■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は金ではない

時は金なりっていうことわざがあるのですが、前まで、すげーよくできたことわざだなーと思ってたのですが、大人になってからやっぱ外人が考えたことわざはセンスねーなーと思います。
時間はお金じゃありません。
お金は時間じゃありません。
なにかっつったら。
お金は人です。
最近気がつきました。
そらそーだ、って言う人いるかもしれませんが。
これにたどり着くのに、邪魔なのが2つあって、
原料と
設備の減価償却でした。
例えば飲食店とかだと原価率が50%くらい(適当)なのですが、残りの50%はもっぱら人件費で取られます。
バイトとか自分の給料とか。ほんとの利益は微々たる物です。
だからお金の半分は人なのですが、あとの50%どーするのよ、と思ってました。
でも、よくよく考えたら、食材の値段も、例えば野菜ならその野菜を作ってその店に運ぶまでにかかってる人々の分の価値なので、結局人なんだと。
この当たり前のことに気がつくのに時間がかかった。
ディテール書くとまた長くなるので、誰も読まなくなるのでざっくりですが、そういう事なのです。

これで長年謎だった、なぜお札に人の絵が描かれているか、というもやもやが解決しました。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。