■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンのコツ


ファンを上手く出来ない人が結構いるようだ。
私もその一人である。
カードマジックをはじめて一番初めの難関らしい。
質問掲示板などによく「ファンのコツを教えてください」
っていうのを見かける。
回答は大概、テクニックが載っているDVDの紹介と「慣れれば出来るがんばって!」的な精神論である。

不憫でならない。

ここで言うファンはあの、一般的なやつだ。
名前が分からん。
左手で持って、右手親指で広げる。
庶民ファン。

それではコツを発表します。
あれこれいろいろ書いてもいっぺんに出来ないと思うので、1つだけ。

「よく見ながら広げろ」

以上。

カードフラリッシュは大雑把に分けると
手からカードが離れるタイプと離れないタイプの2つに分けられます。
私はよく「手元を見ないで練習しろ」とか「見ながらやると視覚を通してフィードバックするのでディレイがかかる」とか言っています。
なので基本的には触覚だけでオペレーションしたほうがスムースに行きます。
ところが、リボンスプレッドもそうですがカードを投げたり受け取ったり、手からカードが離れるものに関してはその間のレスポンスがありません。
これは見てください。
さすがに見ないと出来ません。
距離が短かったりある程度感覚が決まったものであれば見なくても大丈夫ですが、練習の際は見たほうがよいでしょう。

庶民ファンも手に接触しているのはボトムカードとトップカードの2枚のみなので基本的には非接触フラリッシュです。
触ってないものの調整は出来ません。
操作できるのは今触っているカードのみで、調整量は操作済みのカードによります。
この場合は広げ具合です。
これは見ないと分かりません。

一般的には右手親指を使って広げるようです。
私はなぜか人差し指でやります。どっちでもいいと思います。
本質的には同じです。
何の指でも良いのでとにかく見てください。
横から見たり上から見たりしてください。
カードがずれてとまる様子を観察してください。

綺麗に広げるには均等に力をかけるだけではいけません。
なぜなら広がるに連れて、束になっているこれから広げようとしているカードのほうのプレッシャーが変わるからです。
それは左手もそうですし右手のプレシャーもそうです。

観察しながらやると、ちょうど半分くらい広げたところで力加減を変えないといけないことが分かります。
実際は半分のところでガクッと変わっているわけではなくて徐々に変わっているのです。
その力加減の調整と視覚情報をリンクさせないといけません。なので見てください。

庶民ファンは非接触といえども離れた後不動なので力加減を覚えたら見なくても出来るようになります。

あと、カードがぬれてたらさすがに広がりません。

これで1週間やって出来なかったら、お問い合わせください。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。