■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名刺の作り方 ガイドライン

シークレットオブマジシャンを見ていたらデビットが「名刺作れ」と言っていた。
はい、これいい事言った。
よそ行きで手品を披露するもくろみのある人は作りましょう。

昔と違って安くなりまして、ネットで調べたら100枚800円の所とかあります。
「 名刺 印刷 」
でロボ検してください。
これによって誰でも簡単に名刺が作れますので、作り方の紹介です。

■1.イラレでデータを作る■
■2.頼む■
■3.渡す■

2と3は適当にやってもらって
1だけ説明します。
■1.イラレでデータを作る■
■1-1.イラレとは
イラレとはアドビイラストレーターの略で高度なお絵かきソフトです。といっても、実際イラストレーターでイラスト書いてる人は少ないと思います。
ペイントとかと違ってベクターデータというライン情報で絵を書く奴です。
ソフトの価格は10万円くらいなので、買わないでください。
大学生の人は学校に行けばどっかにあると思います。
「企業の常備薬」と比喩されるくらいで、大概の組織になら1個か2個はあると思いますので、それ借りてください。

■1-2.データを作るまで
どんなのを作るか決めて置いてください。
1.アプリ起動、メニュー「ファイル-新規作成」
2.とりあえずOKを押してまっさらな紙を出す。
3.メニューの「ファイル-カラーモード」をCMYKにする。(2で設定してもよし)
4.ctr+alt+pを押して「アートボード編集」
有効範囲のサイズを91mm×55mmにする。(2で設定してもよし)
5.内容をレイアウトする
6.全部選択してshift+ctr+oを押してアウトライン化する
6.shift+ctr+sで保存する。イラストレーターのバージョンを10で保存(印刷店に寄って違いますがこの辺が無難。)
7.もう一回shift+ctr+sで保存する。今度はPDFで保存。
8.~~.aiと~~.pdfの二つのファイルを業者に送る。(PDFは見た目確認用)

以上。やり方はいろいろありますがこんな感じ。あとは臨機応変で。

■1-3.内容について
普通の会社の名刺は
・会社ロゴ
・社名
・部署名
・名前
・会社電話番号(FAX)
・会社住所
・会社URL
・メールアドレス
・メアドとURLのQRコード
・地図
・顔写真
・キャッチコピー
・上記の英語表記
あたりが入ったり入ってなかったりしています。
これが個人の名刺に置き換わります。
・会社ロゴ
ロゴというか正式にいうとトレードマークで商標登録したものが一般的です。
個人の場合も自分で作ってつけようと思えばつけれられますが、寒いのでやめたほうが良いでしょう。
・社名
どこかに所属してればそれを書けばいいと思います。が、少なくても向こう3年くらい持ちそうな確証が持てる団体にしてください。基本的に無くて良いです。
・部署名
いわゆる肩書き。なんでもいいですが、ハイパーメディアクリエーターだけはやめたほうが良いです。無くても良いです。変に手品師とか書くのが照れくさかったら書かないほうがいいと思います。
・名前
無いとまずいです。
それから他の色々な具に対して一番大きい文字を使ってください。
他あまり書くことが無くてスペースが余っていると思いますので、ローマ字表記か振り仮名を書いておくといいと思います。
・会社電話番号(FAX)
携帯でいいと思います。
・会社住所
手紙が届く所。無くてもいい。
・会社URL
自分のドメインじゃないとかっちょわるいので、載せないほうがいいと思います。
ブログとかHPを持ってる人はどこかに検索するとすぐ出てくるようなキーワードを入れとけばいいと思います。
というかこれも向こう3年続ける自信が無ければ書かないでください。
・メールアドレス
安定したアドレスが良いです。
当たり前ですが。
なので携帯、フリーメールはやめといたほうが良いかもしれません。
例によってなくてもいいです。
・メアドとURLのQRコード
いらね。一見便利そうですが、一回も使ったことありません。邪魔。見た目きたないし。
・地図
いらね。
・顔写真
あったほうが格段に利便性は上がりますが、ダーツの的にされるかもしれないのでないほうが良いです。
・キャッチコピー
「お宝頂戴します」とか「うらみはらします」とか。書かないで下さい。
・上記の英語表記
書いといたほうが良いですが、あまりバリバリに書くと滑稽なのでやめたほうが良いです。



踏まえると、名前と電話番号くらいしか書くことありませんが、それでいいと思います。
振り仮名入れて3行。
余計な物は書かないこと。イラストとか。
流石に名前と電話番号だけだと何者だか分からなくなりますので、適当に工夫してください。
まあ、なくても余白があれば相手が勝手にメモっておいてくれます。必要であれば。


■1-4.注意事項やアドバイス
マジシャンなので奇をてらった感じにしたい気持ちも分かりますが、寒いのでやめたほうが良いです。名刺を目立たせても基本的に見ませんので意味ないです。
「マジックにも使えるように工夫」とか考えない事。
連絡先が分かる事。それ以外の要素は排除。
サイズ変えないように。大きさ違うと迷惑。
特に理由が無ければ横書き。
特に理由が無ければ白紙。
フォント選択に神経を注いでください。
自分の名前とバランスがよいものを選んでください。
大きく分けてゴシック体と明朝体がありますが、特に理由が無ければゴシック体から選んだほうがよいような気がします。明朝体はマジシャンにしては硬すぎます。
特に理由が無ければ名前はど真ん中に配置してください。
また、文字同士の間隔、紙の余白とのバランスを見て調整してください。
色。黒だけ印刷だと100枚400円でできるみたいですが、流石に白黒では硬すぎるので、色を使ってください。
なので、フルカラーになりまして800円です。
ただし、使う色は1色にしてください。
フルカラーなのでもったいないから色々使いたいかもしれませんが、それは駄目。
紙の白、自分の色 の2色か
紙の白、文字など黒、自分の色の3色
のどちらかです。
グラデーションみたいなのを使っても良いですが、あまりお勧めしません。
基本的に片面印刷。
両面あっても扱いに困る。
全国チェーンで支店が50店舗あるなら許す。


■1-end■

■2.頼む■
■2-1.業者を見つけて頼む
ネットで見つけてそれにしたがってください。
イラレの説明をしましたが場所によっては必要ないかもしれません。
■2-end■


■3.渡す■
■3-1.名刺の渡し方
わたしも一応サラリーマンなので名刺交換とかしたりします。
といっても営業ではないのであまり儀式的にはしないので、普通にもらったりするだけですが。
マナーの本に書いてあるような渡し方は営業の人でも滅多に見たことありません。取締役クラスになるとやるのかもしれません。BGMでパイプオルガンとか鳴るかもしれません。
最近は名刺なんか渡さなくても特に支障が無いので、私はもらうだけにしています。
全員立って交換しろとか両手で受け取れとか色々ありますが、あまり気にしなくていいです。
売り込みにきた営業の人とかも片手で渡してきますし、きょうび気にする人もいないと・・・は言い切れませんが適当に。
少なくともマジックで出すのはやめてください。うざいので。
気をつけなければいけないのは、もらった後すぐしまわない、という事ぐらいです。
念を押しておきますが、手品を使って渡すのはやめてください。
最悪、やりたくてどうしようもなかったら、自分の名刺でやって下さい。
相手の名刺をハトに変えるとかしないように。

一言で言うと、つまり、名刺と言うのはその人の分身という位置づけなのでそのように扱ってください。

■3-end■

君たちがこういうところしっかりしないとマジシャン全体の品格が下がるんだからね。たのむよっ。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。