■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

youtubeとニコ動





マジック動画をあげるのにニコ動は向いていないという話を聞いたことがあると言う話を聞いたことがあるとびょうまじさんから聞いたことがあります。
私はニコ動にしか動画を上げていませんが、それはただ単にyoutubeのチャンネルに動画をたくさん登録しておくと途端に見づらくなるので、いらいらするからです。
基本的にどっちでもいいです。
youtubeとニコ動は機械的に見ればどちらも同じ動画共有サイトです。
しかし、印象は明らかに違います。
特にマジック動画において向いていないとされている資質は一体何なのでしょうか。
ニコ動はつべに比べて
・動画を見るのにログインが必要
・物腰がポップ
・コメントが動画に流れる
の違いがあります。

一応、ニコ動を嫌がる人は
「タネがばらされるのが嫌だから」という理由を述べたりしているようですが、多分それは言い訳がめんどくさいから言ってるだけで本当の理由ではないと思います。
消そうと思えば消せるし。
匿名性があるから書きやすいっていったって、つべはアカウント名出るといってもアカウント名の時点で匿名性もなにもないと思いますし。
実際20個くらい動画上げてますが、タネを書かれたのは1回だけ。
しかも、間違ってて、しかも、それに誰も反応してない。
反応してたのは私だけ。
種明かしの環境に関して違いはありません。
なんも考えないとイメージ的にばれそうな感じです。

画面が見えなくなるほどコメントをもらった事はありませんので、なんともいえませんが、あまり邪魔だと思ったことはありません。
邪魔だと思ってる人もいると思います。
それだけ動画の芸術性の完成度に自信があるということでしょうか。
じゃあ、コメントいらないのかなと思うと、コメントお待ちしてましたりしますし。
コメントのうち易さは流石にニコ動の方が上の様な気がします。
ひょっとして、コメントがこなかった時にニコ動だと言い訳が利かないからyoutubeにしているのでしょうか。

また、つべはテレビ寄り、ニコ動はラジオ寄り、なイメージがあります。
ニコ動の根底に「シンパシー」というテーマがあり、動画と閲覧者の高さが等しく、それを介して閲覧者同士の共鳴性を売りにしている印象が大きいです。
それに対してようつべは上から一方的に「どうだ」とたたきつける印象です。反論を受け付けない1方向の提供。
マジシャンの気質に合っているのかもしれません。

外国の人に見てもらう可能性が低いというのもありますが、それは「ようつべにあげる理由」であって「ニコ動にあげない理由」ではありませんし。
ニコ動を見ている人の文化性が気に食わないというのもあるかもしれませんが、実際問題マジック動画を見てる人は同じ人でしょう。
それとも右がかった圧力が働いているだけか。
もしくはただ単に認知度が低いだけか。



いろいろな意見があると思いますが、私の意見はこうです。
ニコ動はお金払わないとアップロードに凄く時間がかかるから。

これだけはぜってーちがうわ。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。