■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー君

商品レビュー

ジョニー君。
ご存知であろうか。
手品してる人でも知らない人がいるかもしれない。
なんか、路上販売している手品用品である。
現象:紙で出来た人形が動力不明でわりと自由自在に動く。
バック転とか出来る。
大きさは10cmくらい。
値段は500~1000円。

私は実は持っていた。1000円で買った。
どこで買ったか忘れたが都会に行ったときに買った。
いまはなんか無くしたみたい。
1個ほしい。オークションとかめんどくさいのでやる気は無いが、あったらほしい。

このジョニー君が特異なポジションで、というのはディスリスペクトがすごい。
手品用品といえばどんなへぼ商品でも気持ちが悪くなるほどべた褒めの一点張りのイメージが強い。
そんな中このジョニー君への誹謗中傷は他に例を見ない。
やれ、ぼったくり、だの、さぎ、だの、1000は高い、だの、言われたい放題である。
かわいそうな、ジョニー君。
こういったらなんであるが、私が買った手品用品の中でジョニー君は比較的よく出来たほうだと思うのであるが、どうなのだろう。
ただのアンビシャスカードの手順で2万円とか東急ハンズのショーケースに入ってるやつのほうがよっぽどぼっただと思うのだが、そのへんは大人の事情なのだろうか。
あたかも、あの愛らしい顔が手品界の怨念憎悪を一手に担っているようで尊敬の念すら覚える。

買った時すぐ開けて試してみたがそこそこの動きをするので楽しくてしょうがなかった。
そのままでも使えるが、ハード面を改造して、演出とか工夫すればいろいろ出来るような気がする。
それにしても路上販売していたおっちゃんのテクニックときたらすごい。もとい、にいちゃんか。いや、おっちゃんもすごいのかあれは。
私が見たのがたまたま凄腕だったのかもしれないが世界に誇れるレベルである。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。