■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルアート

ファンタジウムを読んでいたら「スキルアート」という言葉が出てきました。ああ、そうか、と。フラリッシュはスキルアートなんですよ。
と思って、ネットでロボット検索してみたら、でてこねぇっす。
パブリックには使われてないようですが、まあ、意味は分かります。
技術を使った芸術。
マッスルスミュージカルみたいなやつか。

よく、ジャグリングやペン回しと対比される事が多いです。
~~のトランプ版みたいな感じで例えられます。
個人的な意見を言うと、ジャグリングとペン回しと決定的に違う点がひとつあります。
ジャグリングとペン回しは「動き」を見せるスキルアートなのに対して、
フラリッシュは「動き」と「形」を見せるスキルアートだということです。
どちらかというと

「あやとり」

に近いと思います。
---------------------------------
あやとりは、1本の紐の両端を結んで輪にし、主に両手の指に紐を引っ掛けたり外したりしながら、特定の物の形に見えるようにする伝統的な遊び。地域によっていととり、ちどりなど多くの異称がある。主に女子の遊びに見えるが男子も行う。日本には一人で行うあやとりと二人で行うあやとりがあるが、世界には多人数で行うもの、紐を咥えたり手首や足も使う技など様々なバリエーションがある。

---------------------------------

だから、あやとりのトランプ版みたいなもんです。
そうするとおのずと最終形態が見えてきます。
動きの中で生まれる形からアーティファクトないしは自然をイメージさせる事ができたら、フラリッシュ完成形です。msさんの5ステップで言うところのLv5に到達するのではないでしょうか。

やり方忘れましたが小学校の時「東京タワー」は作れました。
今は東京スカイツリーとかあるみたいです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。