■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連呼系

人によって笑いのツボみたいなのがあると思いますが、それぞれです。
私は「連呼系」に弱いです。

最近の例でいくと、一ヶ月前から会う約束をしていた友達から当日連絡が来て、いざ会ったらしょっぱなからべろべろに酔っていて、しょうがないから漫画喫茶で休む事にして、ソファーについたとたんスコっと寝たもんだからほっといておいたんですけど、やっぱり帰らなきゃいけないので起こしたら、起こしたとたん、私がたいらげておいたかけうどんの丼2杯分にげろげろして、それでもまだぐでんぐでんなのですが、帰りの車の中で、家につくまでの間ずーっと「俺はゴミくずだー」としみじみ言い続けていたのが受けました。50回は言っていました。

すこしまえになると、ゲームセンターでガンダムVSガンダムという3Dの対戦ゲームがあるのですが、それの前身で「Zガンダム」のゲームがありまして、たまにやっていたのですが、シャーが出てきます。シャーというかクワトロバジーナなのですが、百式を使うとクワトロさんです。ゲームをやっていると各キャラクターに対して決め台詞みたいなのが音声で流れるシステムになってまして、それを聞いてわくわくしたりします。カミーユの「遊びでやってんじゃないんだよー」とかクワトロの「出資者は無理難題をおっしゃる」とか、言います。その中で好きなもののひとつにクワトロさんの「新しい時代を作るのは老人ではない!」キリ、というのがあるのですが、とある日いつも行ってるゲーセンに行ったらお父さんと5歳くらいの男の子がいまして、子供にせがまれてそのZガンダムをやってたのですが、クワトロさんが「新しい時代を作るのは老人ではない!」と言うたびに、それに反応して子供が「新しい時代を作るのは老人だー!!」と不敵に淡々と10回くらい繰り返してるのが面白かったです。お父さんが微動だにしないのがまた面白かったです。

あと、雀荘で友達とセットで打っていたら、しばらくしてお客さんが入ってきたのですが、その人たちもセットで隣の台で始める事になりました。フリーじゃないので、始める前に大体細かなルールを決めるのですが「ありあり」とかレートとか聴牌親流れありかどうかとか、決めます。その人たちもご多分にもれず、いろいろ話し合っていたのですが、その中にチップの金額の話しがありました。「一発と裏ドラでチップ一枚」みたいな話をしてたのですが「じゃあ、1枚500円でいい?」という質問がきたら透き通った声の25歳くらいの男性が「おれチップとかやった事ないのでよく分からないです。500円て高くないですか?300円にしましょう」と渋り始めました。散々ごねた挙句、300円になったのですが、その次に「ヤキトリ」はいくらにするという話になったら、同じ透き通った声で「ヤキトリは5000円にしましょう」。3秒くらい沈黙があって、だがしかし、誰一人くすりとも笑わず、真剣にバランス調整の話をしている間「ヤキトリは5000円にしましょう」を連呼していました。
隣の台でこっちは4人とも笑いをこらえるのに必死でした。
「じゃあ、分かったよ」
結局、テンピン、1000-2000のチップ300円ヤキトリ5000円でやってたみたいです。他3人が折れた時はドッキリカメラかと思いました。
別の日ですが、またそのグループがいて、それでも基本的に雀荘を包んでいるのは「静寂」なのですが、それを打ち破ったのがまた透き通った声なのですが、「捨て牌がゴージャス。捨て牌がゴージャス。捨て牌が叶姉妹。」の後、静寂。
笑いたいけど笑えない。拷問。
これを読んでも全然面白くないと思いますが、笑いは会議室でおきてるのではありません。現場で起きてるんです。
雀荘はパーテーションで区切ってあって惜しいかな顔は見えませんでしたが、その頃からテレビのバライティ番組は見なくなりました。




スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。