■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマシンインターフェイス

インターフェイスという言葉はよく使われるがコンピューターの話では特にである。
プログラムやソフト面でも使われるしハード面でも使われる。
何かと何かを繋ぐ物である。
多様すぎて紛らわしい。
マウスやキーボードもインターフェイスである。
マンマシンインターフェイスという。
コンピューターと人間の中継ぎをしているからマンマシンである。

パソコンを長く使っていると少しでも便利に、時間短縮しようとして、ショートカットやマウスジェスチャーとか使い始める。
コントロールキーの使用やらなんやらである。
有名なのでいくとclt+c(コピー)とか割と何のアプリでも共通なやつである。

特にWindowsにはヘルプにのってないような裏技みたいなショートカットがたくさんあって、面白い。
というか不親切である。
デスクトップでコントロール押しながらマウスホイール回したら、えらいことになってバビッタ。

Windowsはたちの悪いことにショートカットを変更できない。
最近はAutoHotkey とかのスクリプト実行環境の存在を知ったので(今までなんで知らなかったんだろう・・・)だいぶ気が楽である。
基本的には既存のショートカットに慣れたほうが良いが長時間使うパソコンが決まっているのならカスタマイズしたほうが賢いであろう。
というか、最近のキーボードはスリープボタンとかログオフボタンとかサドンデスなキーが多くて困る。
さしあたってそれらの機能を無くすのも有効的だ。

私は
・F1の「ヘルプ表示」が立ち上がりが遅くて必要ないので「デスクトップの表示」に入れ替えてる。
・エクスプローラーにマウスジェスチャー
・デスクトップを詳細表示
にしている。
他にもいろいろあるけれど、お勧めはそんなところ。
Window7とかになってから、なかなか設定できなくて困っていたがAutoHotkeyでほとんど解決しそうである。
デスクトップを詳細表示にするのは「desktop arrange tool」ってのを使っている。
「きのこ」とか「listview」とか数点あるけどWindow7でまともに動くのは「desktop arrange tool」だけのようである。感謝いたします。

ホットキーとかショートカットとか繰り返しスクリプトとかは別にAutoHotkeyでなくてもよいのだが、そんなに複雑なことはしないのでAutoHotkeyで事足りそうである。
プログラム書かなきゃいけないので詳しくない人にはちょっと難しいけど、やればできる。
というかWindow7でキーボードをフックする方法が今のところそれしかない様である。今まで「猫まねき」というのを使っていたけど、Window7で使えなくなっていた。

前置き長っ。
というかそれ過ぎ。

ドコモのCMで爆笑問題が出ている。
眼球の動きで携帯端末を操作する技術のPRである。
ヘッドホンに機構をつけておいて読み取るらしい。
ミュージックプレーヤーとかに応用するのだろう。

その前にパソコンのデバイスとして登場しそうである。
視線入力で操作。
あんまり複雑なことは出来ないだろうから、ブラウザの戻ると進む程度のちょうど今のマウスジェスチャーの事ぐらいだろうか。
始動ボタンを押しながら目を下にやるとページがスクロールするとか。
あと3~4年くらいだろうか。楽しみである。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。