■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳を取ったなぁと思う瞬間



たけしのTVタックルで言っていたのは覚えているのですが、誰が言ったかは忘れました。
「自分が歳を取ったなぁと思う瞬間は横綱が自分より年下なのに気がついたときです。」
たしか、大竹まことさんだったような。たけしさんか、あるいは舛添さんか蓮舫さんかもしれません。
なるほどこれはうまい事言ってる、と思って、これを聞いたときは私はまだお相撲さんより年下でしたが、理解できました。
なもんだから、おおむね25歳くらいになったらその感覚が味わえるのだろうと、「楽しみ」と言うわけではありませんが少々待ち望んでいる感じではありました。
ありましたが、いつの間にかとっくに過ぎていまして、がちょーん、です。
この間、葬式に行きましたら、力士どころか坊さんの方まで私より年下になっておりまして、ちょっとそこは各駅停車にしていただきたいところです。
へこみます。
さらにへこむのが通夜のお経の後にお坊さんの、あれはなんと言うのでしょう、法話?為になる話みたいなのがあるのですが、これがまた立派な事を言ってらっしゃる。26。
私の何処をひねっても出てきません。
文字通りダブルパンチです。

話は変わりますがタバコを吸う人が少なくなりました。
葬儀のとき親戚とか色々集まって学校一クラス分くらいの人数はいたと思うのですが、タバコを吸う人はわずかに3人。
俺と親父と坊さんだけです。
実家の葬儀でしたがそんなんなので灰皿なし。
葬儀屋から借りた業務用の室外用のやつしかありませんから、私と私の父は肩を折りたたんで外へ出ます。星は綺麗です。
みんな我慢してるかと思いきやどうやらそうでもないらしく、なんだかんだで通算100人くらい出たり入ったりしていましたがとうとう灰皿の中身はピースとラークの2銘柄。
坊さんが来た時だけ辛うじて秘蔵のガラスの灰皿を出してもらって室内ですえる権利をいただけます。
26歳さまさま。
お斎の時に坊さんに「なかなか辞められないですよねぇ(笑)」なんつって、なんだかよく分からなくなります。
そんでもまあ、それはそれで、ちっとはほっとするのですが、今度は逆にありがたみが減ってきていけません。
人間わがままなものです。

告別式もこの人かなぁと心配をしていると、よくできたもので、その時は二人来て、26と26のお父さんです。流石にこれで私より年上になりました。
念のため言っておきますが足さなくても年上です。
ついでに喫煙者も3+1で4人になって、少し割合が上がりました。
26はお父さん坊主のサポートに回って、威厳のある感じでお経は終わりました。
今度の法話はお父さん坊主の番でこれまたご立派で、ある意味「話のプロ」なわけですからそこらへんの校長先生の話より聞きやすいです。
長くも聞きやすいお話しで「最後に一言」というものですから何を言うかと思ったら「先ほど喪主の方のお話は非常に感動いたしました。ただ天国とおっしゃっていましたが極楽浄土ですよ。」だそうです。
感じ悪っ。
このおっさん感じ悪っ。
間違い正すにしてもそれ今言わんといけんのか。
と思いましたが、多分そう思っているのは私だけです。
この坊さんより確実に俺の方が心が広いと確信しましたが、私もなんだかんだで二言目には一言多いと注意されてますので、良い勝負だと思います。
実際はかわいげがあるなと思って少し噴出しそうになったのですが、つまりはちっとほっとしまして、その代わりまたありがたみは減りましたが、今度は葬儀もそれで終わりなので、まあいいかと思いました。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。