■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLAD meet to you


びょうまじさんが「類は友を呼ぶ。故にmsさんすげー」と。
私は何も凄くないです。普通、凡人、の負け組みです。
さらに言うとわしずも普通です。
私がたまに面白い人の話をするのは知人の失態を切り売りしているだけで、貯金を切りくずしているのと同じです。
だから、どんどん友達が減っていくのですね。今、気がつきました。
といっても、もはや誰とも会わないので特に気兼ねなく話します。
種明かししますとGLADのメンツの話をしているだけです。
ゲーセン。今は無い。
私に格ゲーの話が多いのはそのためです。

バイトとかしたことある人だと分かると思いますが、どこの職場に言っても必ず出てくるせりふがあります。おばちゃんとか。
「ほんと、ここの人は変わり者ばかりだねぇ」
手品をやるようになってもよく聞きます。
「マジシャンは変わり者が多い」
あと、これも言われる
「3月生まれは変わり者が多い」
一応、それを聞くと「うんうん」とうなずきはしますが、共感したことは一度もありません。
普通だもの。
よくいる人。
ありがち。
量産型。

ゲーセンで人が集まるのはほとんど対戦をするためで、つまりはほとんど格ゲーマーです。
いくら謙虚といえども相手に勝つためが暫定目的なので、基本的に我が強い人しかいません。
そのためか、あまり周りに影響されない方が多くて、独自の進化を遂げています。
インターネットの人格を見ると、その名の通りコピペ。
テンプレ、紋切り、ステレオタイプ、の量産型。
誰でも言いそうな、どこかで聞いたような内容に慣らされています。
辞書としての機能から逸脱しないわけですが、それはそれでありがたいです。
対してガラパゴスの方といえば、プロトタイプ、キャラが立ってると言えば聞こえは良いですが、要するにポンコツ。試作品も試作品ガラクタ陳列罪ですよ。
プロトタイプがガンダムとか初号機とか優秀なものばかりと思うなよ。
その代わり、記憶呼び戻しスイッチとしての機能は十分にあまりあり、格ゲーの話が多いのはそのためです。

書き始めたらきりが無いのですが、例えば、まじん。
まじん、がどういう漢字か知りませんがあだ名です。
始めて見た時は中学生で、まじんというあだ名とはかけ離れていて、ベースボールキャップをかぶったいつも笑顔の少年でした。丸まるとした顔立ち。
店長は見た目から「じゃがいも」と勝手に呼称していました。
一年経ったら、いや、正確には一ヶ月見逃したら、オウム真理教の麻原 彰晃、みたいになっていました。
あと、ついでに語尾が「ござる」になっていました。
見た目では全く別人なのですが、連れと声が同じなのでおそらく本人だと思われます。
その後1年に一回くらい見ますがそのたびに別の生物に変態しています。
ビジュアル系です。

四畳半みたいなゲーセンでしたがそんなのが50人位いました。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。