■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックのためにモテる


手品をやるとモテるなどと言いますが、ぶっちゃけ逆でしょう。
逆と言うのは「モテる人が手品をやる」ということではなくて、順番が逆と言う事です。
マジシャンの良し悪しを観察→受けている人は一握り→共通点を探す→異性に受けている→モテる
なんでかは知りませんが。「もてなしの心」が確立してるからでしょうか。
結果的だけ見ると「マジシャン=モテる」になってまして、無意識的にそう思っていしまうのか、あるいはそれを利用して文句にしているのか、そういうイメージを構成しているのだと思います。

それはそれでいいのですが、本質として、上の順序があっていると仮定すると、心がけなければいけない事も逆になります。
「モテる為にマジックをする」のではなく「良いマジックをするためにモテる様になる」にしなければいけません。

別にモテたくない、とか、ちやほやされたくてやってるんじゃーない、とか言ってる人はマジシャンの素質は無いかもしれません。
あと、根本的で致命的にモテないオーラが強烈でどうやっても改善ならない人も素質が無いかもしれません。
うぐぐ、、自分の首がぁ。
モテ期診断スクリプトで「あなたの人生のモテ期は52歳(だけ)です。」と言われた私には言われたくないと思いますが、残酷ですが、これはもう揺るぎがたき事実です。

気休め程度にモテる為のテクニックを下に記しておきましょう。
・常に清潔を保つ
・まめに声をかける
・気取らず相手を立てる


うぐぐ、首がぁ。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。