■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャックハウンド・マニュアル

サンドイッチエフェクトには

ハンターカードを出すタイミングに3種類あります。
1.初めからハンターカードを見せておいてからターゲットを選ばせる。
2.ターゲットカードをデックに混ぜてからハンターカードを取り出す。
3.ハンターカードにターゲットが挟まった状態で同時に取り出す。

ハンターカードの位置づけに3種類
1ハンターカードをデックと接触させる
2.ハンターカードをデックと離す
3.ハンターカードをデックに混ぜる

はさまれるプロセスに2種類
1.徐々にはさまれる
2.急に挟まってる

------------------------
この分岐の選択でそれぞれ与える印象や効果が違います。
詳細は割愛します。
この内、選んだ.ターゲットカードをデックに混ぜてからハンターカードを取り出だし、ハンターカードをデックと離し、急に挟まって探し出す、スタンド状態で観客の手を借りずに演じられるサンドイッチカードを「ジャック・ハウンド現象」と言います。
全魔連で決まっています。

動画ではオリジナルと言い張るために
コントロールとショットとプロダクションを無理矢理オリジナル手順にしていますが、何でもいいと思います。
・立ったままテーブルなしで演じられる(ポケット使用可能)
・お客様の手を借りない(けど自分は選んだカードを見ない)
・プロダクションの瞬間はデックとハンターカードが離れている
の3つの条件を満たしていればよいです。
あと、今のところハンターカードもプロダクションです。

------------------------
一枚選ぶ→混ぜる→ハンターカード出てくる→ターゲットカード出てくる。
の順で、このマジックには不思議なところが3つあります。

1.混ぜたのに特定の2枚のカードが取り出せている。
2.何も無いところから1枚カードが出てくる
3.出てきたカードが知りえない選んだカードである。

1と2の不思議は似ていますが、
1はテクニックで取り出してください。殆ど明らかにデックから抜き出した感丸出しでやってください。
マジックのプロットを考える上で重要な事の1つに「不思議の手柄をどこに持っていくか」という事があります。
マジシャンなのか観客なのかそのほかの物なのか。
ジャックハウンドでメインの現象は3の選んだカードです。
で、これの手柄は黒ジャック2枚(ハンターカード)に譲渡されています。
1の現象はマジシャンの手柄なのでテキトーに取ってください。
2と3は黒ジャックの手柄です。
まとめると。
マジシャンの能力 : デックからテクニックで2枚特定のカードを取り出せる。引いたカードは知らない。黒ジャックの召喚。
黒ジャックの能力 : 引いたカードを特定できる。デックのどの位置にあるかサーチ出来る。位置の分かっているものを自身の間に空間を飛び越えて挟める。
------------------
思想誘導はこのように行ってください。
カードを選ばせる→カード当てかな?
黒ジャックを出す→このカードで探す・・・挟む?

先に黒ジャックを出して置くと、サンドイッチカードだという事が予想できます。こうすると、カードを当てる際にターゲットの位置が重要になる事が予想されます。
これを防ぐために黒ジャックは混ぜた後に出します。
この時点ではなんとなくカード当てだという思考に入っている状態で、どの様に当てるか分かりません。
心を読むのか、予め予言なのか。つまり、手がかりをどこに持っていっているかの予想が立ちにくい状態です。
位置情報が重要かどうかがわかる前に混ぜる動作を終了します。
黒ジャックを2枚出したら、簡単な説明をします。
が、2枚出てきた時点で少々の困惑があります。
「混ぜて位置が分からないのになぜ場所を知っているのか。どうやって抜き出したのか」。
勘のいい人だと「と、いう事はこの人はカードの位置をすべて把握しているかもしれない。選んだカードの場所も分かってるかもしれない」というところまで到達する人もいるかもしれません。
が、それを説明で打ち消します。
と同時にその間にデックを置いてしまします。
「この後このデックの中から場所の知っている(上か下?)選んだカードを抜き出すのだろう」と思ってるところで、
出す。
「え?デックに近づけないの?」
終了。

と、推測を追いつかせないようにしてください。
------------------

一応、ディレクションというか図の流れを描いておきます。

ドリブル→止まったカード→選んだカード表→覚える→デックに入れる動作→混ぜる動作→出てきた2枚→1枚目ジャック表→2枚目ジャック表→揃えたジャック2枚→出てきた一枚→出てきた1枚表

これ以外はフレームアウトさせて埋没させてください。
------------------
基礎、基盤の基本のベーシックのコンセプトは以上です。
あと、ハンドリングとかカードの撮り回しとか適当に変えてください。

あー。と。大事な事言うの忘れてました。
ギルティーのジョニーの必殺技ジャックハウンド見てから演じてください。
イメージコンセプト、雰囲気はそれです。
で、はさんだあとにこう言って下さい。
「逃げても無駄だ、いい的だぜ」(若本ボイス)
-------------------------
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。