■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ms meet "classic force"


技法の話をしたいと思います。
クラシックフォースです。
訳すと、古典的なジェダイの力(ヨーダ的な意味で)です。
名前だけ聞くとなんか凄い技法の様に思えますが、やることは地味です。

引かせたいカードを引かせる技法です。
種明かししますと、というか、マジックをやらない人でもすぐ思いつく事ですが、
ババ抜きの時とかでやるアレです。
誰でもやります。
ジョーカーを突き出したり、そこだけ広くしたり、逆に他のをフェイクに使って実はその隣とか一番端とか。
とにかく引きやすくします。
違うのは、54枚もあるということと、表が見れないということです。

私、この技法なめてました。
だって、怪しいじゃないですか、聞いた感じ。
怪しさ満点、絶対ひっかからねーぜ、コノヤロー。
でも、病マジさんに会ったとき、やってもらったら、引いちゃった、てへ。
いいですか。「スペードのエース引かせます。」と言ってからですよ。
そんなもん、絶対違うの取ってやる、と思うじゃないですか。
でも、引いちゃった、てへ。
3回連続、てへ。

この不思議さは、私の表現力では現せないです。
別に突き出てるわけでも、広がってるわけでもないんですよこれが、
他にも取りやすそうなやつたくさんあるんですよこれが、
アカギか!。
「このリャンピンには魔法が掛けてある」とか。言ってる場合か。
なんか光ってるんですよ。で、取っちゃうんですよ。
光物には弱いのですかね。

感覚的には、
穴が一個しかない「もぐらたたき機」の前でハンマー持たされて「モグラが出てきますけど叩いちゃダメですよ」って言われてんのに、出てきて叩いちゃう。
みたいな。

一番上とか一番下取ればいいじゃん、と思いますよね?
選ぼうとする直前まではそう思ってるのですが、1秒くらいで忘れちゃうんですよ、これが。

私は悔しいから3回でやめたけど、かぁず君にいたっては10回連続で引いていた。
これが面白い。サクラでもこんなに引けない。
引きそうだなというのを引くときもあるし、
ああ、失敗したよ病マジさん、と思っても引いてたりすることもあるし。一様じゃない。

これはマスターしなければと思って、具体的なやり方を聞こうと思いました。
というか、聞いたのですが、聞いたあとすぐ「しまった」と思いました。
予想通り、聞くまでもない答えが返ってきました。

「言葉では説明できません」

真似してやっていた私もそのとき言葉では説明できない何かをつかんだ気がしたので、もどかしく答える病マジさんの気持ちがわかりました。

コツは分からないし説明できないのです。
が、何故引いてしまうのかは分かりました。

クラシックフォースは
「引かせたいカードを引かせる技法」ではなくて
「引かせたいカードを引きたくさせる技法」なんですよ。これが。


まあ、今の私には必要ないので練習しませんけど。
というのは、周りに手品を見てくれる人がいないという理由だけではありません。
私の場合、引いてもらった瞬間うれしくて顔に出てしまうのを直す自信がないからです。

それよりも、人生のクラシックフォースにかかってないか心配です。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。