■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカサマ


日本製のトランプが無いのは日本でカードがあまり売れないからで、カードが売れないのはカードゲームやら無いからで、カードゲームやら無いのは、ずばりカジノが無いからだ!!。
って、日本にカジノ作ったらはやると思いますか。
私は流行らないと思います。
だって、ブラックジャックとかちょーつまんねーもの。
ポーカーとか、ちょーつまんねーもの。
あんなんでよく一晩もやってられると思います。
ドラえもんドンじゃらのほうが面白いです。
もし、ポーカーを面白くしようとしたら「銀と金」くらいにしないとだめだと思います。
ひじの高さまで積まなきゃだめだと思います。
申し訳ないですが、ダービー兄くらいじゃパワー不足です。

大体、あの、ギャンブラーテクニック?
イカサマ師的なやつが寒い。
カード一枚摩り替えたくらいでドヤ顔。いたい。
ツバメ返しなめんな!
坊や哲なめんな!
浅田哲也なめんな!

今日は麻雀のイカサマの紹介です。
念のため言っておきますが、私はこんな難しいことできません。

・積み込み
これが基本です。カードで言うならコントロール。
必要なハイを必要な位置に配置することです。
カードと違って難しいところは、
4人で混ぜますのでほしいハイの取り合いになる所、
積み込み位置が一番上とか一番下とか単純な場所じゃない、
何より最大で20枚くらいかき集めないといけない時がある。
積み込みは基本でここから派生があります。

・ツバメ返し
名前だけ超有名。山とハイパイを丸ごと入れ替える技。
映画で真田博之がやってた奴。
カードで言うと、デックチェンジ。かイメージ的にクラシックパス。
友達と手積みでやってるとき、一度だけやったことがありますが、案外ばれません。
もちろん徹夜でやってるとかの条件付ですが。
積み込みが下手なのでテンホーにはできませんでしたし、罪悪感で上がれませんでした。
漫画の天では内ポケットから別のハイを出して上がってました。停電させて。

・元ろく系
自分のツモ山にひとつ置きに有効ハイを配置して置くつみ方。
カードで言うとシステム的なやつ。ちょっと違う。
なんか、凄い有効的そうですが、意外と使えない感じ。
もちろん鳴きが入ると使えないし、役までコントロールできないので破壊力もなし。積んだのにこだわってると他でミスるし、費用対効果がうすい感じ。

・爆弾系
山の上下を含めたブロックで積んでおいて、ハイパイ時に取れるようにしておく技。
カードで言うとプロダクション系のセット。
完成系でいくと親の時のドラ爆弾とか、麻雀放浪期のダイスーシー爆弾とか有名。親のドラ爆は簡単な上、破壊力満点で、費用対効果が良い。ただ、派手すぎる。
爆弾系のメリットは取れなくてもある一定のハイがどこにあるか分かっているので打ちやすいという保険がつくところ。
負けが込んでる人にホンイツ三元ハイ爆弾がいくように積んで上がってもらったことがある。
イカサマは自分で上がるより人に上がってもらう為に使うのが有効的のような気がします。サイ目がでなくてうっかり自分のところに来ても使わなければいいだけなので。

・ニのニのテンホー
麻雀放ろう期で出目徳がやってた奴。
積んでサイの目を出す、単純解決イカサマ。
ただし、
二人、超ウィザード級がいないと駄目。
サイコロ振れないと駄目。
度胸が無いと駄目。
白々しくないと駄目。
と、現実不可能。

・拾うやつ
捨てハイからほしいのを交換するやつ。
ドンじゃらの「ハイ交換」をばれないようにする感じ。
カードで言うとスイッチ。
アカギが緒戦で大三元を拾っていました。
これは流石に。
一枚でもきついです。
目立ちすぎ。
たまにフリテンのハイを自分の河から拾いたくなりますが、自分の河でも不可能に近いです。
動作もさることながら、見た目が変わるからね・・。
逆パターンで上がった相手の河にフリテンハイを紛れ込ませるというのがありますが、ギャグにしかなりません。

・ぶっこ抜き
自分の山の端っこに有効ハイを2~6枚くらい固めておいて、ハイパイと交換する業。山を前に押し出す振りをして交換します。
簡単ばれにくいで有名。
積み込んで無くても、つまり自動卓でも単純にツモ回数が増えるわけだから、有効的。

・通し
サインを決めて打つこと。
マジックで言うとサクラ。
相方が卓上の時だと聴牌時の待ちハイとか、持ってるハイなど。
卓外だと相手の聴牌とか待ちハイなどを伝え合います。
ハイのおき方、台詞回し、卓下で足をつつくとかサインはさまざま。
コンビで打つ際はサインを作るにいたらなくてもケースでやることを決めておくだけでも打ちやすくなります。
打ちやすくはなりますが、勝敗にはあまり影響しないような気がします。

・渡すやつ
通しの拡張。
コンビでほしいハイを卓下で交換。
天で東西対決のときにやってた。

・ガンパイ
ハイの背中側や側面のところに自分しか分からない表面を特定できる印をつけておくこと。
カードで言うところのマークド。クリンプ。
しばらく同じハイでやっていると、汚れとかついて1~2枚わかるようになります。おにぎりののり付けたり。
感じ的には一番幼稚なイカサマに思えますが、実は逆です。
相当脳スペックが高くないと対応できません。
全部表で積んで打って見ればわかりますが「これを鳴いたらどこにどれが行く」とか見切れません。私は。
麻雀の山が表向きに積まれていたら途端に難易度が上がると思います。

・ツモる時にいろいろ
下家に特定のハイを渡したいときなど、手配から一枚握りつつ、それをツモ山に置いて2枚とって帰ってくるみたいな奴。
ハイリスクローリターン。
ただし結構使います。
間違えてターハイとかショウハイした時に空ツモりしたり2個取ったりして調整することができます。もちろん上と下ツモが変わりますから鳴きとか入ってる時じゃないとごまかし効かないですが。

・見るやつ
積んでる時に相手の山をチラ見。
カードで言うところのグリンプス。
ぶっちゃけこれだけで大分違います。
伏せハイで積んでも4枚くらいは見れます。
と言うか、4枚分くらいが精一杯で、しかも途中で忘れますが、十分効果的です。
自分は何もしなくてもいいし。

大きく分けると
「サイコロが出せないと意味無い系」で完全にコントロールできますが、いわゆるクラシックの部類です。
自動じゃん卓では使えません。
それ以外は自動じゃん卓でもできますが、ハイ交換とかブッコ抜きとかは睡眠薬でも使わない限りできません。
もし睡眠薬を使うのなら、そのままみんなの財布を取ってトンズラしたほうが効率的です。
犯罪なのでやってはいけません。
かけ麻雀も犯罪なのでやってはいけません。
もし、イカサマテクを試すとして、どんなにシャレが効く友達でもバレたりバラしたりすると、気まずい空気になりますので隠し通してください。
後、全体的なコツですが、
「速いって言うのもあるんだけど・・・そのなんていうか静かなんだ」
です。
これが言いたかっただけです。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。