■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイン隠してあご隠さず - 病マジ

「*」これの読み方を皆さんご存知であろうか。
アスタリスク。
インターネットとコンピューターが普及する前は電話の隅っこにあった名も無きボタンであったが、今では誰もが知っている。
こめマーク、と言う人もいる。
なんで、みんな知っているかと言うと、コンピューター上で検索するときによく使われるからである。
ワイルドカード、とも呼ばれている。
検索で使う場合、この文字は「任意の不定数の文字」を表す。
オールマイティーともいう。
どういう意味かと言うと、読んで字のごとく適用範囲の広いカードの事である。
ジョーカー、のことである。
日本語で言うとババ。
タロットカードでいうと、0番、ザ・フールのカードだ。
愚者。
これらは全部同じ意味ではないが、同じものをさしている。
とにもかくにも、この「*」でパソコンでの検索作業は効率的にできる。

「病マジ」という名前を発見するのに特別な苦労はいらない。
ニコニコ動画の検索タグに「マジック」と入れて検索すればよいだけである。
1ページ目のどこかに必ず出てくる。
それほど、彼はニコニコ動画のマジックというカテゴリーに確固たる存在があるのだ。
「独占禁止法」と揶揄しても本人が笑い飛ばせるくらいである。
私に一番初めにコンタクトをとってきたのは彼であり、一番接しているマジシャンも彼である。
マジックに関して、人物や技法などに問わず、環境面でも疎い私にとって彼の発する情報は貴重であるし、新鮮である。
要するに仲良しで、ゆえに彼について言えることは特に他に何も無い。

いつだったか、ネット上のひとつの動画について、私は酷評した。
意味のない言葉を連ねた私が鳴り止むと、彼は最後に一言こういった。
「目の前の人が笑えばそれでいいじゃない」
文句を言ってもいいが人には好き嫌いというものがある、という意味であったのだろう。
私はその陳腐な言葉に打ちのめされた。
それもそうである。それは彼の誕生日に送ったメッセージカードに私が書いた言葉であるからだ。
私は画面の前で少し笑うと、パソコンの上においてある一枚のカードに手をやった。
「なるようになる!」
白紙のエクストラカードに書いてあるその手書きの文字は、力強く、おおらかであった。
私が送った誕生日プレゼントのお返しに彼が送ってきたメッセージカードである。
更に陳腐な言葉が入ったこのカードが、あるいはこれをワイルドカードと呼べるのかもしれないと思った。

病マジ様 ニコニコマイリストhttp://www.nicovideo.jp/mylist/10584887
youtube channel http://www.youtube.com/user/byoumagi

ブログ http://byoumagi.blog52.fc2.com/
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。