■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自意識過剰

相変わらず言葉がきついのですが、目の前の相手に「それちょっと自意識過剰なんじゃない?」といったら、こう返されました。


「女の子はみんな自意識過剰なんだからね!!」



萌え、・・・・ない。
実際問題、萌えません。
ああ、悪い事いったなぁと反省して、それから人に向かって、ずけずけと言うのはやめました。
いまでは丸くなっています。
まん丸。
こたつ猫。

というか、いいじゃん。自意識過剰の何が悪いのさ。
ええ、私は自意識過剰ですよ。
デパートとか行っても、エレベーターで6階を押して「こいつ、おもちゃ売り場いこうとしてるな」と思われたくないから一旦5階の紳士服売り場で降りて階段で行きますよ。

おっさんになってくると、意外と人は人のことを見てないということに気がついて段々自意識過剰パワーが落ちていきます。
そのため、例えば、生動画配信などで突然歌を歌いだすというような奇異な行動をとっても何も恥ずかしくないという麻痺っぷり、になったりします。
自意識過剰と言うのはやっぱり人と比較、比べるからおきるのでしょうかね。
「女の子は比べられたくないものなの!!」とか
「人は人、問題は自分がどうあるべきか」とか
自意識過剰からの脱却などを図ったりしますが、言ってるうちはまだましなほうで、おっさんになると普通に気にしなくなっちゃいます。
自然。
天然。
ナチュラルに比べない。
「大勢に影響ない」とか、核心ついちゃった言葉を覚えてしまうものだから。
のーい、やばい。
見ないと、人を見ないと、比べないと、何もしなくなる。
ねたみそねみポイントを貯めないと、寝たきりになってしまう。
デーボのスタンドを見習わないと。
おっさんはハンデ戦なんですよ。
技法の練習うんぬんとか覚えが良いとか悪いとかの前にNSPを貯めないといけないんです。

だから、その

男の子はみんな自意識過剰なんだからね!!
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。