■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

すっぽん



やった事ないんですが、いまや文明が発達しておりまして、ま、結構前からあるんですが、歌の曲名が分からない時、鼻歌でメロディーを、ふふふん、とやると検索してくるシステムがあるそうです。
どのくらいの精度なのでしょうか。
インターネットで調べられないことの一つに「名前がわからないもの」があります。
その曲名サーチも音痴だったらアウトですね。
仮に絶対音感だったとしても、曲名がうろ覚えであることが前提でそもそもメロディーしか覚えてない場合はその出てきた名前があっているかどうかも判別できません。
特に音楽とかは題名なんか知らなくても、思い出と対で覚えることが多くて、多いというか容易なので、そんなことが起こりやすいです。
思い出は調べられないですから。

私が子供の事ですが、なんか草を食べてました。
その辺に生えている食べられる草というと、赤い花でもぎ取って後ろからチューチュー吸うと甘い感じがするのが有名です。
サルビアとかサツキとかレンンゲツツジとか言うらしいです。
中には毒があるものもあるので、あんまバカみたいに吸ってるとバカになるのでやめた方がいいです。
でも私が食べていたのはそうゆうライトな感じじゃなくてもっとがっつりしたやつ。
すっぽん。
それはそう呼ばれていました。
土手に生えていて、生えていてというか埋め尽くされていて、見た目は何というかほかに似たものがありません。
竹みたいに一本の棒で、枝はなく花もありません。
太さは小麦粉の高騰により、細くなったうまい棒くらいの太さで、色は緑みたいな茶色みたいな紫みたいななんかよくわからない色です。
かなり長く伸びて、小学生の背の高さくらいはあったような記憶。
固くないので、折ったり抜いたりできます。
引っこ抜くと「すっぽん。」と軽快な音を発して、だから中身が空洞なわけですが、ちくわみたいな感じです。
たぶん名前の由来もそこから来ていると思います。
なかはジューシーで握ると汁が滴るくらい。
食べるとややすっぱくてシャキシャキしてて少し苦い、似たような食べ物がないんですが、あえて言うなら煮たカブの茎。かな。
で、これの名前がわかりません。
なんかなぞなぞみたくなっちゃいましたが、これなーんだ、です。
当然、すっぽんというのはうちらが勝手に呼んでた名称で正式名称ではありません。
インターネットで上記の単語を駆使しても出てきません。
下手に「すっぽん」という滋養強壮に良い高級商材と名前がかぶっているので、顔を出しません。
すっぽんだけに。本家の方は簡単に引っこ抜けないと聞きますし。
子供とはいえナンセンスなネーミングをしました。
でも、子供からすると棒のすっぽんのほうが先で亀の方が後なので勘弁してください。
一番上のサルビアとかサツキとかレンンゲツツジとかは、別に私は鼻の名前に詳しいわけではありませんが、「吸う 赤い花」とかで検索したら簡単に出てきました。
すっぽんはでてこない。
もう少し、文明が進めば画像検索みたいな、今の画像検索の逆で写真を撮ってそのものの画像を解析して調べてくれる機能みたいなのが出てきて調べられるかもしれません。
でも、それもちょっと難しくて、なぜならそのすっぽん、今は一切生えてません。一本もありません。
まあ、近くで見かけなくなっただけだと思うので日本全土探せばどっかにあるとは思うのですが、なにせ素性をしらないのでどこにあるとかわかりません。
何で無くなったのかはわかりません。
アスファルトに追いやられたのか、でもその前になくなってたような気もするし、誰かが全部食べちゃったのか、うちの近くでは絶滅しました。
ほんとに土手全体を覆いつくしてたんですが。
下手したら、全部私の妄想で初めからそんなものなかったのかと思えるほどきれいさっぱり無くなってます。
ジブリじゃないけど子供にしか見えないんじゃなかろうか、いつ無くなったのかも思い出せません。

皆さんならどう検索しますか。
実は私はもう答えを知っているので出すことが出来ます。
実は上記の文章の単語を駆使すれば出てきます。
例えば「食べられる 子供 草 」とか「スッポン 草」とか。
なんかすげー簡単にでてきますが、それは答えを知っているからで、そもそもほんとに食べられる草なのか、すっぽんはまず違う、などとやってると虚空を切ります。
まあ、逆に皆さんはその出てきた画像が私の頭の中の絵と同じかどうか判別できないので、正解かどうかわからないと思いますけど。

正式名称は「イタドリ」というらしいです。
たぶん結構有名で、私が無知なだけです。
のんのんびよりというアニメを見ていたら、なんか田舎を題材にしたストーリーなんですが、その中で雑草を食べるシーンが出てきました。
そのなかでは「すかんぽ」と呼んでいましたが、それも正式名称ではないみたいなんですが、しかも映像で出てくるのは違うやつなんですが、響き的にぴんときて、試しにすかんぽで検索したら一発で出てきました。
見て損する映像作品はないな、と思います。

このイタドリ少しなら食べても害はないんですが(よかった)やっぱしあんま食べすぎるとよくないみたいなので、気を付けてください。
皆さんの近くに生えてたらの話ですが。
食べないまでも抜いてみたら「すっぽん」というので「わからなくもない」と思ってください。

さて、例えば昔の友達と会ってこの話をする時「バカみたいに食べてたけど大丈夫だった」と一歩進んだ話ができるわけですが、
それでもやっぱり「イタドリ」では通じないので土手のうんにゃらの長ったらしい説明をしなければいけません。
私友達少ないんで、昔の友達に会う機会の頃にはイタドリという名前は忘れていると思いますが。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /