■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴走モード突入


種明かしの文章を書いてから冷静に考えたら、普通にジャバスクリプトでかけることに気がつきました。
そのままだとカードのまわし方しか書けませんが、
指の部位と動作の評価関数が入ってる 指オブジェクトと
カード単体の状態 のカードオブジェクトと
カードの配列、パケット状態を表す パケットオブジェクトと
理論上のカードのグループを表す グループオブジェクトを
定義すれば作れそうです。
ただ、私はプラットホームを作る力はありませんから、微妙です。
プラットホームというのは表現する方法です。
まあ、プラットホームはマジシャン自身になるのですが、どうせならCGでシミュレーションできないとうまみがありません。
あの、トランプの柄がマウス操作で確認できるフラッシュを見たことがあると思いますが、あんな感じです。
あれで手がついてマジックして360度で確認できるみたいな。
ちなみにあれは、アクションスクリプトというので書かれています。決まった動きだけなので割と簡単です。
私にできることといったらPHPかなんかで読んでHTML上に4コマ漫画みたいに表示することぐらいですが、そうするとジャバスクリプトで書いたのをまた読み直さなきゃで意味もあんましなくて、やっぱり専用のプラットホームがほしいところです。
というか一人じゃ無理です。
まず、技法のライブラリと既存のマジックのライブラリを作るのが無理です。
しかもめんどくさがりでやる気なしおなので。

種明かしのやつはとりあえず文章で書くのがめんどくさかったのでコード化しただけですが、
プログラムにすれば創作などに役立てることができます。
新しいマジックを作るのは難しいですが、フラリッシュなら自動で作れます。
良いか悪いかは見て判断すればいいだけですから。
マジックを創作する機構を作るには、
ミスディレクションなどの評価スコア
不思議驚き度合いの評価スコア
とかデータベース作らなくちゃいけなくなるのでこれまた大変です。
でもできればメリットはあります。
創作だけじゃなくて、作ったやつの評価とか他に似たやつがないか調べる翻訳メモリみたいな役割とか、
手順に必要な技法のピックアップとか候補リスト表示とかいろいろ使えます。
手順のマニュアルもわかり易くいろいろな表現で見ることができるようになります。DVDでいい、とか言わない。
カードマジックだけですけど。

一応理論上作れます。構想は立てられました。現実性は乏しいです。
というか、全然関係ないですが、マジックの技法のウェキペディアみたいなのの基礎はできてるんです。
でも、荒し対策とか、セキュリティー対策とか、コスト対策とか、セキュリティー対策とか作るのがめんどくさいのと、ライブラリを書いてくれる人の見込みがないので凍結してます。
知らないだけでもうあると思うし。
そんで、なんで、こんな、できもしない話をしているかというと、

誰か頭のいい人作って

って、お願いです。
大学生とか。卒論にしれ。
あの、ロボットの手作業プログラムの基礎技術とかになるから。
きっと。
中学生とかも今からがんばれ。

とにかく、これからは私が創作したマジックとフラリッシュはジャバスクリプトで書きます。
ん?知りたくもない。というか見ればわかるか。
いや、そっちのほうがわかりやすくて書きやすいって。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。