■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアリストへの道は一日にして成らず


マジックをやっていて最大の疑問なのが
「ピュアリストとはどこまでの範囲なのか」
と言う事です。
ピュアリストというのはレギュラーデックやレギュラーコイン、いわゆる手品用に加工していない道具と演者のみ、いわゆるサクラや映像トリックなどを使わないでで現象を起こす人の事です。
それでコンセンサスは取れてると思うのですが、定義が曖昧。
そうでもないですかね。
道具のほうは分かりやすいと思うのですが、問題は「演者」のほうで、自分ってどこまでの事を言うんでしょうか。
視点を変えて言うと、丸腰状態からエレメントを渡されても手品できればピュアだと思うんですけど。
それでも曖昧です。
すいません。いつもにもましてぼんやりした事を言っています。
はっきり言うのが少しはばかれるというか、
恥ずかしいというか、
それにマジック界を震撼させるネタだと思うし、
うーん。
もう、はっきり言っちゃいますけど、
髪の毛は使っていいんですか?
髪の毛と、その、あの、ハナクソは、
ハナクソは使ってもいいんですか!!。

書いてしまった。
髪の毛とハナクソを使えばワイングラスをせり上がってくるライジングカードがピュアでできると思うんです!!。
だから、その辺はっきりしてほしいんです!!。
私的にはピュアだと思うんですよね。
だって、細かい話をすれば手から出てる汗だって滑り止めとかに役立ってるわけだし。
髪の毛もハナクソも元々は自分の一部なんだしピュアですよ。
そりゃー、形状と粘着力を保った質の高いハナクソを生成するという高度な要求がありますが、できると思うんです。
そしたら、ピュアで夢の現象が起こせるんです。
ライジングカードが無理だとしても、ハナクソをつける位置を工夫してマークドデックとか即席で作れると思うし。
最悪、つめの垢とか。出血を使うとか。
夢は広がります。

少なくとも、ピュアリストの頂点を極めるには避けては通れない道だと思うのです。
ピュアリストへの道は険しく汚い。
でもなんでだろう、血でべっとりしている。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。