■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知心理学 関連の本の紹介

ついにきたー!
検索ワード「ms フラリッシュ」
この言葉で検索された方先着1名様に
msサイン入り特性デックを贈呈しますのでご連絡ください。

ブログの管理画面でどのような言葉でこのブログにたどり着いたか分かるようになっているのですが、なかなかフラリッシュでたどり着いてくれる方がいません。
フラリッシュ自体検索しないのでしょうか。

ちなみに、このブログで一番多い検索ワードなんだと思いますか?
「アフォーダンス」です。
(笑い男とたかびーは殿堂入りしてます。)

認知心理学用語ですね。
トイレのドアの話のやつです。
そういえば、認知心理学用語を説明しようと思ったりしてたりしたのですが、めんどくさいので全然書いてませんでした。
本の紹介だけしておきます。

「誰のためのデザイン?」っていう本がありますのでマジシャン必読です。DAノーマンです。
大学生なら大学の図書館に絶対あるから調べろ。

「アフォーダンス」「メタファ」「メンタルモデル」「図と地」「フールプルーフ」「インターロック」「フィードバック」「インターフェイス」「ユーザビリティ」「ユニバーサルデザイン」「バリアフリー」
あたりの説明がされています。他とごっちゃになってるかもしれませんが。
手品をする人なら意味くらい知っておいたほうが良いでしょう。

あと、こちらは認知心理学なのかどうか分かりませんが
WEBサイトのデザインの本です。
サイト構成関連の話とかユーザビリティーの話です。
パンくずリストの話とかしてます。
「Jakob Nielsen on Usability and Web Design」
ヤコブ・ニールセン

あと、前に話した
「超整理法」
野口悠紀雄。話題自体はデザイン、心理学ともに関係ないが、根底、土台になっている部分はそれであり、ためになる。


あと、極めつけ。
バイブル。私は2冊買いました。でも、今手元にありません。
「「分かりやすい表現」の技術 」
ブルーバックスです。藤沢 晃治さんが書いてます。
なんというか、その名をタイトルにしている通り、内容も分かりやすいです。
上のは全部読まなくていいからとりあえずこれだけ読め。


認知心理学の本というのはなかなかないもので、
2万くらいするやつが前本屋においあったのですが、大きさ、内容、値段、と買う気にならず、なかなか手が出ません。
認知心理学はおもしろいです。あの、よくあるオカルトの心理学みたいにあざとくないので別物と考えてください。

認知心理学と銘打って売っている本は正直言って少ないです。その上で、上の4つは私がいろいろ探した中で、認知心理学として為になったもです。列挙しました。
ご興味があれば。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。