■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達申請


youtubeのチャンネルを持っています。
ユーザー登録すると全員に割り当てられるやつです。
いろいろ機能がついていて、その中に「友達」機能があります。
ミクシーにも「マイミク」。ツイッターだと「フォロー」。
などと呼称しています。

はじめは何のこっちゃ良くわかりませんでしたが、関連性を高める機能です。
申請がちょいちょいくるので、わけもわからず「承認」していましたが、
しばらくすると、挨拶もなしに申請してくる人が増えてきたので、プンスカしていました。
「友達になりたいって言うのに礼儀ってものがないのか」と思いました。
と思った瞬間、私はあほだと思いました。
youtubeさんにまんまとだまされました。
「友達」とか名前がついてるから構えてしまっていました。
承認するのにはボタンを一個押すだけです。
ボタン押すだけの作業に礼儀もくそもねーだろ、と。
何をえらそうに意気込んでるんだ、と。
調子に乗るな、と。
なんと小さい人間なんだ、と反省しました。
今は、見つけ次第、承認しています。

そもそも、こういうものは車ぶつけたときと同じで、先に降りたほうがイニシアチブを取れるので申請を出したほうがいいんです。
という、考えもばかげていますが。
私はあんまし見回ったりしないので、申請を出すことはありません。
でも、申請を出すときはかなりドキドキするので、他の人も三日三晩悩んだ末に友達申請しているに違いありません。
だから、感謝の意をこめてクリックします。

と、こんな事を書くと「この事を書くこと自体小さい」とか、わしずに言われるので、先に釘を打っておきます。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。