■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュ左手の法則

フラリッシュの練習を続けていても全然うまくならないのですが、
ごくたまに飛躍的に劇的に開放的に上手くなる瞬間があります。

それは。

死のふちから復活した時です。
それに気がついたべジータはデンデにこう言いました。

べジータ「デンデ!!俺をころっせー!!」
デンデ「・・・・・・ぇ」

ちがう。これは僕の場合だけかもしれませんが

生で見る。

ニコ生じゃないよ。
今まで、フラリッシュフラリッシュしている人に3人合いました。
ジュンさんとアルスさんとユベントスさん。
アルスさんはフラリッシュをあんましやってなかったのでチラ見しただけですが、
ジュンさんとユベントスさんのはガン見しました。
そのどちらも戦闘能力が上がっています。
ジュンさんに会った帰りに今まで出来なかったクリプトナイトの指が届くようになっていたし
ユベさんに会った帰りに今まで出来なかったビドルグリップ状態の片手で上下を入れ替える奴が出来るようになっていました。左手ですけど。左手しか開いてなかったので。

やべー、俺、天才かも知んない。
いや、特質系かも知れない。

オラ、今まで山で一人で修行してたから分からなかったけど、人のやってるフラリッシュを見ると吸収できる能力があるみたいだ。
この調子でどんどんフラリッシャーに会っていけば簡単にナンバーワンになれるじゃん。
推して知るべし。

やはり外に出ないとダメだな。家ゲーマーとアーケードゲーマーでは130倍の戦闘能力差があるといわれてますし。
都会のやつらが上手いわけだよ。



いや、まてよ。
まて、まて。まてって。
それは向こうも同じじゃないのか。
やべ。そうすると、相対的に見ると上手くなってないじゃん。
問題解けても偏差値あがらないみたいな。
だめだめ。そんなの。
やっぱり山にこもろう。

心の広い人はたくさんのフラリッシャーに会いに行けばいいと思います。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。