■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジシャン向けの漫画 - ソムリエ

マジシャン向けの漫画。
マジックをモチーフにした漫画を私は2つ知っています。
マジックマスターとファンタジウムです。
マジックマスターは「今からリセットを500セット練習します」とかわけのわからない事を言っていたのだけ覚えています。
ファンタジウムは「こんなフラリッシュ見たことねー」というのが1巻の3ページ目くらいに出てきてフラリッシュを取り上げてくれると思いきやそれから一切音沙汰なしというところしか印象にありません。
どちらも、マジシャンにはあんまり関係ありません。

今回紹介するのは「ソムリエ」です。
えっと、絵は、ワンナウツとかライアーゲームとか書いてる人の奴です。
タイトルどおりソムリエの漫画です。
ラ・メールというレストランを舞台にした物語です。
ソムリエというのはレストランとかでワインを注ぐ仕事の人です。
料理以外の飲み物全般の接客する人でしょうか。
そんな高級なところに行ったことはないのでよく分かりませんが。
大事なところは「ワイン」の漫画ではないところです。
「ワイン」の漫画であると例えばブラインドテストとかワインの歴史とか良さとか悪さとかの話になると思うのですが、そうではありません。
マジックマスターとファンタジウムは「ワイン」の話です。

ソムリエの話なので接客の話です。人と人の話です。媒体にワインが使われているだけです。
デキャンタの件が印象的でした。
マジック始める前にこちらの方を先に読んでいたので、マジシャンを見たときこの話を思い出しました。マジシャンというのはテレビに出てるプロとかアマチュアとかひっくるめて全部の事です。
別に主役になるつもりはありませんが、ラメール以外のソムリエみたいにだけはなりたくないと思いました。

紹介だけど知らない人は読まないでください。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。