■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクゲーのおもしろい所

また、格ゲーの話ですが。対戦格闘ゲーム。
格ゲーって何が面白いと思います?
見ようによっては、野蛮ですしね。
難しそうですしね。
質問が難しいかな。
どの瞬間が絶頂だと思いますか。のほうが良いですかね。
そんなもん人によって違いますけどね。
普通に考えて相手を負かした時です。
勝負事ですので。
大体の勝負事は賭けの対象になるので、他のはその面の旨みとかもあるかも知れません。
でも、あんまり、賭け格ゲーと言うのは聞いたこと無いので、稼げてうれしいとかは無いです。

私は下手な部類なので格ゲー全体勝率で行くと2:8くらいの負け越し組みに入ります。
何でそんなに勝率が低いかと言うと、だから下手だからですが、勝つ気があんましないからです。
その気になって戦術立てれば5:5位にはなります。
負け惜しみです。

ニコ動で「スーパーストリートファイター4を実況せんとす」ってせんとすさんが動画をあげてます。
ゲーム実況だと格ゲーは珍しいです。
ほんとあんなにしゃべりながらよーできるなぁ、と思います。
いや、全然知らん人ですが。
電話かけながらぐらいならできますが、あんなに流暢に話せません。普通。
まあ、そんなことはどうでもいいのですが、せんとすさんが言っていました。
「格ゲーはいろいろな楽しみ方がある。頂点を目指すだけではない。」
そしたらコメントで「負け惜しみ乙」みたいな。
その人が格ゲーやってるかどうかわかりませんが、多分通常の思考です。
でも勘違い。
そのつまり、格ゲーやってるからといって全員が全員、頂点目指してると思ったら違います。
勝たなきゃ意味が無いって程、漫画みたいな話じゃありません。
一応、勝とうとしないとゲームが成立しませんので、勝ちに向かいはしますが、一つのルールみたいなもんで、ゴールではない。
という様な戦い方もあります。
それ。
せんとすさんが「トッププレイヤーを目指す以外の」と選択肢をあげたそれが、それかどうかは知りませんが、そんな感じです。

と言うのも格ゲーは他のゲームと比較してユニークな特徴がいくつかありまして。
コンピューターが人間に勝てないゲームってこれしかないんじゃないでしょうか。
もちろん、同スペックキャラ戦ね。
将棋と囲碁が負けても格ゲーだけは最後の砦です。
いや、うそ、10割は勝てない。
つーか、これはどうでもいい。
格ゲーはですね。
画面見ただけで誰がやってるかわかるんです。
動きとかで。
これ、見逃しがちだけど、結構すごくないですか。
ドラクエの画面じゃ、歩き方みんな同じですからね。
アクションゲームでも家ゲーではそんなに差は出ません。
同じキャラクターを使っていても個人差が出るのです。
なんかそれって意味がありそうな気がしませんか。

たまに遠くのゲーセンに一人でいって、やることも無いので対戦待ちでコンピューター戦をやっているとちらほら対戦者が着たりします。
そうこうしていると違和感。
キャラで結構ヒントではあるのですが、分かったりします。
その。
「なぜ、こいつがここにいる」
台を跨いでいますので顔は見えませんが、知り合いです。
戦法などの選択割合とか間合いの取り方で分かります。
2人とも何も言いません。
向こうも私だと思って対戦に入ってきたのではありません。
4,5戦やったあたりで確信に変わります。
お互い気がつくと、例えば、ホームグラウンドでいつもやるような、おちゃらけた挑発などをします。
少し野暮ですが、それで「まあこの辺にしようや。ここでやってもしょうがあんめい。」となります。
コインを入れるのをやめ、台越しになりますが、
お調子者の私のほうが少しおどけてこう叫びます。

「おい。たどころ。こんなところで何やってんだー。」
それはお互い様なのですが。


それが私の格ゲーの絶頂です。
まあ、勝ち組に比べたら、少しチャンスは少ないかもしれませんね。
ちなみに、そん時は、ぜんっぜん知らん人でした。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。