■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュの夢




フラリッシュ関連の夢を始めてみました。
動画を撮る夢を見ました。
正確に言うと撮らなきゃいけないという状況の夢を見ました。

なんで、撮らなきゃいけないかは分からないのですが、とにかく締め切りが迫っていまして、やらなきゃと思っているのですが、あるモノが足りません。
それがなんなのかは分からないのですが、それが無いと動画が取れないので探しています。
ネットオークションで。
なんなのか分からないのですが、どうやって検索したのか分からないのですが、ソレがありまして、見つかりました。
でも、なんか自分で取りに行かなくちゃいけなくて、電車に乗ってどこだか分かりませんが行きました。
中学校です。
校門の前でソレを持ってる学生を待っていると、ふと思い出します。
「この学校は!あの伝説のマジシャンが居る学校じゃないか!!」
もちろん初めて来た設定なのですが、なぜか知っています。
伝説のマジシャンは先生だという事は知っているのですが、顔も名前も知りません。
なぜか、私はずかずかと職員室にはいって、その伝説が来るのを待ちます。
伝説のマジシャンは保健の先生でした。
色黒で痩せてる男の先生なのですが、応接室で二人っきりになりました。
会話無し。
二人とも特に腕を披露するという事も無く待っています。
目的の品物が私のところに来ました。
私は満足そうに家に帰りました。
帰って品物の箱を開けると、中身は戦車のプラモデルでした。
しかも、わりと本格的なやつ。
「これが完成したら動画が取れるな」
と漠然と思いつつ
分かってるのは、この戦車があるとすっごくいい動画ができるという事だけです。
「明日からちょっとずつ組み立てるか」
と決心したところで目が覚めました。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。