■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おーい緑茶

お茶って不思議ですよね。
「茶」という色の意味を持つ漢字一文字の名前を付けられているわりに、色違うし。
色違うから「緑茶」とか言ってまさかの色重ねですよ。
ビックマックですよ。
それでもまだ、何色かわかんないからね、どっちよ。サントリーニューオールドの文法よ。
それで緑だからっつって、わざわざ緑茶って緑を強調してるけど、コンビニに売ってる緑茶とか見ると、意外と茶色だし。
そいで、正真正銘の緑色してる抹茶とか抹茶だし。
じゃあ、本当の茶色の麦茶とかどうかって言ったら、あれは「厳密にはお茶じゃない」とか言うんですよ。
お茶の葉っぱから作られてないからお茶じゃないっていうんですよ。
メロンは厳密には野菜、のノリでいうんですよ。
ドクダミ茶もプーアル茶もハブ茶もジャスミン茶も茶色なのにお茶じゃないっていうんですよ。
しかも、どっちかっていうと、厳密にはお茶じゃないお茶の方が多いし。
お茶は健康にいいっていうくせに、お茶につくカビが一番ヤベーとか言うし。
もうわけわかりませんよ。ついてけませんよ。

あと、これは私の勝手なイメージですが、
ウーロン茶は半発酵させたお茶で、紅茶は発酵させたお茶らしいのですが、
ウーロン茶は中国のイメージで、紅茶はヨーロッパのイメージです。
逆に言うと、ヨーロッパの人は緑茶を飲んでないイメージです。
初めて紅茶を飲んだヨーロッパ人は緑茶が気にならなかったのでしょうか。
いきなり変化球ですよ。
始めて行くラーメン屋で味噌つけ麺とか頼む奴ですよ。
信じられませんよ。
なんか、船で運んでいる間に発酵しちゃって結果的に紅茶になったみたいな話聞きますけど。
その運んだやつは緑茶を知ってるわけじゃないですか。
持ってったときに、貴族?的な?人に持ってった時に、「あ、ヤベ」とか思わなかったんでしょうか。
私だったら、ビビッて捨てます。肝座ってますね。
ウーロン茶の「半」発酵ってのにも納得してませんけどね。
なんだよ半って半クラみたいな言い方してるけど発酵に半も全もあんのかね。
あと、紅茶も色重ねになってるからね。
赤と茶色で色似てるからってみのが、、あーっとあぶねぇ。
黒烏龍茶もウーロンで離して、ごまかしてるけど、見逃さないからね。
黒と茶色で色重ねになってるからね。
ビックマックセットかよ。

でも、まあ、私はお茶を飲んでる時が一番幸せです。
ところで、色重ねって何ですかね。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。