■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えられることは3つまでと思え

マジックナンバー7という言葉がある。
アメリカの心理学者ジョージ・ミラーが発表したとウィキペディアに書いてある。
------
マジカルナンバー
「マジカルナンバー7+-2」という論文の中で、
一度聞いただけで直後に再生するような場合、
日常的なことを対象にする限り記憶容量は7個前後になるということを示した。
この7個というのは情報量ではなく意味を持った「かたまり(チャンク)」の数のことで、
数字のような情報量的に小さなものも、
人の名前のように情報量的に大きな物も同じ程度、
7個(個人差により+-2)しか覚えられないということを発表した。
------

乱暴に言えば、覚えられることは7つまで、ということである。
少なくても5つ覚えられる。

アメリカ人はよほど頭がよいのか。
私はせいぜい3つまでである。
私の脳みその質が悪いのかミューミューのスタンド攻撃を受けているのか
とにかく、3つが限界である。
がんばれば5つくらいいけるのかもしれないが、がんばらないタチなので、
3つである。

初めてかける番号の電話はメモを見ながらでないとかけられない。
3つずつ、見ては押し、見ては押し、でやっているので、
あまりにボタンを押すのが遅すぎて117にかかったこともある。

だから、マジシャンのかたにお願いですが、
2枚のカードあてをするのはやめてください。
マークと数字が2枚だと、4つ覚えないとですから。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。