■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速さを追求する

ひとえに「速さ」と言ってもいろいろあります。
例えばロボットアームのプログラムを組むとき、
最高速度、動き始める時に最高速度に達するまでどのくらいかけるか、止まるまでにどのくらいかけるか、それらの加速状態の設定を絶対距離で適応するのか割合で設定するのか。
それらのX軸Y軸Z軸の個別の設定。
と、めんどくさい数の項目があります。
ざっと分けると
トルクと馬力とブレーキです。
大体のフラリッシャーは頭が悪いので馬力しか見ていません。

フラリッシュの話しです。
トルクとブレーキを調整することで印象がかなり変わります。
この辺でハンドリングの違いが出てきます。
速ければいいというわけではありません。
例えば、ダンアンは急発進でブレーキ踏むのが遅いです。アルスはエコ発進でブレーキ踏むのが遅いです。一辺倒ではありませんが、その傾向があります。
フラリッシャーはこの二人しか知らないので、別に研究しているわけではありませんので、サンプル少なくてすいません。

残ってるのが、急発進でタクシードライバーのようなブレーキなのですが、一応私はそうなるようにしているつもりです。
1000ccですが。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。