■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュ治


温泉は健康に良い的な事を言いますが、割と都市伝説です。
プラシーボ効果というかムントテラピーというか気分的な話だそうです。
それもほんとかどうかは知りませんけど。
なんでそんなことが言われるかというと「湯治」から来ているそうです。
「湯治」というのは温泉に入って体の免疫力を上げることです。
んん。じゃあ温泉は健康にいいじゃんという事になるのですが、
湯治は1ヶ月くらい行かないと湯治になりません。

そもそも温泉はイオウとか放射線とかでてるのであんまり体にはよくありません。

湯治はそこを逆手にとって、免疫力を上げます。
人間はプレッシャーに押されると交感神経が働きます。
戦闘状態的な感じになります。
お腹が空かなくなったり、汗が出たり、鼓動が早くなったり、集中力が上がったり、寝られなくなったり、冴えます。
温泉に入るとの弱有害物質でそうなります。
でも、ずーっと続けていると持たなくなるのでぐったりします。
リバウンド?吹き返し?的な。
ぐったりすので寝ます。だらーっとします。
でも、交感神経が働いているので寝れません。
だるいし、つらい状態が続いて、限界突破します。
そうすると今度は副交感神経が働きます。
副交感神経は交感神経の反対です。
体を非臨戦状態的な感じにします。
だるいままですが、リラックスして段々体力が回復してきます。
そしたら、また温泉はいります。
||:温泉→寝る→温泉→寝る→おっととをたべる→温泉→寝る:||
を1ヶ月以上続けます。
そうすると交感神経と副交感神経のバランスがいい感じになって、免疫力が上がるそうです。
免疫力が上がる=健康。
理屈ではそうらしいです。
やったこと無いので、本当かどうかは知りません。

これと同じ話を私はどこかで聞いたことがあります。
マジックを人に見せることはとても緊張します。
タネがばれたら抹殺されるし、面白くないとバカにされます。
いわば戦闘状態です。
交感神経が働きます。
これでマジックばっかりやっているとメンタルブレイクしてしまうので、ぐったりします。
そしたら、次に副交感神経を働かせるために、フラリッシュをします。
フラリッシュは安らかな繰り返し作業とそよ風のような動きでリラクゼーション効果があります。
副交感神経が働きます。
そしたら、また、マジックを見せます。
||:マジック→フラリッシュ→マジック→フラリッシュ→みつどもえを見る→マジック→フラリッシュ:||
を10年以上続けます。
そうすると交感神経と副交感神経のバランスがいい感じになって、免疫力が上がるそうです。
免疫力が上がる=健康。
理屈ではそうらしいです。
やったこと無いので、本当かどうかは知りません。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。