■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衛星と彗星について


フラリッシュ小事典でコピペをしていたらエウロパというフラリッシュがあったので、これは、と思いました。
木星の衛星です。
そういえばアルスのアンナチュラルにTITANというのがあったけど、これはチタンじゃなくてタイタンと読むのでした。
タイタンは土星の衛星です。
まあ、junさんにタイタンですよ、と前言われたので知ってましたが。
エウロパを見つけて、ああ衛星から取ったんだと、気がつきました。
木星の衛星で有名なのはイオですが、みなさんもご存知の通り50個くらい木星には衛星がありますので、しばらくフラリッシュの名前に困る事はありません。
衛星で有名なのは
地球の月
火星のフォボス、ダイモス
海王星のトリトン
土星タイタン
木星イオ、エウロパ
とかですかね。

フラリッシュの名前は
・神々の名前
パンドラ、シビル
・アーティストの名前
マドンナ、ワーム、ウェザーリポート
・天文学系
エウロパ、タイタン
・ゲーム関連
クロノトリガー、バッカスサイ
・和風
月下、おろち
・見たまんま
レボリューションカット
・シャンプー関連
つばき

今のところ大きく分けてこの7つですね。
他にもいろいろあると思います。
例えば漫画のまきばオーはコンピューターウイルスの名前から取ってたりするそうです。
カスケードとか。
ドラゴンボールはアンダーウェアから取ってたりしますね。
ブルマとかトランクスとか。
ジョジョもがっぷり四つでバンドの名前から取ってますし。

なんかもう、つけたい名前だけ先行してフラリッシュ開発が追いつきません。
みなさんも、名前をイメージして作るもよし、作ってから後付けするもよし、参考にしてみてください。
もし困ったら、私に名前をつけさせてください。


今回の豆知識は
「赤道から北極点までの距離はぴったり1万キロメートル」
です。
なぜなら、赤道から北極点を1万キロメートルと決めてから1メートルを作ったからです。基準が地球。
だから、地球一周4万キロメートル。
でも、正確に測ったら2キロほど多かったらしいです。
今のメートルを決める基準は光の進む距離から取っているそうです。
だから、4万10キロメートルくらい。
ちなみに、地球は遠心力によって楕円なので赤道の方が長いので横に歩くと4万80キロくらいです。

あと、何とか流星群というのは隕石が地球に向かってきてるわけではなくて、彗星が通った後の残骸に地球が突っ込んでいるらしいです。
有名なのは、しし座流星群とか。
別に、しし座が飛んできているわけではありません。
具体的に言うとテンペル・タットル彗星が8ヶ月前に通った後を地球が通ってます。いささかふざけた名前ですね。
通る場所も決まってるので、見える季節も同じです。
!?
地球の軌道上と重なっている。
ということは、8ヶ月くらい来るのが遅かったら激突。
近くでも、地球の衛星周期に捕まったら、激突。
あぶね。
33年に一回戻ってくるらしいので、通る時間も結構誤差が有るみたいですし、ぶつかる可能性は十分あります。
33年に一回300分の1くらいでぶつかる確率だとおもうので、宝くじより余裕で当たります。
そしたら、アメリカとかがミサイルとかで壊してくれるのだろうか。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。