■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今話題のキーワード フラリッシュ



だれか、インターネット辞書で「フラリッシュ」を調べまくって、今話題のキーワードランキングにフラリッシュを押し上げてくれねーかなー。
あんまり、フラリッシュが有名になってほしくないと思っている人も沢山いるようです。
ファンファン大佐とか(脳内フラリッシャー)。
わかります。
その考え。ええ、分かりますとも。

私にとってインターネットがそうでした。
今は無きテレホーダイの時代です。(まだあんのか?テレホーダイ自体は)
初めてインターネットにつなげた時、まるで世界を天から見るような感覚で高揚しました。
昔は夜中でないと通話料がとてもかかるので、夜11時から繋ぐ人が大勢いました。
そのため、インターネット接続に100人待ちとかざらでした。
実際何人並んでるか知りませんが、100回リダイヤルしても繋がらないので、奮闘していました。
今ほどサービスは充実していません。
オンラインのゲームも東風荘くらいしかなかったし、情報と言えばコンピューターやネットワークの情報。つまり、見なきゃ見ないで済む情報しかないのです。
それでも、むさぼるように、その無意味な情報を手に入れ続けました。
なぜなら、ネット上ではお金が要らないからです。その代わり、唯一の価値は知識のみだからです。いまではもう何も残っていません。
情報を手に入れ始めると私に恐怖が襲ってきました。
PCスペックは年々上がって行き、インフラはどんどん増強されていきます。
後から来るものがっ、後から来るものが僕を追い抜いてしまう。
「インターネットはつまらないよー。インターネットには何も無いよー。」
私は心の中でみんなにそう叫びました。
その声もむなしく、インターネット人口は増え続け、今に至ります。
別にインターネットは私の持ち物ではありません。何の権限もありません。
ひょっとしたらインディーズのアーティストを応援している人も同じ気持ちがあるかもしれません。有名になればうれしい、でも少し悲しい。
私はいつしかパソコンには見向きもしなくなりました。

その悲しみをみんなにも味合わせてやる。
だれか、インターネット辞書で「フラリッシュ」を調べまくって、今話題のキーワードランキングにフラリッシュを押し上げてちょ。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。