■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てたれのて モナリザコンプレックス

このあいだ「踊れドクター」を見たfujiさんがブログで書いた文章を見て知ったのですが「他人の手症候群」なるものがあるそうです。

そういえばmistさんが腕立て伏せをして筋肉つけて太くするみたいなことを言っていました。ダンアンの手になりたいそうです。キッドさんにいたってはダンアンになりたいと言っていた様な気が。全身です。
憧れからでしょうか、人によってはその人の手がほしいと言う感情になるのですね。攻殻機動隊の「顔MARKUP」で同じような話をしていたような気がします。
ジョジョ4部の吉良吉影の手癖(?)が悪かったのも「他人の手症候群」を描写していたのかもしれません。
わたしは、手品を始めた頃はもう5mmでも伸びてくれると助かるのになーと思っていましたが、今はどうでもいいです。細かいところを言ったらきりがありませんが、特段文句もありません。毛が生えてなけりゃいいです。
ファッションリングをして手品やフラリッシュをしている方も多いですが、きっとコンプレックスがあるのでしょう。
あんまり自分の手に自信がある人はいません。そう考えるとテレビのCMとかに出てる手タレの手は本当に奇跡的に美しいと思います。

英語では「エイリアン・ハンド・シンドローム」と言うらしいです。

うん。
はい。
ネットで調べたら全然意味違いました。
紛らわしい書き方すんじゃねーよFuji。
「他人の手症候群」というのは「片手だけ勝手に動く症状」の事を言うらしいです。漫画とかアニメとかに良くある感じのやつです。
「まだ、制御しきれないようだ・・・」みたいな。
なんか宿ってる感じ。

言われてみれば初めの例はシンドロームと言うよりコンプレックスになると思います。
他人の手に憧れるのは「モナリザ・コンプレックス」と言います。
私が今決めました。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。