか見せたい。
・景色がいいので撮ってみた、カードはおまけ。
・特定のフラリッシュのよさを伝えたい。

とか、何でもいいです。
はたまた
・鋭さ
・癒し
・妖艶
・スタイリッシュ

とか、漠然としたのでもいいです。
その動画における憲法みたいなものです。
これを決めておくと、取捨選択が楽になります。
編集のときなら、そのカットを使うか、このエフェクトを使うか、など迷ったときに指標になります。
BGM選択。撮影場所。ハンドリング。衣装。演目。
なども、コンセプトを隣において決めると、楽です。

動画に統一感が出ます。
伝えたい事が明確になると記憶に残りやすくなります。
例えば「白癬の力」なら白いカードが動いたときの綺麗さを表そうとしています。
必然的に編集には余計な色を使用する事を控え、文字エフェクト関係は白に統一しています。手の肌色、床の茶色、ズボンの紺色、以外は白黒のモノトーン構成で、その中で白い物体が動く様子を見せるようにしています。
落ち着いた感じを出すためにカメラアングルをダイナミックに変えず、一方向からにとどめておきます。カット自体も淡々に進め技法のリスト的な雰囲気をかもし出す事で激しい動きのものも静かに押さえつけます。
過激であるが表に見せない感じゆえ、椎名林檎です。
後のテクニックとか現象はおまけです。

それから、ここがポイントですが、通常は途中でコンセプトを変えると「本末転倒」的なことを言われて叱られますが(誰にだ・・・・) ここで説明している動画の作り方は一人で趣味で作ってるだけ前提なので、コロコロ変えても、誰にも怒られません。やったね。
でも、はじめから決めておいて買えないほうが効率はよいです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。