■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9mm パラダイムシフト

もし私が間違ってブログを書くような事があったとしたら一番書きたいと思っていた事を書きます。
マジックは関係ないです。

φ
Φ

これ。
なんて読むか知っていますか?
ウインドウズのIMEで出したいときは「ふぁい」と入力すると出てきます。
つーか、ふぁい、です。

しかしながら、それで話は終わりません。
実は「パイ」とも読みます。
ちなみに私は「ハイ」と読んでいます。理由は後で書きます。

パイと読むのは図面で出てきたときです。
図面は設計図とかの図面です。
私はバシバシ図面を扱う職種ではありませんが、少なくとも毎日目にする仕事をしています。
最近はCAD、こんぴゅーたーえでぃっとでざいん、どろーいんぐ、なのでパソコンの図面がほとんどです。
だから、寸法とか数字が明記してなくてもわかるのですが、変換化けやなんやらとプリントした時に分かるように、当然数字で寸法が振ってあります。
φは円とか円弧の寸法を表記するのに使います。
円に線を引っ張って「φ9」。とか。
これで単位がミリだったら「直径9mm」という意味です。
で、読み方ですが、
きゅーぱい。
φが前に来てるにもかかわらず。きゅーぱい。です。
まあ、ぱいきゅー。でも通じます。
これは、JIS規格で決められています。

そんで、あれなんですが、もともと、φにパイなんて読み方は存在しません。
パイは皆さんが数学で習った「π」しかありません。
円周率。
JISが勝手に決めた図面上でしか使わない呼び方です。

でも、さっきも言ったように最近はパソコンで図面を書くので、φは「ふぁい」とキーボードを打たないと出てきません。
それの影響で、φは「ふぁい」だと思ってる人が出てきました。ふぁい、ですけど。
という私も、ふぁい、だと思ったひとりでして、でもいろいろ調べたらどうやら、正確な読み方は「パイ」。
もしくは「まる」みたいです。
きゅーまる。か。まるきゅー。
超紛らわしいです。
そもそも、どちらも理にかなってません。
だから、なんともいえません。
だって、
φを「ふぁい」と読むのは非常に正しいのですが、前に書いたとおりφは一般的には黄金比率(1 + √5 )/ 2のことで、円と関係ありません。
だから、もし数式だとしたらφ×9で、いや別に数式にする必要も無いのですが、意味不明になります。
なので、ここは一旦φはいわゆる「ふぁい」じゃなくてまったく別の絵文字だと割り切る必要があります。
すると、ぱい、なのですが、それはそれで、だって「ぱい」ってπじゃない。
直径×円周率で2πr。円周の長さです。
いや別に数式にする必要も無いのですが、円周の長さを出す必要は全くありませんが、一応筋は通っています。
というか、じゃあ記号をπにしろよ。
φをパイって読んだらπはなんて呼べばいいのよ。
となります。
北沢と沢北の関係に近いです。近くないです。
だったら、いっそ「まる」がいいのですが、そんな呼び方してる人いなーいのです。

紛らわしいだけならいいのですが、問題はここです。
ふぁい派とぱい派が同じ会社に同居。
これ。
これ。これが問題。
ふぁい派の人に向かって「ぱい」と言うと、ものすごい何か言いたげな顔をします。
ぱい派の人に向かって「ふぁい」と言うと、ものすごい何か言いたげな顔をします。
どちらにも「まる」と言うと、言ったことはありませんが、首を傾げられます。
私は泣きそうになりながら、極めて滑らかなフェードインで「ぱ」と「ふぁ」の間を通過しながら「ハイ」と発音します。
もしくは、「ふい」とか「ぴょい」とか「ぴゃい」とか「ひゃい」とか「しゃい」とか「きゃい」とか「ちょい」とか「みょい」とか、言っています。
落ち着いてるときは「ちょっけー、きゅーみり、でっす!!」と言えるのですが。
別に間違いを制したい気もさらさらありませんし、そんな立場にもいませんし、義理も無ければ、やる気も無い、しかもそのままでも特に困ることも無い。
のですが、このモヤモヤ。
なんなら、私抜きでもふぁい派とぱい派が会話している所を見るとドキドキします。
ハラハラします。

私と同じ悩みを抱えている人はいるはず。
解決法があればそれに向かって進めばいいのですが、上に書いたように「正しい」と言われてもどちらも釈然としませんので、なんとも。
JSI規格の決まりに従う決まりも無いので、好きな呼び方すればいいのですが、問題は拡張した問題に発展してまして、確信派閥の摩擦になっています。
もちろん私が勝手にヒヤヒヤしてるだけなのですが、動けません。

これを読んで、ある種のシンパシーを得られる方がいらしたら、それで幸いです。

ちなみに「@」。
みんな「あっとまーく」と読んでいますが、たぶん元々は図面上でそう呼んでいたのが広まっただけで、正式な読み方ではありません。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。