■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジシャン適性検査


みなさんは自分で「自分はマジックに向いている」と思いますか?
性格の話しです。
適正ってやつです。
大雑把に分けると内向きと外向きの2種類あると思います。
内向きの適正は
・手の器用さ
・話の上手さ
・発想の豊かさ
・反復練習に耐えられる根気
とか技術や練習の適正です。最終的に継続できるかどうかの判断の指標です。
外向きの適正は
・初対面の人と話せるか
・注目を浴びても緊張しないか
・アドリブがきくか
・用意したものが無駄になることに耐えられるか
・人を喜ばせるのがすきか
とかアウトプットした時の劣化割合に関わる話しです。

例えば「人を騙すのが好き」な人と「人を騙すのが嫌い」な人だとどっちが向いているのでしょうか。
前者なら思い切りが良い演技で外向きの適正が高いと思いますし、後者ならナイーブですが繊細で丁寧な演技ができると思いますので内向きの適正が高いと思います。

私は、見た人が喜ぶのはうれしいのですが、その後褒められるのが苦手なのと、やはり騙していることの罪悪感がつらいので、1:2で「ガード」択の勝ちです。
マジックに向いてないのかなぁ、と思います。
そんでも何とか言い訳をつけて向いてると言うことで都合よく理由をこじつけようとしてるのですが、それで上の適正です。
外向きの適正が弱いからと言ってショーマン特性を切り捨てたくないので、つまり「種を作る側に回ればいいじゃない」と投げたくないので「騙す」のが好きでも嫌いでも適正に影響ないようになっています。
外向き特性が高いからと言ってショーマンに向いていると言うことではありません。実際そうだと思います。環境依存だと思います。

そんな難しいことを考えて、何の役にも立たないので、損したなぁと思って気を抜いたら、フラッシュバックがひとつ。
手品やる人だったら必ず一回はやったことがあると思います。
友達がエレベーターに乗るので、手を振って、ドアが閉まります。その後猛烈ダッシュで階段を駆け上がり、到着地点で、上がった息を殺し、壁におっかかり何気ない顔で「やあ」。
って。
エレベーターじゃないかもしれません。
路地とか、建物の中とか、かも知れません。
やったことのあるやつ正直に手を挙げろ。コメントしろ。

で、そいつら全員マジシャンに向いてるよ。
だから、やれ。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。