■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余読法


小説に関してはとうにあきらめています。
フラリッシュといえば今は午前零時のサンドリヨンですが、本屋さんに言ったら2000円もするのとハードカバーという事で断念しました。
ハードカバーだと寝入りばなに読んでいると「ばたっ」と閉じて起きてしまうからです。
本は寝る時にしか読みません。
レッツ速読法みたいな本を2~3冊持っていますが、共通して書いてある事は「寝ながら読まない」ですが、寝ながら読んでいます。

速読できる人ってのは本当にいるのでしょうか。
端的に言うとページでイメージで捉えて読むみたいな感じらしいですが、私には無理です。
でも、できなくは無いような気はします。
トランプを広げて一瞬で並び順を覚えるとかできる人も要るみたいですし。
絵が頭に浮かぶのでしょうか。
へぼ凡人の私には分かりません。私の脳みそはスペックが低いらしくて、とりわけ画像処理能力がとても低いようです。りんご1つの絵も頭に浮かびません。
お手本無しでイラストを描くと幼稚園レベルで他人と比較しても確実に下手なので、間違いなく低スペシフィカルです。
ただ、速読とかトランプの並びを覚えるのは絵空事でもないなーとも思います。私は無理ですが。
私の予想だと、そういうのは多分、言語でもなく画像でもなく、なんと言うか配列みないなので来る感じです。パソコンのメモリみたいに結果だけ渡される感じ。
麻雀をやってるとたまーに、3半荘に1局くらいゾーンに入る事があります。
牌牌とって3順ぐらいみんなが捨てたのを見ると、次に入ってくる牌がピンポイントで分かる時があります。それは、別にほしい牌とも限らないので願望でもなく、理詰めで考えたわけでもなく、そもそも見えてない山の方が多いのでかなりあてずっぽうです。のはずです。
でもその時は当たり前の様に当たると思っています。
一応、手癖や言動を参考にして、全員の手配が透けてたとすると全体の1/3強は見えているので、かなりの確率で当てることはできると思います。
が同時に、私の低スペックがブラックボックス内でそんな高度な計算をしてるとも思えません。
ちなみに、当たった時だけ印象に残るという感じではありません。それはそれで別にあります。
で、そのときに来る感じが言語でもなく画像でもなく、記憶だけ叩きつけられる感じなので、うまくいえませんが、それに近いのかなぁと勝手に思っています。
人によっては相手の聴牌と待ち牌が分かるとかのゾーンがあるのでしょうか。
勝手にゾーンとか呼んでますが。
私もそれが良かった。2~3順入ってくる牌が分かったって何の役にも立ちませんからね。
現にゾーンに入っても勝てません。普通に考えて打ったほうがいいです。
スーパー話がそれてしまった。


速読法には、姿勢を正して読む、みたいなのが定石になっていて、目を平行に背筋を伸ばして、ページもうまくめくらないといけませんから脇も閉めて、みたいな事が書いてあります。
真面目に。
仕事?
そんな、がっつり、させないでください。
自分がその姿勢をとった時点で、わらけてきて、集中なんてとてもできません。
大体、本を読むだけって言うのが、なんか損した気分になります。
寝ながらとか、朝食を取りながらとか、スロットを打ちながらとか、ついでぐらいにしてほしいです。
五感のうちの1個でしかも白黒判別できればいい事に、特別に時間を割く事がもったいなくてしょうがありません。
読むのも遅いので、多分2時間モノの映画の話を本で読むと私の場合10時間くらいかかります。
効率悪る。
なので、小説はあきらめます。
わたしは余った隙間みたいな時間に文字を埋めるくらいの、ちょうどテレビの文字放送くらいのポジションで十分です。
しまったー。今はデジタルの時代だったー。

向田邦子の思い出トランプでも読もうかな。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。