■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニアック

とにかく「マニアック」という単語が目に付きます。

マニアックな手品とかマニアックな技法とかマニアックな手順とか。
手品してる人はニヤニヤしながら「マニアックですね~」といいます。

初めはさっぱり意味がわかりませんでした。
辞書だと「maniac 一つの事に異常に熱中しているさま。 」
なのですが、普通会話で使うときは
「一般的でない」という意味の方が近いような気がします。
一般向けでない、異端、通常じゃない、普通じゃない、おかしい、と
私の中ではあまりいいイメージはありません。

でも、手品してる人はうれしそうに使います。
マジックの説明が書かれていると、大概冠が付くのですが、
「マニアックな手品」か「簡単な手品」しかないので、
知らない人が見たらマジックにはこの二つしかないと思うのではないでしょうか。
二つしかないと言えなくもないですが。

これも誰かが流行らせたのでしょうか。
はっきり言って気持ちい悪い。
指ぱっちんといいパジャマといいマニアックといい、院内感染っぷりがほんとに気持ち悪いです。

と思ってたのですが、どうやらこの「マニアック」という単語違う意味で使っているようでした。多分、
「高度な」
という意味で使っているようです。
置き換えると全て意味が合致します。(マニアックなカードとかはダメですけど)
なぜ置き換えているかと言うと
謙遜と自慢と嘲笑と嫉妬と称賛をオブラートに包むためみたいです。

きもい、は言いすぎですね。すいません。
あの、なんにでもトマトケチャップをかけて食べる人を見てる感覚と同じです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。