■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題を出してやる エメスキューの小定理

アイディアはいろいろあるのですが、なかなかテクニックが追いつかないもので、ひとつやりたいフラリッシュがあるのですがしばらく保留しています。名前はまだない。
簡単に言うとパケットを3つに分けて同時にリフルシャッフルするというやつです。
まあ、誰でも考え付きそうなネタですし、何より無理なので、塩づけです。

そんなさなか、あのプログラムを適当に作っていたら、副産物ができまして、ご紹介しておきます。
えーと、52枚をインファローのパーフェクトシャッフルで8回やると元に戻るってのは有名ですよね。
あれは、まあ52枚じゃなくてもいずれ戻るポイントがあるのですが、8回と言うのはわりと現実的な数字で、よく使われます。なんとかの法則。
枚数を変えるともっと早く戻ったりします。
パターンがたくさんありすぎてここには書けませんが。
あれがですね、3つでかみ合わせても戻るということに気がつきまして。
ためしたらですね。戻るのに相当時間かかるのですが、戻ることは戻るんですよ。
そしたらですね。1個発見しまして、42枚だと8回シャッフルで、なんと元に戻ります。
やったね。
暇な人検証してください。
プログラム上でシミュレっただけなのでバグってたら間違ってます。
3スート分の8回シャッフルだからもう既にありそうですが。
そこはこれ、ぴんときまして、上のフラリッシュですよ。
仮に名前をゼルダとして、パーフェクトゼルダシャッフルができるようになれば、
42枚のやつをMS9の小定理として、マジックの種になる。

ならねーよ。ならないなぁ。
いやいや、頭が固いよ。3色オイルアンドウォーターとか、伝説のマジックバミューダトライアングルとかに生かせるだろうがよ。

がんばれ。
とくにmistとか、がんばれ。
お前ならやれる。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。